年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。

西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま社長と出会います。

大きな社長から小さな社長まで、優しい方から横柄な人まで、地元の有志から1代で財を成した方まで出会います。

一口に社長といっても、年収には幅があります。東証に上場している会社でも年収2000万円くらいの方もいますし、非上場で1億円以上の役員報酬を得る人もいます。

どちらも、珍しくないので、驚くことはありません。

ただ、ごく稀に、社長でないのに年収8000万円を得る会社員の方と出会うことがあります。これには、びっくりしてしまいます。そんな人がいるのかと、目を丸くします。

 

なぜ僕に彼らの年収が分かるのか

どのような会社なのか、勤続何年なのか、どんなところに住んでいるのか、興味は尽きません。もちろん、「俺の年収は8000万円だ」とか「儂の年収は8000万円を超えとる」などとストレートなことは、自分から言いません。

 

それでも、年収が分かるのは、ふるさと納税の金額を教えてくれるからです。

 

ほとんどのお金持ちの会社員は、ふるさと納税をやっています。ふるさと納税には、控除限度額があって、お金持ちは自分の控除限度額をきちんと把握しています。

 

その上で、限界までふるさと納税を行っています。

 

どのような返礼品が良いとか、どこの自治体が良いとか、手続きはどうやるかとか、そういう情報は、互いに共有することが多いようです。このように、普段からふるさと納税の話をしていると、前年、いくら分寄付したかを、気軽に口にするようになります(ふるさと納税って「寄付」なんですね!)。

 

「私の去年のふるさと納税額は、53万です」などと、教えてくれます。すると、限度額目いっぱいまでふるさと納税をしていると考えて、年収を逆算することができます。「53万円のふるさと納税をしているということは、限度額が53万円だとして、これが独身の場合、年収は2100万円くらいかな」と容易に想像できます。

 

年収8000万円の人の場合、限度額が300万円くらいになります。だから、「ふるさと納税を300万円しました」と聞いて、ぼくは目をまるくしています。

 

年収8000万円の人のふるさと納税

僕が出会った8000万円の人は、全員ふるさと納税を「限界まで」やっています。肉や魚、米、卵などを頼み、それらがひっきりなしに家に届きます。ふるさと納税の返戻率は3割なので、300万円の寄付をすると、90万円分の返礼品がやってきます。

 

仮に、返礼品をすべて食品とした場合、月に7.5万円の食品が届くことになります。1日にすると、およそ2500円分です。外食もするでしょうし、大家族でないかぎり、とても食べきれません。それでも、お金持ちなので、できることはすべてやります。得すると分かっていて、それを放棄することはありません。もらわないものは「ない」のです。

 

ふるさと納税で肉や魚など食品をもらうのは、得するセオリー通りだと思います。ですが、十分過ぎるお金があるのに、さらに貪欲に得することを求める、「今あるお金に満足せず、『断捨離ブーム』をものともせず掴みにいく姿勢」は、彼らの思考体系を知らないうちはいささか意外に感じました。

 

同じ金額を失うのともらえるのでは、失う時のほうが人間の行動に影響を与えます。「得」では、人の心は動きにくい。しかし、お金持ちは、自分をコントロールできるので、得を積極的に享受します。だから、お金持ちになれたし、より資産を増やしていくことができます。

 

お金持ちは「得すること」を怠けない

年収8000万円の人に共通する行動はいくつかありますが、その中でも「ふるさと納税を限度額までやっている」というのはほとんどの方に見られる傾向ではないでしょうか。

 

300万円分のふるさと納税は大変です。1万円程度の寄付が多い中で、300万円分の寄付先を探すのは大変な作業です。決済するだけでも大変な時間がかかります。それでも、怠けることなく、アンテナを張って情報を得て、よりよい寄付先を求めています。

 

もちろん、巷で囁かれているような「得するかどうかわからないから、不安」とは微塵も考えません。多くの情報を得て、正確に理解できるから、年収が8000万円なのです。存在しないリスクに怯えるのは、いつだって、貧しい人だけです。

 

ところで、トークライブを開催します!

こんな僕ですが、芸歴10年を祝して、はじめてトークライブをします。10年で学んだことのひとつが「笑いがなくとも“おもしろい”と感じる話がたくさんある」です。

オトナサローネでは、そういう話を記事にしています。

ライブでは、ここ1年間で、感心した話、驚いた話、胸を打った話、程度が甚だしいと思った話を短く正確に、口頭でお伝えします。

2019年8月9日(金)19:15開演 東京・渋谷 ヨシモト∞ドーム ステージⅠ 1,500円(ワンドリンク500円別途)

詳しくはこちら。

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

家賃50万のマンションに住むのはどういう人?意味のわからないその生態

元国税局職員さんきゅう倉田です。よしもとさんで芸人をしています。いま、芸人として身につけたスキルと知識で、文章を書いています。ぼくは、大学を卒業後、国家公務員として東京国税局に入り、退職して芸人になり…

「メールを返さない人」は成功しない、ごく当たり前すぎる2つの理由

元国税局職員 さんきゅう倉田です。日々、フリーランスとして、執筆や講演会をしています。メインの仕事は芸人なので、取材を受けたり、収録に行ったり、ライブに出たりもしています。すべての仕事のスケジュール管…

おひとりさまは【2000万】より多く貯めるべきなの?半分でいいの?

こんにちは、元国税局職員のさんきゅう倉田です。芸人としてライブに出たり、たまにテレビに出たり、記事を書いたりしています。さて、先日、金融庁かそれに類似する団体が発表した、老後の資産形成に関する資料を読…

「二度とご飯を食べたくない女性」に転落する7つの行動

元国税局職員 さんきゅう倉田です。おもに、芸人として活動しています。芸人になって10年ほど経つので、その10年で得たスキルで、文章を書いたり、講演会をしたりしています。このような仕事をしていると、たくさん…

【男が語る】年収300万円のイケメンと1000万円のブ男、どっちがコスパか

元国税局職員 さんきゅう倉田です。よしもとで芸人をやっております。「貧乏なイケメンとお金持ちで器量の悪い男どっちがいい?」そんな質問を友人からされたことがありませんか。熟考を要する究極の選択だと思いま…

【男が語る】お金がかかるオンナと、かからないオンナ。どちちがモテるのか?

こんにちは、元国税局職員の芸人、さんきゅう倉田です。さて、女性の友人に「金がかかるオンナとかからないオンナ、どっちがモテるかなあ」と聞かれました。「金がかかるオンナがモテるかい!」と心の中でつっこみな…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行くこともプールに行くこともないですし、8月…

【男の意見】男が○○をしなくなったら浮気のサイン。金づかいで見抜く男の浮気本性

こんにちは、元国税局職員 さんきゅう倉田です。さて、芸人はみんな浮気をします。ぼくは、お笑いを初めて10年ですが、たくさんの浮気の話を聞いてきました。売れている売れていないに関わらず、みんな浮気に明け暮…

意外と知らない!芸能人の結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はどうする?問題

他者と素敵な人間関係を築く人は、お祝いごとをかかしません。とくに、お笑い界は、めでたいことに敏感です。結婚式に呼ぶのが憚れるような大御所の先輩であれば、結婚の報告だけをすることも多々あります。すると、…

年収8000万の人たちがやってる「ものすごく手間がかかるけれど効果がデカい」節約

先日、クイズ番組の収録に遊びに行ったのですが、楽屋に10人いる中、お弁当が20個余っていました。持って帰りましょう、と誰かが言ったところ、その中にいたお金持ちから順にお弁当を取りに行っていましたが、先…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事