オバ見え確定…! 40代女性をすこぶる老けさせるNGスキンケア

スキンケアは、美肌を育む基本。

毎日の積み重ねもモノを言うテーマだけに、ちょっとしたNGが積み重なることによって、不用意な「オバサン化」を招く要素にもなりえるのが実情です。

「そういえば、しばらくスキンケアの見直しをしていないかも」にお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性をすこぶる老けさせるNGなスキンケアのお話です。

 

オバサンにはなりたくないのに…!40代を老けさせるスキンケアのNG1:開封から時間が経っているものを使う

スキンケアコスメは、防腐剤の使用不使用にかかわりなく、フレッシュなうちに使い切るのがベスト。

どんなスキンケアコスメでも、直接肌に塗るものだけに、お肌への影響を考えると、なるべく早く使い切るのが原則です。

40代にありがちなNGとしては「美白コスメは、夏しか使わない」「保湿クリームは、冬だけだから」と、何ヶ月も前に開封したコスメを、シーズンをまたいで使ってしまうケース。

節約や家計などを意識して、高価な化粧品であるほど“もったいない精神”が出てきがちです。

確かに「捨てるのはもったいないし、見た目には劣化していないし」と思いたくもなるのですが、これこそがお肌への負担を増やし、汚肌へと突き進む要因となってしまうのを忘れるわけにはいきません。

 

オバサンにはなりたくないのに…!40代を老けさせるスキンケアのNG2:気づかない保湿不足

保湿がスキンケアの要であることは、すでに頭にある40代女性も多いはず。

「なにはともあれ、とにかく保湿」と、デイリーのスキンケアでは、保湿を最重要テーマに掲げているかたも少なくないと思います。

しかし、自分では「十分」と思っていても、乾きがち・ゆらぎがちな40代の肌には、まだ保湿が足りていない! というのも、実はよくあるお話。

「美容液を変えても、クリームを足しても、お肌の状態がよくならない……」というときに、ベースである化粧水やブースターなどの保湿コスメを強化するだけで「あっさりと、いい状態になった」のも、珍しくないパターンです。

「どうも肌が老けてきた」にお心当たりがあるならば、気づかないうちに“基本の保湿”が不足に陥っていないか、改めてチェックしてみて。

 

○○が強すぎるのは、NG! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事