急に寒くなった日は、冬用ファンデに変えてすぐ乾燥対策して!

突然の雪!お肌の乾燥が気になり始めるシーズンがやってきました。季節の変わり目にスキンケアを見直す人は多いですが、アラフォーになったら季節ごとにファンデーションもぜひ見直してもらいたいもの。

今回は、美容業界10年の筆者が、季節ごとにファンデーションを変えた方が良い理由と、ファンデーションの選び方を伝授します。

1・季節ごとにファンデーションも見直した方が良い理由

beautiful woman with magnifier on face over snow

季節ごとに気温も湿度も変化し、それによってお肌の状態も変化します。ですので、乾燥が気になるシーズンになったらスキンケアアイテムで保湿し、さらにファンデーションでも保湿力が高いものを選ぶ方がベター。気温と湿度が低くなっている時に“夏用”のものを使っていると、お肌の乾燥が加速してしまうことも。季節とお肌状態に合ったファンデーションを使うことで化粧崩れなども回避できます。

 

2・乾燥シーズンにお勧めファンデーションの選び方

Foundation cream makeup and accessories, cosmetic for woman

秋冬用のファンデーションの決め手は何と言っても“保湿力”。また、シミやくまを隠すためにコンシーラーを使ったり、皮脂を抑えるためにフェイスパウダーで仕上げたりすることもあると思いますが、ベースメイクのアイテムも重ねるとその分乾燥崩れをした時にひび割れを起こすことがありますので、保湿力&カバー力の高いファンデーションを選ぶのもポイントです。

ファンデーションにはパウダー、リキッドなど様々なタイプがありますが、保湿力高めなのはパウダーよりもリキッドやクリームタイプです。最近では、持ち運び便利な形状のものが増えています。

注目なのは、“クッションファンデーション”と“エマルジョン”タイプのファンデーション。リキッドファンデがスポンジに含まれているクッションファンデーションやコンパクトに入っているときはクリーム状、肌にのせると液体、定着するとパウダーに変化するエマルジョンファンデーションは、保湿力が高めで秋冬シーズンにはぴったりです。いずれも付属パフでポンポンと乗せるだけと使用法も簡単なのも◎。

 

3・イマドキの上品ツヤ肌になれるメリットも

Cosmetic makeup

乾燥が気になる…という理由で保湿力重視のファンデを使うと、お肌を保護できる、化粧くずれが防げる、簡単にツヤのある美肌に魅せることができるなどメリットがたくさんあります。

ただし、お肌トラブルをカバーしたい一心でファンデーションを厚めに塗るのは厳禁。厚塗りすると老けた印象になります。厚塗りにならない量はパール粒1個分程度。おそらく皆さんが思っているよりも少量です。まずはその量を顔全体に広げ、シミやくまなどもう少し隠したい部分があれば、その部分だけ薬指の腹を使ってポンポンと軽く重ねつけすると自然にカバーできます。

 

秋冬は乾燥しているのでパウダーファンデーションだと粉を吹いているような状態になりがち。一年中使えるタイプのファンデーションも増えましたが、乾燥が気になる方はぜひ季節ごとにファンデーションを見直してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

知らぬ間に…「メイク下手」がついつい買いがちなダメアイテム10

「私、もしかしてメイク下手かも」なんて一抹の不安を抱いていらっしゃるなら、手元にあるグッズを見直すタイミングでもあるのかも。本当はいらないものや不便なものを手元…

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

疲れにくいヒールの高さは5.5cm!美脚効果を狙うなら7cmヒールもおすすめ

「40代が品よく見える」をテーマに、9月からのキープアイテム4着と10月から新たに投入した7着、合計11着の着回しをご紹介してきた10月の「ザラコ」もいよいよ終盤に差しかかってきました。今回は10月第4週、前半の3…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事