年収8000万の人がふるさと納税で「もらわないもの」とは?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。芸人をやりながら、そこで見聞きしたことを記事にしています。

西麻布や六本木のような怖いとところや銀座のような華やかな場所に行かなくとも、東京で仕事をしていると、しこたま社長と出会います。

大きな社長から小さな社長まで、優しい方から横柄な人まで、地元の有志から1代で財を成した方まで出会います。

一口に社長といっても、年収には幅があります。東証に上場している会社でも年収2000万円くらいの方もいますし、非上場で1億円以上の役員報酬を得る人もいます。

どちらも、珍しくないので、驚くことはありません。

ただ、ごく稀に、社長でないのに年収8000万円を得る会社員の方と出会うことがあります。これには、びっくりしてしまいます。そんな人がいるのかと、目を丸くします。

 

なぜ僕に彼らの年収が分かるのか

どのような会社なのか、勤続何年なのか、どんなところに住んでいるのか、興味は尽きません。もちろん、「俺の年収は8000万円だ」とか「儂の年収は8000万円を超えとる」などとストレートなことは、自分から言いません。

 

それでも、年収が分かるのは、ふるさと納税の金額を教えてくれるからです。

 

ほとんどのお金持ちの会社員は、ふるさと納税をやっています。ふるさと納税には、控除限度額があって、お金持ちは自分の控除限度額をきちんと把握しています。

 

その上で、限界までふるさと納税を行っています。

 

どのような返礼品が良いとか、どこの自治体が良いとか、手続きはどうやるかとか、そういう情報は、互いに共有することが多いようです。このように、普段からふるさと納税の話をしていると、前年、いくら分寄付したかを、気軽に口にするようになります(ふるさと納税って「寄付」なんですね!)。

 

「私の去年のふるさと納税額は、53万です」などと、教えてくれます。すると、限度額目いっぱいまでふるさと納税をしていると考えて、年収を逆算することができます。「53万円のふるさと納税をしているということは、限度額が53万円だとして、これが独身の場合、年収は2100万円くらいかな」と容易に想像できます。

 

年収8000万円の人の場合、限度額が300万円くらいになります。だから、「ふるさと納税を300万円しました」と聞いて、ぼくは目をまるくしています。

 

年収8000万円の人のふるさと納税

僕が出会った8000万円の人は、全員ふるさと納税を「限界まで」やっています。肉や魚、米、卵などを頼み、それらがひっきりなしに家に届きます。ふるさと納税の返戻率は3割なので、300万円の寄付をすると、90万円分の返礼品がやってきます。

 

仮に、返礼品をすべて食品とした場合、月に7.5万円の食品が届くことになります。1日にすると、およそ2500円分です。外食もするでしょうし、大家族でないかぎり、とても食べきれません。それでも、お金持ちなので、できることはすべてやります。得すると分かっていて、それを放棄することはありません。もらわないものは「ない」のです。

 

ふるさと納税で肉や魚など食品をもらうのは、得するセオリー通りだと思います。ですが、十分過ぎるお金があるのに、さらに貪欲に得することを求める、「今あるお金に満足せず、『断捨離ブーム』をものともせず掴みにいく姿勢」は、彼らの思考体系を知らないうちはいささか意外に感じました。

 

同じ金額を失うのともらえるのでは、失う時のほうが人間の行動に影響を与えます。「得」では、人の心は動きにくい。しかし、お金持ちは、自分をコントロールできるので、得を積極的に享受します。だから、お金持ちになれたし、より資産を増やしていくことができます。

 

お金持ちは「得すること」を怠けない

年収8000万円の人に共通する行動はいくつかありますが、その中でも「ふるさと納税を限度額までやっている」というのはほとんどの方に見られる傾向ではないでしょうか。

 

300万円分のふるさと納税は大変です。1万円程度の寄付が多い中で、300万円分の寄付先を探すのは大変な作業です。決済するだけでも大変な時間がかかります。それでも、怠けることなく、アンテナを張って情報を得て、よりよい寄付先を求めています。

 

もちろん、巷で囁かれているような「得するかどうかわからないから、不安」とは微塵も考えません。多くの情報を得て、正確に理解できるから、年収が8000万円なのです。存在しないリスクに怯えるのは、いつだって、貧しい人だけです。

 

ところで、トークライブを開催します!

こんな僕ですが、芸歴10年を祝して、はじめてトークライブをします。10年で学んだことのひとつが「笑いがなくとも“おもしろい”と感じる話がたくさんある」です。

オトナサローネでは、そういう話を記事にしています。

ライブでは、ここ1年間で、感心した話、驚いた話、胸を打った話、程度が甚だしいと思った話を短く正確に、口頭でお伝えします。

2019年8月9日(金)19:15開演 東京・渋谷 ヨシモト∞ドーム ステージⅠ 1,500円(ワンドリンク500円別途)

詳しくはこちら。

スポンサーリンク

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

1000万円貯めたひとはこれをしていない!節約している「つもり」な3つのこと

こんなに頑張っているのに全然貯まらないのはどうして?と嘆いたり、あきらめたりしていませんか?マネー相談を3000件以上して感じるのは1000万円貯めた人は無理な節約はし…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

コレがバッグに入っていると貧乏に!「お金持ちが持ち歩かないもの」とは?

夏日が散見されるようになってきました。茹だるような暑さではないですが、天気予報で「夏日」と聞くと、夏が近づいている気がします。ぼくは、夏だからといって、海に行く…

「自然にお金がたまる人」は腰を曲げない?言われてみればその通りの小さな習慣

「あっちのスーパーのほうが安いわあ、ちょっと遠いけど行っちゃおうかしら」数百円や数十円を追い求めて、スーパーやドラッグストアを移動していませんか。少しでも価格の…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきた…

これを持っていると貧乏になる。お金持ちが持っていないたった1つのものって

元国税局職員さんきゅう倉田です。話題の事務所、吉本興業株式会社に所属しています。良いところ9、悪いところ1の9対1の会社です。多くの芸人がアルバイトをする中、ぼ…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきか…

ギョッ、今年はバイト年収が103万円越えそう…「確定申告」が必要?意外に知らない税の話

元国税局職員さんきゅう倉田です。税金やお金についての情報を発信していると、お悩み相談が送られてくることがあります。「お金を貸したけれど返ってきません」「転職しました。確定申告をしたほうが良いのでしょう…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは

元国税局職員 さんきゅう倉田です。吉本で芸人をしています。闇営業ニモマケズ、所得隠シニモマケズ、東に媒体があれば記事を書き、西に講演会があれば行って話をし、南に出演依頼があれば行ってためになることを言…

年末調整で「同居してない親」も扶養にできる?「扶養控除等申告書」最新常識と正しい書き方は

元国税局職員さんきゅう倉田です。国税局を辞めて、現役の頃と同じくらいたくさん勉強して、今と未来を生きています。過去を振り返る余裕がないので、同窓会はサボっています。「どうして国税局を辞めたんですか?」…

親を扶養に入れただけなのに…?意外と多い「税務署からの連絡」実例

元国税局職員さんきゅう倉田です。芸人になって10年目になります。昔は、品川駅の中でお酢を売ったり、ビックカメラで携帯電話を販売したりしていましたが、たくさん勉強をして、大勢の人の話を聞いて、しこたま発…

ほんとうにあった!一瞬で1万円も損したコワ~い「クレカ」の話

元国税局職員さんきゅう倉田です。記事を書いたり、Twitterを更新したり、イベントを催したり、講演会に呼ばれたり、賢いおじさんと飲んだり、本を読んだり、ジムに行ったり、ワインを勉強したりして、生活していま…

「デートでサイゼに連れてく男」はアリか?人として最低限度なお店選びの話

元国税局職員 さんきゅう倉田です。お金や税金の記事を書き、取材を受け、講演会に呼ばれることで生計を立て、慎ましく生活しています。芸歴は10年目で、34歳、独身です。独身なので、女性と出かけることがあり…

いま現金で払ったら大損?いまひとつわかりにくい「キャッシュレス還元」の基本

元国税局職員 さんきゅう倉田です。お笑い最大手、吉本興業で芸人をしています。手前味噌ですが、税金やお金の良い知識をたくさん持っているので、個人事業者や経営者向けに講演会をしています。最近は、子供向けの…

コンビニ持ち帰り弁当は8%。では、従業員が休憩室でお弁当を食べたら8%?【税率クイズ】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。吉本で芸人をしています。芸人の働き方も多様化していて、みんな自分の特技や趣味を活かして、仕事を得ています。ぼくは、村上龍さんの『半島を出よ』(幻冬舎)を読んでから趣味…

【マジ?】「生きた魚」は税率8%。では熱帯魚は?知れば知るほど混乱する軽減税率の話

元国税局職員 さんきゅう倉田です。好きな言葉は「増税」です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本興業で芸人になりました。芸歴は10年目です。「どうして芸人になったんですか?」と週3回ほど聞…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事