ちゃんとしているつもりで残念…老け顔が加速する「眉のNG」3選

「あの人って、年齢のわりに老け顔だよね」と評されてしまう40代は、その原因が眉にあるパターンも。

自分では思ってもみなかったところのせいで、予想外のオバ見えを招いていたとしたら、とてもショックですよね。

そして、もはや言うまでもないお話でもあるけれど、眉は、顔の印象を大きく左右するパーツ。

それだけに「ちゃんとしているつもり」でも、ちょっとしたNGによって、老け顔を招くこともあるのです。

時短美容家の私、並木まきが「老け顔」と言われてしまう女性ほど手抜きしがちな眉のNGに迫ります。

 

ここを変えれば脱・老け顔!40代のオバ顔を招く眉のNG1:毛の長さを整えていない

 

ここ数年はずっと太眉系のトレンドが続いているので、自眉をいかした眉メイクを楽しんでいる40代女性も多いはず。

実際、自眉をいかした眉は、勢いのあるフレッシュな表情にも見えやすく、基本的には40代を若見えさせてくれるメイクでもあります。

しかし、自眉をいかそうとしたばかりに、眉毛の長さを整えず、“生えっぱなし”にしておくのはNG。

眉毛は、均等に生えているように見えても、その長さは微妙に異なります。ただ輪郭だけを整えただけでは、横顔が不恰好になるだけでなく、正面から見ても濃淡が安定しないなど、不自然な眉に見えがちなのは否めません。

無造作な眉は、40代の生活感を加速させる引き金にもなるので、横着せずに、長さを整えるひと手間は取り入れたいところです。

 

 

ここを変えれば脱・老け顔!40代のオバ顔を招く眉のNG2:とにかく「描いて終わり」

 

眉メイクでは、パウダーやリキッド、ペンシルなどを用いて、眉の輪郭を整え、足りない部分の毛を補って……をルーティンにしている人も多いはず。

描き足すことにより、まばらに生えている部分を整えると、“それなり”に整った眉が完成したようにも思いがちです。

でも、この「とにかく、描いて終わり」の眉は、40代を老けて見せる典型のひとつ。

眉コスメで描きたしたところをぼかすことなくそのままにしてしまえば、太陽光など明るい空間では不自然さが際立ちます。

自眉とメイクした部分とのコントラストが強いほど、オバサン感が出てしまうのも確かなので、眉を描いたらスクリューブラシなどを手に取り、“ぼかし”のひと手間でなじませておくと安心です。

 

 

ここを変えれば脱・老け顔!40代のオバ顔を招く眉のNG3:毛流れを整えない

 

眉メイクの仕上げに、毛流れを整えないのも、オバ顔を加速させがちなNGです。

メイクしたばかりの顔を鏡で見たときには、きちんと整っているように見えても、毛流れを整えていないと、動いているうちに毛があちらこちらに向いてしまい、雑な印象を与えてしまうことも。

特に、気温や湿度が上がる時期には、汗のせいで眉の毛流れも乱れがちになるので、眉マスカラでの仕上げが欠かせません。

眉メイクは、きちんとホールドしてこそ、オバサンっぽさを出す“毛の乱れ”を防げると心得て。

「眉マスカラをすると、わざとらしくなっちゃって……」が気になっているかたは、透明タイプを使うのも方法です。

 

それなりにメイクをしていても「なんか老けたかも」を感じる場合には、パーツメイクにその原因が潜んでいる場合もあります。

面倒でも、“ひと手間”をルーティンに加えることが、40代のオバ見えを回避する最大のコツに。

お心当たりがあったかたは、ぜひ今日からひと手間だけ、加えてみて。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

【男の本音】デートで「オバチャンだな…」と男が感じた40代女性の些細な振る舞い3選

デートの最中に、ちょっとした振る舞いをしてしまったばかりに「ああ。オバチャンだな……」とお相手を興ざめさせてしまえば、40代女性には残念なお話。しかし、どんなに好印象を狙っていても、ふとした拍子に幻滅され…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事