2016ボージョレ・ヌーヴォーを買うならどれ?プロのオススメ5選

今年も11月の第三木曜日に0時に解禁されたボージョレ・ヌーヴォー。今年は「収穫が例年より遅かったことにより、フレッシュな赤い果実を思わせるアロマが感じられる繊細でしっかりとした味わいのワインが期待できる」とのこと。

日ごろワインを飲まない私でも、店頭で見かけるとつい飲んでみたくなりますが、最近は本当に種類が増えて、どれを買えばいいのか迷います。

こで、「普段はワイン党ではない人にもおすすめの1本」をワイン専門家に教えてもらいました!

1・そもそも難しい批評とは別枠の、「お祭り」のワイン

img_3299

アルベール・ビジョー ボージョレ・ヌーヴォー 2016 750ml 参考価格2,100円/メルシャン

ボージョレはとにかく楽しんでほしいです! これは、みんなで盛り上がりたいイベント性が高い、ハロウィンや初ガツオのセリのようなお祝いごとの一種。初物好き、年中行事好きの日本人とこんなにマッチする習慣もありません。

この、グラスに注いだときの華やかなチェリーピンク。軽い口当たり。この時期だけしか楽しめません! 1年で1番盛り上がるワインのイベント。今年もワクワクしながら解禁を待ってました!

(主婦の友社 生活・料理編集 森信千夏)

2・ちょっとクラス上のヴィエイユ・ヴィーニュ

img_3347

アルベール・ビジョー ボージョレ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ キュヴェ・スペシャル 2016 750ml 参考価格2,900円/メルシャン

宅飲みで今日はたくさん飲むぞ、という日は、ペットボトル入りもセレクトの価値ありです。日本はペットボトルの品質がとても高いので、一見手軽なペットボトルは同時にかなりお得でもあるんです。

でも、せっかくの年に1回のヌーヴォーです。出せる予算の中でいちばんいいものを楽しんでほしい! たとえば、樹齢50年以上の古木のぶどうを使った「ヴィエイユ・ヴィーニユ」は注目のキーワードです。(食品産業新聞社 酒類飲料日報部 森田真希子さん)

3・ヌーヴォー(新酒)枠には「白」もあるんです

img_3168

写真中央 ルイ・ジャド マコン・ヴィラージュ・プリムール 2016 750ml 参考価格3,500円/日本リカー

私は白派なので、今日の利き酒会ではルイ・ジャドのマコン・ヴィラージュ推し。フレッシュさがぎゅっと詰まった、『17才!』みたいな」1本でした。

ボジョレーはグラスをぐるぐる回すことなく、若飲みでこそ楽しめるワインですが、それでも主張ある渋みや若すぎるゆえのピリッとした刺激が気になるようなら、しばらくグラスをそのまま置いて空気に触れさせてみて。味の変化を楽しめますよ! (主婦の友社 住宅・インテリア編集 松井元香)

4・「高コスパワイン」はどれですか?

%e3%83%9c%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a8

写真左 ドメーヌ・ペール・ギヨ ボージョレ・ヌーヴォー 2016 750ml 参考価格2,280円 /写真右 ドメーヌ・ペール・ギヨ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016 750ml 参考価格3,280円/ヴィノスやまざき

ボジョレーはお祭りなので、ぜひここはケチらずにと言いたいところですが、やっぱりお値段も気になります。コスパという視点では、ヴィノスやまざきが扱うワインにも注目。直輸入型のショップなので、大手とはまた一味違う、個性あふれるワインがそろいます。

ドメーヌ・ペール・ギヨは、この味わいでこのお値段。特に左の赤いエチケットのものは、こんなに甘くてフルーティでこのプライス、えらい! (森信)

5・ワイン好きの人へお土産にするならコレ!

img_3331

ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール ノンフィルター 2016 750ml 参考価格3,800円/日本リカー

たとえばワインぢから高めの女子会へ手土産にするなら、ルイ・ジャドは間違いありません。確実に「これもボージョレなの?」「こんな深みのあるものもあるんだ!」と盛り上がります。特にこのノンフィルターは、味にこだわりのある人ならぜひ楽しんでほしい! (森田さん)

 

 

img_3353

以上、メルシャングループのボージョレ・ヌーボーなど、36種類ものワインが試飲できる「利き酒会」からお送りしました! では、今日からまた1年、元気でハッピーに過ごしましょう!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

お酒が弱くても! 「甘め&度数低め」飲みやすい4大ワイン

「ワインを飲んでみたいけどあまりお酒が強くないから・・・」「ワインの渋みが苦手で・・・」という声はよく聞きます。確かにワインはビールに比べるとアルコール度数が2…

知ってた?エスニック料理に合うワイン。タイやベトナム料理にオススメ3選

最近、タイ料理やベトナム料理などが流行っていますよね!日本から近い東南アジアは親しみやすく旅行の人気スポットでもあります。また、簡単にスーパー等で食材が手に入る…

スーパーで手に入る!1,000円以下のソムリエおすすめコスパワイン

みなさんは、ワインをどこで購入しますか?贈答用ならワインショップやデパートが多いですが、デイリー飲みには気軽に行けるスーパーがいちばんですよね。でもスーパーでは…

もらってうれしい!達人が用意する「オトナの手土産」7選

オトナの女性はビジネスやプライベートなど、さまざまなシーンで手土産を贈ることが多いもの。渡す相手が誰であろうと「大切な人に喜んでほしい」という気持ちは同じ。最近…

「贈るワイン」のオススメは?お世話になった人や上司に、1,000~5,000円台ベスト5

お店でよくお客様から「上司やお世話になった人にワインを贈りたいのですが、どんなワインがいいですか?」という相談を受けます。上司の転勤や異動が決まったとき、定年退…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌の…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事