異性の目は厳しい…男が「アンバランス」だと感じた40代女性のリップメイク

メイクの印象は、全体の統一感もさることながら、口紅の色や質感ひとつでもガラリと変わります。

特に40代は、肌の“くすみ”が目立ち始めることもあり、自分の肌色と相性の悪い口紅を選んでしまったがばかりに残念な印象に……も、あるあるです。

ところで、男性たちも女性の口もとには意識が向いているようで、口紅ひとつで「なんかアンバランスじゃない?」と疑問を抱くこともある様子。

時短美容家の私、並木まきが、男性たちが「違和感を覚えた」と口にした、40代女性のリップメイクに迫ります。

 

トレンドメイクでもご用心!男目線で「アンバランス」なリップメイク1:口紅だけ血色がない

「この前、40代前半の彼女がメイクはしているのに、唇だけがスッピンみたいになっていたので『口紅塗れば? 顔色悪いよ』って指摘したら『塗ってるの!』って怒られました……。でも、どう見ても唇はスッピン色で、血色がなくてバランスが悪かったです」(46歳男性/SE)

 

「目もとはばっちりメイクしているのに、唇が無色な中年女性は不健康そうに見える」(42歳男性/団体職員)

 

ヌーディーなカラーや、くすみ感の強い発色など、主張しすぎない色みを選んだばかりに陥りがちなワナが「血色不足」。

男性目線だと、わかりやすい“塗りました!感”のある口紅でないと、異様に映ることもあるようです。

 

トレンドメイクでもご用心!男目線で「アンバランス」なリップメイク2:いつも真っ赤な口紅

「この前、少しだけいい雰囲気になった女性と会社の近くでランチをしたんですが……。オフィス街なのに、ド派手なメイクで登場して、真っ赤な口紅を塗っていてギョッとしました。それまでは夜のデートしかしたことなかったから違和感なかったんだけど、そういえばその女性はいつも赤い口紅をしていたような。でも、真っ昼間のオフィス街にあれはいただけない!って思いましたね」(42歳男性/メーカー)

 

「どこに行くにも真っ赤な口紅を塗っている40代って、TPOをわきまえてないって感じする。自己主張強すぎに見えるし。セクシーなシーンなら大歓迎だけど、お堅い場なんかにこういうメイクで登場されると、下品にしか見えません」(49歳男性/投資家)

 

レッドリップは、40代の顔色を明るく見せ、なおかつ華やかに演出してくれる定番。

しかし男性からは賛否両論あるのも確かで、特にTPOにそぐわないと感じさせてしまうと、バランスが悪く見えるようです。

 

年齢不相応の○○カラーは、アンバランスに見えやすい……! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事