恋愛下手がバレる!男性が離れたくなる40代独女の「残念な”誘われ方”」

いいなと思う女性をデートに誘ってみても、なんだかがっかりするような手応えで引いてしまう。

せっかく芽生えた恋心も、次のステップに進むためにはスムーズなコミュニケーションが大切ですよね。

男性に「恋愛下手なのかな?」と思われる40代独女の特徴は、ズバリ「男性の気持ちを無視していること」

どんな点がダメなのか、「残念な誘われ方」についてお話します。

 

「どうしようかな」「考えておくね」は肩透かし

たとえば、気になっていた年下の男性から「今度の週末、美味しいワインでも飲みに行きませんか?」と誘われたとき。

嬉しくて本当は「行く!」と即答したいのに、それだと物欲しそうな女に見えるからあえて

「どうしようかな」

「まだわからないから、考えておくね」

と返事を保留してしまうと、男性のほうは

「嬉しくなかったかな」

「迷惑だったかな」

と不安になります。

誘うほうだって勇気を出して声をかけています。

できれば「行く」と答えてほしいのが本音なのに、引き伸ばされると肩透かしをくらったような気持ちになり、テンションが下がるもの。

せっかく男性のほうから誘ってくれたのに、見栄を張ってもいいことはありません。

たとえ次の日に「昨日は誘ってくれてありがとう、行きたいな」と返事をしても、断られなくてホっとする反面、

「もう誘わないほうがいいのかも」

というつまずきが男性に残ってしまいます。

本当にすぐ答えられないときは、

「行きたいから、予定を見てからでいい?」

と自分の気持ちを先に伝えておくのがベターです。

 

・年下男子が40代独女とのお付き合いを諦めた理由はこんなエピソードも・・・

年の差は関係ない!?年下男子が「40代独女とのお付き合いを諦めた瞬間」

 

「私なんかでいいの?」は謙遜じゃない

同じように、好きな男性からドライブデートに誘われたとき、

「私なんかでいいの?」

と答えてしまうのは男性にもう一度「行きませんか?」と言わせることになり、良い気はしないでしょう。

自分では謙遜のつもりで「私なんか」と口にするのかもしれませんが、聞いている男性にとっては

「そこまで卑下しなくても」

「本当は行きたくないのかな」

とネガティブな気持ちを抱くことになり、約束ができてもその日に期待する気持ちがしぼんでしまいます。

謙遜するなら、

「私で良ければご一緒したいです」

と前向きな言葉で返すのがベター。

行きたい気持ちが伝われば、男性のほうも「ぜひ」と笑顔になります。

自分を過小評価するような言葉は控え、誘ってくれた男性の気持ちを受け止める姿勢を見せたいですね。

 

・逆に、男性が「図々しい」と感じてしまうこんなアプローチもダメ!

それはNGでしょう…男性がドン引きした40代独女の「図々しい自己アピール」3つ

 

あるとないとでは男性の持つ印象が大きく変わる、〇〇の言葉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事