ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。

自分では、あえてのクラシカル路線狙いだったつもりでも、男性からの「変だよ」をもらっていたとしたら、かなりショック……!

時短美容家の私、並木まきが、男性目線だと「オシャレに見えない。昭和っぽくてダサい」となってしまった残念なメイクの特徴に迫ります。

 

40代から余計にそう見える?男が「ダサいし昭和っぽい」認定したメイク1:全体的に“濃さ”が際立っている

「眉毛、アイメイク、口紅……と、どれを見ても『濃い』としか言えないメイクの40代女性は、ぱっと見はキレイに感じるんだけど、どこかダサいと思っちゃう。

今って、濃いめのメイクをしている女の子が少ないし、いかにもバブル時代を生きてきた! って雰囲気に見えちゃいますね」(44歳男性/IT)

 

「きちんとお化粧している女性は嫌いじゃないし、むしろ好きなんですけど、全体的に『濃いな〜』ってメイクは、今どきは古臭い印象を感じます。

思えば、昭和のころって、こんなメイクの子が多かったですよね」(42歳男性/税理士)

 

全体的に濃いめなメイクを見て「いかにも昭和」を連想する男性もいるのが、実態。

昨今のトレンドは、ナチュラルメイク一辺倒なので「濃い」というだけで、古臭さを感じてしまうのも男性心理なのでしょう。

 

40代から余計にそう見える?男が「ダサいし昭和っぽい」認定したメイク2:“縁取り感”の目立つメイク

「目とか口とかのメイクで、やたら『縁取ってます』が目立つ女性は、いかにも古臭いし、昭和っぽい!

華やかな見た目は嫌いじゃないけど、今どきかっていう視点では、なんか違う感じがしますね。若々しいイメージにしたいなら、メイクはもっと自然なほうがいいのは間違いない」(40歳男性/建築)

 

「きちんと縁取って塗られている口紅って、なんだかちょっと怖いです(笑)。いかにも“酸いも甘いも嚙み分けてきた中年女性”って感じで、年齢を感じますね」(44歳男性/システム)

 

このところは、きちんと縁取りをしたメイクよりも、ナチュラルに塗る手法も人気。

それだけに、アイメイクやリップメイクで「きちんと縁取りました」な印象が強くなるほど、時代遅れなイメージを与える引き金にもなりやすいのでしょうね。

 

○○を感じさせる色使いは古臭く見える……? 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事