大失態…! 男がドン引きする婚活40代女の「ダメなセマり方」3パターン

結婚願望が高まると「この人と、そろそろ本気でゴールインせねば」と、ある種の義務感(!?)にかられ、自分を奮い立たせる女性も少なくありません。

一般的に「外堀から埋める」ようにすると、結婚の話は進みやすいとも言われます。

しかし外堀の埋めかたを誤ってしまえば、男性からはドン引きの対象にしかならないのも実情。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、そんな40代女性の失態とも言えるエピソードを、男性たちから聞きました。

 

うっかり「男に引かれてしまった40代独女」の婚活戦略1:義実家と結託して「子作り」を急かした

「40歳の同棲中彼女は、どうも僕と入籍したくて仕方ないって感じではあるのですが、僕は子供をもうけるつもりもないので、このまま同棲でいいかなって思っていました。

ところがある日、田舎のオフクロから電話があり『そろそろ孫の顔が見たいから、早く結婚しなさいな』と、今まで言われたことのない言葉が……。

それまでは、オフクロ的にも『孫は次男のところに3人いるし、都会生活を謳歌しなさいよ』なんて言っていたのに、なんか変だなと思ったんですよ。

で、よくよく話を聞いてみると、彼女がオフクロに電話して、泣きついていたことが判明。

『今年41歳になるし、そろそろ出産リミットが』と、とうとうと説得し、オフクロを懐柔(!)していたんです。

僕にはそんなことひと言も言わずに、いきなりオフクロを味方にしてコトを進めようとした彼女に、ぶっちゃけウンザリ。

ふたりのことはまずは当人同士で話し合うべきだと思うし、こういうやり方をする女なんだと思ったら、さらに結婚したくなくなりました……。

今は、別れるべきかぼんやりと考え中です」(43歳男性/IT)

 

年齢的に出産リミットが気になる年代だけに、外堀の埋めかたとして王道にも思えますが、この男性が口にしたように、当人同士の話し合いを飛び越えて親を味方につけた姿勢が、ヒンシュクを買うことが。

若いうちならともかくとして、いい歳した大人がコレをしてしまうと、小狡い印象も与えがちかもしれません。

 

うっかり「男に引かれてしまった40代独女」の婚活戦略2:勝手に住民票を移してきた

「半同棲状態になっていた当時42歳の元カノは、結婚願望が強いのは知っていたんですが、僕は最低でも1年は交際してから、結論を出したいと思っていました。

そしてある日、彼女の口から『法律婚はまだいいけど、とりあえず事実婚だけしない?』と提案をされたんですが、僕的にはなんとなくそれもしっくりこなかったので悩んでいたら、彼女は続けて『もう住民票は移してきたから』って言うんです。

完全に一緒に住んでいるわけでもないから、その言葉には、ぶっちゃけドン引き。

さらに彼女は『住民票を一緒にしておけば、同棲していた事実も証明しやすいし』と、意味深なことも口にしていました。

知恵がついた40代女は、こんな感じでジリジリと攻めてくるのか……と感じ、その瞬間に『この子との結婚は、絶対にない!』って思いましたね。

その後、急いで別れました」(45歳男性/システム)

 

法律婚の前段階として事実婚を選択する男女もいますが、それは互いの同意があってこそのお話。

いい年齢の大人が、住民票だけ先に移動させて既成事実を先行させようと焦っている姿を目の当たりにしてしまえば、ドン引きしても無理はありません。

 

入籍よりも前にそれしちゃう⁉

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

「このオバサン、タチが悪そう」と思われる40代独女のNGコミュニケーション3例

40代になると、若い頃よりも、恋愛には自然体で向き合えるようになる人も少なくありません。しかしあまりにも自然体すぎると「この女性、タチが悪いな……」と男性に引かれてしまうパターンもチラホラ。ひとたび「タチ…

あっという間にマイナス3歳!「わたし老けた?」と思ったら見直したいコスメの“色”3選

40代は、これまでと同じメイクを続けていても、鏡を見ながら「あれ? なんだか老けた……?」と感じる瞬間も多々。その日のコンディションによっても、雰囲気変わりがちではあるものの、もしかするとメイクの“何か”が…

【乾燥対策】40代がニベアとプチプラで対策するならどう組み合わせる?

そろそろ、全身の乾燥が気になり始めた季節。とは言っても、まだがっつりと乾燥対策するのには早いだけに、ゆるっと乾燥対策を始めるのが、今の時期の気分です。40代はプチプラを上手に組み合わせて、満足度の高いお…

男性が「あれ?この人老けた?」としみじみ思った40代女性の定番ヘアアレンジ3例

男性からの印象は、髪型ひとつで「老けたなぁ」にも「年齢よりも若く見えるなぁ」にもなるのが、実態。デートの日だけでなく、デイリーのちょっとしたシーンでも、その日のヘアスタイル次第で、残る印象はガラリと変…

即、マイナス3歳!40代におすすめの髪の若見えテク3選

「最近、老けてきた……」にお心当たりがある場合、その原因が、ヘアスタイルにある可能性も否めません。40代は、髪型ひとつで若見えもすれば老け見えもする年代だけに、老け顔を回避するなら、髪の印象も最重要課題。…

【40代のスキンケア】顔が老けてきた!? と思ったら見直すべきこと3選

鏡を見て「最近、老け顔が加速したような……?」と感じたり、メイクのりが悪くなったと思ったりしたら、デイリーのスキンケアを見直すべきタイミング。40代の肌は、気候や体調によっても左右されがちなだけに、ついこ…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーション…

正直、気持ち悪い!男が苦手に感じた40代女性の「秋チークNG3選」

男ウケを狙いたいシーンだけでなく、ビジネスシーンで男性からの好感度アップを図りたいときにも、メイクによる印象は重要。秋は、夏までのメイクと比較して深みのある表情を狙う40代女性も多いけれど、男性から「気…

絶対ムリ! 男が一瞬で「この女性とは距離を置きたい」と感じた40代女性の会計マナー

デートと会計シーンは、切っても切れない間柄。それだけに、デートの終盤にいざお金を払う場面で、本性が現れ幻滅を招く……というのも、恋愛における“あるある”です。昨今は、男性がご馳走するシーンばかりではなく、…

【男の本音】「うわ~幻滅!」男ウケの悪い40代女性の髪とメイクのNGギャップ3例

「髪は、顔のフレーム」とも言われるだけに、その仕上がりは、全体の印象をも左右するもの。そして、髪の様子とメイクにギャップがありすぎると、男性目線でも「ん?」となりやすいのは否めません。モテを極めるなら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事