ゴワつき肌は乾燥のせいじゃない。大人には◯◯ケアが重要だった!

寒くなって来ると乾燥も本格化しますよね。肌がゴワゴワしているような気がしませんか? ゴワつきの原因は、乾燥だけではないことがあるんです。

保湿をしても肌がしっとりしないなら、疑うべきことと実行すべきお手入れがあるのです!

保湿をしても肌がゴワゴワするのはなぜ?

fotolia_108109925_subscription_monthly_m

もともと皮膚はセラミドやNMF(天然保湿因子)、皮脂などのうるおいを守る保湿物質を持っています。保湿物質がバランスよくあれば、うるおいのある肌でいられるわけです。

 

しかし加齢で新陳代謝が鈍ったり、皮脂を出す皮脂腺や汗を出す汗腺の働きが鈍ったりするとこの保湿物質は作られにくくなってしまいます。すると肌が乾燥しやすくなっても不思議ではありません。

 

だから保湿で肌にうるおいを与える…というのは正解。でもうるおいがゆきわたって、しっとりしているでしょうか。もしも保湿しても肌がカサつき、しかもゴワゴワしていると感じたら、乾燥だけが原因だと考えないほうがいいでしょう。

 

それは角質に問題が!

ゴワゴワ肌の場合、皮膚の表面を守るために覆っている角質に問題があることも考えられます。正常に機能していれば角質は新しいものと入れ替わっていきますが、これは肌の新陳代謝がスムーズであることが条件なのです。

 

乾燥していても角質に問題がなければ、保湿でしっとりと本来の肌に戻りますが、古い角質が溜まっていたら、せっかくの保湿成分もうまくゆきわたりません。するとゴワゴワ肌が解消されないままになってしまいます。

 

冬だからオトナ肌には角質ケアを

 

Romantic girl

アラフォーになると新陳代謝が鈍くなり始めるという事実です。身体だけではなく、肌も同じですから、はがれ落ちてくれるはずの古い角質が残りやすくなっています。オトナ肌のゴワゴワの原因は古い角質を疑うべきです。

 

さらに冬の肌は寒さによる冷えも関係します。冷えで肌の血行がうまく行われないと、新陳代謝を行うために必要なエネルギーが不足し、古い角質がはがれにくくなるのです。冬という季節とオトナ肌のスキンケアには角質ケアをプラスする必要があります。

この角質ケアの方法は2つ。

 

1・ホームケアで古い角質を定期的に落とす

2・美容皮膚科で古い角質をきっちり落とす

 

角質ケアの役割は古い角質を落とすことで新しい角質が新しく生まれるようにさせるためですが、よりスキンケアの効果を出させるという役割もあります。角質ケアというとオイリー肌や毛穴ケアのイメージがあるでしょうが、乾燥肌対策の一環としても必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事