唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。

ガサガサ唇はリップメイクだけでカバーしきれず、アラフォーだと「オバさん」ぽさも漂わせてしまうのです。

若々しさを守るための正しいリップケアを、4つのポイントに分けて詳しく解説します。

 

その1:意外に知らない。3種類のリップクリーム

唇は皮脂腺がほとんどなく、しかも表皮が薄いパーツです。この薄さゆえに乾燥しやすいのです。またメラニン色素の工場であるメラノサイトがないために、ダメージに弱い問題を抱えています。

 

ダメージに弱い反面、頬などの皮膚の4倍のスピードでターンオーバーを繰り返すのです。つまり上手なケアすれば回復が早いのが唇。そこでリップケアに欠かせないリップクリームに種類を知りましょう。

 

 

大きく分けてリップクリームはこの3種類に分かれます。

 

・化粧品

・医薬部外品

・医薬品

 

それぞれ役割は異なり、使い分けをする必要があるのです。

 

化粧品のリップクリームは口紅のベースにしたり、乾燥を防いだりする役割があります。医薬部外品のリップクリームは唇の乾燥を防ぎながらトラブルを予防する役割です。医薬品のリップクリームは荒れなどのトラブルを治療する役割を持っています。

 

医薬品のリップクリームは効果効能がパッケージに記載され、「第3類医薬品」です。治療できるから医薬品になります。医薬部外品のリップクリームは「薬用」とパッケージに記載されることもあります。

 

唇のコンディションがよければ保湿成分主体の化粧品のリップクリームを、唇が荒れていても軽いなら医薬部外品のリップクリーム、ひどく荒れているなら医薬品のリップクリームを、と目的で選ぶもリップケアも充分な効果を発揮できるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事