あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

スポンサーリンク

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。

ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなかったりいかにも“老け見え”なカラーを選んでいたり……という理由で、周囲から「わぁ!おばさんっぽい!」と思われてしまっている女性もチラホラ……。

「今年は赤リップがトレンドっぽいけど、赤はちょっと苦手かも」などと思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、周りから「あの人痛々しい……」と思われやすい“おばさんリップ”の特徴を3選お話します。

■知らなかったテクがある!「時短メイクのコツ」まとめは こちら

 

おばさんカラー1:ビビッドな赤

 

今年の秋冬は、例年に増して赤リップの女性が街中に増えそうな予感。

各メーカーからは、いろいろなバリエーションのレッド系リップの新色が揃っていますし、選ぶ楽しみもグンと増しました。

しかし、40代女性がビビッドな赤を選んでしまうと、くすみが始まっている肌とのコントラストが極端に映りがち。

若い頃より肌は沈んでいるだけに「ビビッドな口紅のせいで、口元だけがやけに目立つ!」という事態も起こりやすいのです。

張り切りすぎた印象を与えるメイクは「痛々しいよね」という感想を招きやすいので、レッド系リップを塗るときには、その仕上がりに気をつけたいところ。

「もう、ビビッドリップを買っちゃった!捨てるしかないかしら?」という方は、ブラウン系の口紅と混ぜて使うと、鮮やかすぎる発色を少し抑えられます。

 

おばさんカラー2:クリアすぎるピンク

やわらかい発色が特徴のクリアなピンクは、顔色をパッと華やかに見せてくれる反面、40代女性が塗ると「若作りしてます」感が出やすいカラーでもあります。

とくに、アイメイクやチークは控えめにしているのに唇だけが“真っピンク”だと、こちらも口元が悪目立ちすることに。

見た目にはかわいいカラーなので、つい手が伸びてしまいがちですが、鏡を見て唇だけが浮いている気がするなら、そのまま塗るのはデンジャラスです。

もしも「すでに手元にクリアなピンクがある!」という場合は、赤をプラスすると40代にふさわしい落ち着いた色みに変わります。

 

おばさんカラー3:パープルが強いバーガンディ

今年の秋冬は、バーガンディカラーのリップも、リアルトレンドになっています。

しかし、パープルが強いバーガンディカラーは、40代女性の口元にはやや老け見えを誘う色でもあるので、気をつけなくてはなりません。

その昔、バブル時代にパープル系のメイクが流行したせいもあってか、大人女性の口元に紫を塗ると「おばさんっぽいなぁ」という感想を抱く人も珍しくなく、色のせいでおばさん見えを誘うことが!

パープル系のバーガンディには、少し青みがかった色も多いため、“黄ぐすみ”が出ている肌に合わせると、顔色が悪く見えやすいことも関係しているかもしれません。

もし、手元にパープル系のバーガンディがあって使いかたに頭を抱えていらっしゃるようでしたら、ブラウン系の口紅と重ねてみると、あたたかみのある色に変わって使いやすくなります。

 

みなさまは、この秋どんなリップをスタメンとして塗っていらっしゃいますか?

口紅の色は、顔全体のイメージを左右します。

多忙を極めている中、新しい口紅を買おうとインターネットで買い物をしたときには「思っていた発色と違った!」という結果も起こりがち。もしも“おば見えカラー”が手元にあるとしたら、時短の重ね付けでうまくフォローしてみてください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代の「おばさんくささ」が際立つ!3大NGアイライン

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メイクでフォローしていくしかなくなります。…

「石原さとみ風モテメイク」のつもりが…40代が痛オバになるポイントは?

今季は『アンナチュラル』(TBS系)で、解剖医を演じている石原さとみさん。雑誌やWebの“モテメイク特集”では、必ずと言っていいほど名前が挙がる常連でもあります。「ふんわりとした表情が素敵な石原さん風の顔にな…

穏やかで誠実そうなほどヤバい「DVモラハラ男」の隠れた特徴って?

ご縁あって結婚しても、やむを得ない事情により“離婚”を選択する人も珍しくない昨今。結婚するときから離婚を視野に入れている人は極めて珍しいので、結婚前にはわからなかった致命的な“何か”によって、別々の人生を…

「お会計シーン」で見抜く!この男もしかして地雷?な3ポイント

婚活は結果ばかりを求めてしまうと、その焦りから“ハズレ”の男性も掴みやすくなります。言うまでもなく結婚は「ゴール」ではなく「スタート」なので、幸せな結婚生活を送るためには、“それ相応”の男とのご縁を結ぶの…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともにカサつきが気になる私たちの肌を、やさしく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事