「大人の関係」になったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向

身体の関係をもったあとに、残念ながらも二度と男性からの連絡がこなくなってしまう40代女性もいるのが実情です。

将来を見据えて、そういう関係になったのに、目論見が外れてしまう40代女性の傾向とは、いったい……!?

男性たちからのヒアリングで見えてきた、「身体の関係」を持ったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向を魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきがご紹介します。

 

関係を持ったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向1:手当たり次第に寝ている(と思われている)

関係をもってからの交際、結婚を視野に入れているとしても、男性から見て「この女性は、手当たり次第に誰とでも寝ているんだな」と思われてしまうと、自分との関係も“一夜かぎり”のものだと認識されてしまう傾向は顕著。

実際、「飲んだ勢いでそういう関係になった女性がいましたが、俺の知り合いの何人かもその女性と寝たことがあるのを知っていたので、単にアバンチュールを楽しみたいだけのタイプだと思って、その後は連絡していない」(40歳男性)というケースもありました。

女性側は、毎回「真剣勝負!」のつもりであっても、男性から見て「単に一夜をともにしたいだけだろう」と思われてしまうと、その後の連絡は望み薄……になりがちと言えます。

 

 

関係を持ったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向2:翌朝、いきなり態度が変わる

 

関係をもつ前と直後で、著しく態度が変わってしまう女性も、男性から見ると“連絡しにくいタイプ”になるのは確か。

「関係をもった途端に、彼女ヅラをしてきたり結婚の話をほのめかしたりする女性は、40代であっても重い。関係をもっておいてなんだけど、慎重になってしまう」(43歳男性)や「身体の関係をもった途端に、恥じらいがなくなる女性は、ギョッとします。それまでは女っぽい感じだったのに、急にがさつな面を出してくるような子が最も苦手。40代くらいになると、変にこなれてきていて、化けの皮が剝がれる(!)人も多いですよ」(45歳男性)などの声もあります。

身体の関係をもち、近づくにせよ遠ざかるにせよ、それまでの態度と一変してしまう女性に対しては、警戒心を抱く男性も多い傾向なのではないでしょうか。

「ちょっと様子見」の烙印を押されてしまえば、男性から二度と自発的な連絡がこなくなる可能性も高まります。

 

 

関係を持ったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向3:違和感を抱かせる

 

正直なところ、身体の相性も男女の関係においては、重要なテーマ。

それだけに、何らかの“違和感”があると、男性としても「ん?」と立ち止まるキッカケになってしまい、関係をもったあとに連絡しなくなるパターンもあるのが実情です。

「つい最近、初めて一夜をともにしてみて、なにかと生活のリズムが違うなって思った40代女性がいました。違和感があったので、申し訳ないけど、その後は疎遠に」(43歳男性)という声もあり、行為そのものへの違和感というよりも、一緒に過ごしてみて「なんか違う」と感じるケースもあるのが実態です。

こればかりは、相性の問題が大きいので、女性側はどうしようもない部分でもありますが、身体の関係をもつ前に、生活スタイルや物事へのリズムなどの“波長”は、よくチェックしておくに越したことはないかもしれません。

 

意を決して関係をもったのに、その後、相手の男性からいっこうに連絡がこなければ「遊ばれた!?」と思ってしまうのも、女性の心理。

しかしそこには「遊びだった」というライトな理由以外にも、こんな事情が潜んでいる場合もあるようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク