いつもの「ゴムだけ結び」を1分で上級に!くずしひとつ結び・横くるりんぱアレンジ3選

夏は髪をおろしていると、汗で首にはりついて不快になりますよね。見た目にもスッキリとまとめたほうが、涼しげです。

 

そこで、今回は巻かずにおしゃれに見えるひとつ結びや、くるりんぱを応用したアップスタイルをご紹介します。

 

アップスタイルは浴衣やお呼ばれのシーンにもマッチするので、ぜひトライしてください。

 

アレンジ1・ピンいらず! ゴム2本でできる簡単シニョン

毛先を遊ばせたラフなシニョンは40代の定番アレンジのひとつ。「ピンで留める」という難しく、面倒な工程はなく、ゴム2本で結ぶだけでできるお手軽さ。

 

ポイントは、最初にひとつ結びをして後頭部のふくらみをつくっておくこと。そうすれば、シルエットもきれいで崩れにくくなります。

 

直毛や髪がかたい人は毛先だけでも巻いておくと、まとめやすくラフな雰囲気も出しやすくなります。

 

<プロセス>

1.耳の高さでひとつ結びにする

毛先を巻き、シアバターをもみ込む。髪を耳の高さでひとつにまとめ、根元を1回ねじってからゴムで結ぶ。毛量が多い人以外はミニゴムでOK。ねじることで、後頭部に自然なニュアンスが出るので、普通のひとつ結びのときにもやってみて。

 

2.後頭部の髪を引き出しふっくらと

 

結んだゴムの部分を片手でおさえ、後頭部の内側に指1本を入れて少し引き上げます。こうすると簡単に後頭部全体がふくらみ、若々しく見えます。

 

3.毛束を折り曲げて上からゴムで結ぶ

結んだ毛束の中間あたりを折り曲げておだんご状に。ミニゴムを上から2~3回通してしっかり留める。この段階では小さなおだんごで大丈夫。

 

4.内側の毛束をつまみ、左右に広げる

丸まった毛束の両端の内側を指先でつまみ出し、左右に広げておだんごを大きくする。表面の髪ではなく、内側を引き出すのがポイント。

 

正面から見るとこんな感じです。おくれ毛はあまり出さず、顔まわりに自然に落ちる毛束を残す程度に。毛先を巻いておくと、手抜き感やお疲れ感がでません。ちょっとしたひと手間はかけてあげましょう。

 

アレンジ2・くるりんぱを使った夜会巻き風アップヘア

オフィスでも浮かず、およばれでは大人の女性らしい華やかさが出せる夜会巻き風アップスタイル。

 

ねじりあげてピンで留めるのは、難易度が高いので、「くるりんぱ」を応用した「横くるりんぱ」の崩れにくいアップスタイルを紹介します。

 

バックスタイルはこんな感じです。仕上がりをイメージしてから、プロセスをチェックしてください。

 

<プロセス>

1.頭皮からはなしてひとつに結ぶ

毛先だけでもアイロンで巻き、シアバターをもみ込んで髪をひとつにまとめる。低い位置に結んだら、結び目をずらして頭皮から離す。

 

2.ゴムの上を横に割り、穴を開ける

頭皮から離して結んだことでたるみができているので、そこを上下に分けるように、穴を開ける。横から指を入れて空間をつくる。

 

3.毛束を通して「横くるりんぱ」

2でつくった穴に毛先を横から通してくるりんぱ。左右どちらからでも、自分がやりやすいほうで大丈夫。また、髪が長い人は2回通すといいでしょう。

 

4.毛先をねじってピンで留める

穴に通して引き出した毛先を上に持ち上げてねじる。毛先近くをピンで留め固定。

 

ねじった毛束が落ちてきそうと不安なときは、Uピンをさらにさして固定。ピョンピョン飛び出す髪が気になるときもUピンを使って。

 

正面から見るとこんな感じです。すっきりとまとめたアップスタイルなので、おくれ毛はほんの数本たらすイメージで。

 

おくれ毛なしで、大ぶりのイヤリングやピアスをつけてもおしゃれです。

 

アレンジ3・巻かなくてもOK! こなれひとつ結び

今回、アレンジを教えてくれたRamie の新谷さんが、簡単にこなれ感が出せるひとつ結びをセルフアレンジで披露してくれました。

 

低い位置にまとめたひとつ結びです。えり足のところに少したるみをつけるのがポイント。

 

ただし、はじめからゆるく結ぶとだらしない印象になるので、しっかり結んでからゆるめるのがコツなんだとか。

<プロセス>

1.シアバターをなじませ、手ぐしで束感を出す

シアバターを指の間までのばすのがポイント。髪をまとめる方向に向かって手ぐしを何度も通しながらなじませる。

 

指を立てるようにすると、束感が出やすくなる。

 

2.しっかり結んでからゴムを下にずらす

えり足の低い位置に結んだら、根元を片手で抑えてゴムを下に少しずらす。ゴムの上をおさえておくことで、ゆるみすぎが防げる。

 

3.少しずつ毛束をつまみ出し立体感をつける

後頭部のあたりではなく、結び目の上部から少しずつ毛束をつまんで、凸凹をつくる。ゴムをおさえて引き出しすぎないようにして。

 

できる人はゴムを毛束で隠すと見栄えがよくなります。

手ぐしで束感を出しているので、ラフな印象に。スタイリング剤をつけていないと束感は出ないので、夏でもシアバターやオイルクリームをつけて。

低い位置で結ぶので、おくれ毛なしのほうがバランスよく決まります。

 

さみしいなと感じたら、垂れ下がるタイプのイヤリングやピアスをつけるとおくれ毛のかわりになってくれます。

 

教えてくれた人

新谷千絢さん/Ramie GINZA

簡単アレンジからパーティヘアまでまとめ髪が得意。また、女性らしいくびれヘアにも定評あり。

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

「正しい髪の洗い方」知ってた?抜け毛、頭皮のニオイを防止するシャンプーのやり方4ポイント

美肌も美髪も一日にして成らず。日々のお手入れが欠かせません。そのお手入れも実は特別なことではなく、「正しく洗う」ことだけ。でも、この「正しく洗う」ことができていない人が多いのが現実です。子どものころ、…

【ミディアム】うねり、ぺたんこオバ髪は「動き」でカバー!若見え3スタイル

ボブやショート人気におされ気味のミディアムですが、女っぽさを表現するにはもってこいのレングスです。また、ある程度長さがあることで加齢による髪悩みもカバーしやすい利点もあります。ひとつ結びなどまとめ髪に…

【ショートボブ】40代は毛先の動きで「おばさんショート」回避!人気ヘアカタログ

40才を過ぎると髪を短くする人が多い、という話を美容師さんからよく聞きます。たしかに40才以上をターゲットにしたヘアカタログでは、ロングよりもショートの割り合いが多くなっていますし、周囲を見渡せば短めヘア…

40代ミディアムのすっきり簡単まとめ髪 広がる・うねる髪のヘアアレンジ3選

ボリュームが減ってくる年代なのに、この時期は髪が広がり扱いにくさが倍増。朝、きれいにまとめたつもりでも昼頃にはうねうね、ちりちり……ってこと、ありますよね。梅雨の時期はダウンスタイルをあきらめて、まとめ…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事