「正しい髪の洗い方」知ってた?抜け毛、頭皮のニオイを防止するシャンプーのやり方4ポイント

美肌も美髪も一日にして成らず。日々のお手入れが欠かせません。そのお手入れも実は特別なことではなく、「正しく洗う」ことだけ。

でも、この「正しく洗う」ことができていない人が多いのが現実です。

子どものころ、お箸の持ち方や鉛筆の持ち方は厳しく教えられてきたけれど、顔や髪の洗い方はどうですか?

なんとなく、こんな感じかなと洗ってきた人も多いのでは。

スーパー銭湯などでシャンプーの仕方を見ていると、勢いよくガシャガシャッと髪をこすりながら洗っている人や、いきなりシャンプーを髪にのせる人、下を向いて洗う人などさまざまです。

40数年間、身についているクセを直すのは大変だけれど、まずは4つだけ守って欲しいことがあります。

洗い方を見直せば、気になっていたニオイや薄毛、うねりも改善されていきますよ。

 

正しいシャンプー習慣1

38~40℃のお湯で、頭皮を指の腹で触りながら汚れを落とす

シャンプーをつける前の段階が、重要。実は、髪や頭皮に付着した汚れの7~8割はお湯(38~40℃)で落ちるのです。ですから、ただ髪表面を濡らすだけではダメ。

 

根元まで十分に濡らし、シャンプーをする要領で指の腹を使い頭皮を触りながら汚れを落としていきます。時間にしたら2分ほどが目安です。

 

これを「予洗い」といいますが、予洗いをしっかり行うことでシャンプーの泡立ちもよくなります。

 

ここで注意したいのが、髪をこすること。シャンプーをつけていない段階でゴシゴシとこすると摩擦で髪が傷んでしまいます。

 

時間に余裕がある人は、お風呂に入る前にパドルブラシでブラッシングをすると、頭皮の汚れや皮脂が浮き出て洗い流しやすくなります。

 

また、髪のからまりもとれるので摩擦予防にもなります。ブラッシングをするときは生え際から頭頂部に向かってとかしましょう。頭皮の血行促進にもなり、一石二鳥。

 

ホコリや皮脂の一部は落ちますが、スタイリング剤とアウトバストリートメント、固定になった皮脂はお湯だけでは落ちにくいので、シャンプーを使って洗い流します。

 

正しいシャンプー習慣2

シャンプーは手に広げてから髪にのせ空気を含ませながら泡立てる

シャンプーを直接髪につけてしまう人もいますが、できれば手のひらに軽く広げてから髪にのせましょう。

 

手で泡立てる必要はありませんし、頑張ってもモコモコの泡はできないので、手のひら全体にのばすイメージでOK。髪にシャンプーをのせたら空気を入れながらやさしくもみ込み、泡立てます。

 

上から押しつけるようにすると泡立ちにくいので、まずは表面からふんわりと髪を動かすようにして、泡立ってきたら頭皮を指の腹でマッサージするように洗っていきます。

 

泡立ちが悪いのは、予洗いで十分に汚れが落ちていない証拠なので、予洗いの仕方を見直してみましょう。また、洗髪頻度が低く、汚れがたまっている人も泡立ちが悪いので、その場合は一度すすいでから二度洗いをしてください。

 

正しいシャンプー習慣3

指の腹を使い生え際からマッサージをするように洗う

シャンプーが泡立ったら、指の腹で頭皮をとらえ生え際からさするように洗います。指を寝かせて爪を立てないように注意して。頭皮が傷ついてしまいます。

場所を移動しながら頭皮をまんべんなく洗います。洗い残しがないよう、生え際からえり足に向かって順に洗っていくといいでしょう。汚れも下に落ちていきます。

後頭部は髪が密集していて洗いにくい場所。髪をよけながら洗ってください。

髪をもみ洗いする人がいますが、その必要はありません。「洗髪」といいますが、シャンプーは頭皮を洗うことが目的です。

 

正しいシャンプー習慣4

ヌルつきがなくなり、髪がきしむくらいまで十分にすすぐ

頭皮を洗うこと以上に、すすぎが大切。シャンプーのすすぎ残しがあると、それがカスとして残り空気に触れるとニオイが発生。頭のニオイが気になる人は、汗や皮脂だけでなくすすぎが不十分なことが原因です。もちろんかゆみなど頭皮トラブルのもとに。

 

生え際からシャワーをかけ、上から下へ泡を落としていきます。ここでも表面だけでなく、頭皮にまで手を入れ、指の腹で頭皮を触りながらシャンプーを落としましょう。シャワーも内側にしっかりとかけて。

 

洗いにくい場所は、すすぎも不十分になりがちなので、特に後頭部はしっかりとすすいでください。耳後ろも泡が残りやすいので注意して。

髪や頭皮にぬめりがなくなり、髪がキュッとしたらすすぎが十分にできた合図です。

 

ちなみに、コンディショナーやトリートメントもぬるつきを残さずにしっかりとすすぐことが大切です

 

少しくらいぬめりがあったほうが、効果が続くのでは?と思ってしまいますが、シャンプー同様カスとなりニオイやトラブルのもとに。

 

 

さらに意識したいのが、シャンプー選びです。

週1の頭皮クレンジングで汚れをスッキリ落とす

加齢とともに毛穴はゆるんできます。それは顔だけでなく頭皮も。汚れが詰まりやすくなっているので、週に1度は頭皮クレンジングのスペシャルケアを。おすすめは炭酸クレンジング。スッキリと洗い流せるので、汗をかく夏にはぴったりのアイテムです。

 

「湯シャン」がちょっとした話題になりましたが、スタイリング剤や固まった皮脂汚れはお湯だけでは落とし切れないので、シャンプーを使って洗いましょう。

 

どんどんシャンプーも進化をしていて、髪質改善につながる効果も。普段使いのシャンプーはアミノ酸系がおすすめです。低刺激で髪と頭皮のうるおいを保ちながらやさしく汚れを落とし、栄養も補給。

 

髪質に合ったシャンプーを選ぶことも大切なので、ぜひ担当の美容師に相談してみてください。

 

取材協力/CHINATSUさん(MAGNOLiA

東京・青山にあるパーマを得意としたサロンのスタイリスト。大人世代の髪悩みも熟知し、情報を発信。

「お客さまの頭皮をチェックしていると、時々、後頭部に赤みやフケを発見します。これは十分に洗えていない、すすげていないことが原因です。髪が長い人は特に洗いにくい場所なので、意識してすすいでください。すぐに結果が出るものではありませんが、続けていくことで頭皮の状態がよくなり、髪も元気になっていきます」

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代は【かき上げ前髪】×【耳かけ】で秋ヘアがとびきり素敵に見える!

ファッションにあわせてヘアも衣替えをするとき。がらりとイメージを変えるのは勇気がいるけれど、カラーや毛先の動きをチェンジするだけでも雰囲気は一新できます。40代女性を素敵に見せる「かき上げ前髪×耳かけヘ…

【くるりんぱ】真ん中からずらすだけ!1分で大人可愛いヘアアレンジ2選

「くるりんぱ」と命名した人はどなたか存じませんが、今やこれ以外考えられない!というほどの絶妙なネーミング。正直、ここまで浸透するとは思っていませんでした。もちろん、アレンジとしては「その手があったか!…

いつもの「ゴムだけ結び」を1分で上級に!くずしひとつ結び・横くるりんぱアレンジ3選

夏は髪をおろしていると、汗で首にはりついて不快になりますよね。見た目にもスッキリとまとめたほうが、涼しげです。そこで、今回は巻かずにおしゃれに見えるひとつ結びや、くるりんぱを応用したアップスタイルをご…

【ミディアム】うねり、ぺたんこオバ髪は「動き」でカバー!若見え3スタイル

ボブやショート人気におされ気味のミディアムですが、女っぽさを表現するにはもってこいのレングスです。また、ある程度長さがあることで加齢による髪悩みもカバーしやすい利点もあります。ひとつ結びなどまとめ髪に…

【ショートボブ】40代は毛先の動きで「おばさんショート」回避!人気ヘアカタログ

40才を過ぎると髪を短くする人が多い、という話を美容師さんからよく聞きます。たしかに40才以上をターゲットにしたヘアカタログでは、ロングよりもショートの割り合いが多くなっていますし、周囲を見渡せば短めヘア…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事