1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。

アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。

ですが、ほうれい線は笑ったときにできる境界線で、言わば幸せ顔の証しでもあります。

「それよりももっと気にするべきは、ほうれい線の起点、小鼻の横にある溝です!」と、顔筋ケアのパイオニアKatuyo(かつよ)氏は提唱します。

口元に仮面ライダーのような溝があると、相手に不快感や嫌悪感を与える意地の悪い不幸そうな顔に見えてしまうそうです。

また、俗に言う「マリオネットライン」も老け見えの原因。では、どうケアすればいいのでしょうか?

 

小鼻の横にある溝は、なぜできる?

 

1C4A0231

小鼻の横、この赤い線の部分にある溝は、「鼻周りのコリ」が影響しているそう。コリができる原因はさまざまですが、下記の☑項目が当てはまる人は、鼻周りの筋肉がかたまりやすく、コリができやすいといえます。溝が深くなる前に、意識してコリをほぐすようにしましょう。

イライラして、小鼻に力が入りがち。

営業スマイルなどで常に口角を上げて、頬を緊張させている

アレルギーなどで、しょっちゅう鼻をかんでいる

ガマンしがちで、口のまわりに力を入れるクセがある

 

顔のコリを探すには「ボールペンの消しゴム」がおすすめ!

1C4A0024

まずは、実際に小鼻の横のコリを探してみます。いちばんのおすすめは「消せるボールペンの消しゴム部分」。先端が丸く肌を傷つけない、消しゴム程度の弾力がある細いスティック状のものを用意してください。以下、仮に消しゴムと呼びます。

探し方は簡単。

1・小鼻の横のへこんだ部分に、消しゴムをあてます。

2・小鼻の横の溝に沿って、下から上に動かしていきます。この場合、ペンは一方向だけに動かします。だいたい1㎝ぐらいでOKです。

3・コリがわからない場合は、ペンの角度を倒したり、方向を少し変えたりしてみてください。

いかがでしたか? 消しゴムがなめらかに動かず、ひっかかる、コリコリ、あるいはゴリッとした感触がありましたか?

その部分が「顔のコリ」です。これをほぐすことで、しわ、たるみを食い止めるのがKatsuyo先生の顔筋ケアです。

 

小鼻横のコリのほぐし方の基本ルール

20160917008

消しゴムで自分のコリを見つけたら、次にその部分を指でほぐしていきます。ポイントは、以下に詳しく説明しますが「横へ向けてほぐす」ところ。

 

1.使うのは、ひとさし指の第2関節の曲げた部分

手をグーの形にして、人差し指をやや浮かします。コリのある部分にひとさし指の第2関節をあて、ピンポイントでほぐします。

2.イタ気持ちいいくらいの力を入れる

自分でコリをほぐそうとすると、手加減をしてしまいがち。こんなに強くやってもいいの?というくらいの強さで行ってもかまいません。正しくコリをほぐしたあとは、じんわり熱を感じます。ほぐし終わったあとに熱を感じるかどうかを力かげんの目安としてみてください。

How to do

1C4A0437

 

1.小鼻の横の溝に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節で、しっかりと押します。

3.力をかけたまま、真横に指を1㎝ほど動かします。鼻の骨から筋肉をはがすようなイメージで。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。このとき鼻の骨に沿ってではなく、瞳孔から小鼻を結ぶ線上を移動します。反対側も同様に行います。

※コリをつぶすというよりも、鼻の骨から筋肉をはがすように行うのがポイントです。

 

ほうれい線のケアをしたいのに、鼻のワキ……?と思うかもしれません。

ですが、肝心のほうれい線の起点となる小鼻の横にある溝は、第一印象を左右する大事な場所であると同時に、ほうれい線の起点となる場所。

いくらほうれい線をケアしても、この小鼻横にある溝が深ければ意味がありません。

まずは溝の深さを自覚し、毎日数分のコリほぐしケアで、早めにコリをつぶしましょう。

 

 

老け見えの原因「マリオネット」、口元のコリはココにある!

201609130001

もう一つ、ほうれい線が気になる人ならコリが溜まっているのが口元。

 

A:鼻と唇の間。この部分に”コリ”があると、縦に細いシワができてしまいます。考えごとをしたり不機嫌なときに「んー」っと口をすぼめる人は”コリ”ができやすい場所です。

B:唇のすぐ下。この部分に”コリ”があると、肌表面がボコボコに。無意識にあごに梅干しをつくるクセがある人は注意。

C:口角。ガンコな人や考え込みやすい人、営業スマイルでいつも笑っていなければならない人に”コリ”が発生しやすい場所で、ほうれい線のシワを深めてしまいます。また、片方だけでかむクセがある人は、片方だけに”コリ”がうまれ、顔の左右差が大きくなります。

D:口を閉じたときに、口角の横から下にかけてでるマリオネットライン。うっすらでもラインが出てくると、老け顔を招いてしまう場所です。自分の感情を抑えて、ストレスを感じるなどして、口のまわりに力がかかることでできやすくなります。

1C4A0024

口元も鼻と同様に、消しゴムを肌にあて1㎝ぐらいの幅で横に動かしてみてください。コリコリと音を感じるところが”コリ”です。この音が大きいほどこっている証拠。もし”コリ”の音がしなければ、少しボールペンを浮かせて位置を変えて再度動かしてみましょう。”コリ”のない部分をいくらケアしてもムダです。”コリ”を的確に探しあてることが、”コリほぐし”の第一歩になります。

20160917008

こりをほぐすときの指の使いかたも鼻と同じ。ひとさし指の第二関節で。

A:鼻と唇の間のほぐし方

20160917001

How to do

★の位置からスタート

1.上唇のすぐ上の溝の部分に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節で、しっかりと押します

3.力をかけたまま、口角に向かって真横に指を動かし、鼻の下の溝を開くように指を滑らせます。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。

歯ぐきを感じる深さまで力を入れるのがコツです。若いうちは肉厚なのでシワが目立ちませんが、年齢とともに肉がそげ落ち、肌が薄くなりシワシワが目立つようになる前にケアを始めましょう。

B:唇のすぐ下のほぐし方

1C4A0295

How to do ★の位置からスタート

1.下唇とあごの間のくぼみに、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.人差し指の第2関節で、しっかりと押します。

3.力をかけたまま、口角に向かって引き上げるように指を動かします。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。

歯ぐきを感じるほどの力でしっかり行いましょう。この部分は、大きなコリが目立つ場所。老けて見えるだけでなく、見た目にも美しくないので、コリをつぶしなめらかできれいな口元を手に入れましょう。

C:口角のほぐし方

1C4A0300

How to do ★の位置からスタート!

1.口角の横に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節でしっかりと押し、溝を感じたらその部分をつぶすように動かします。

コリを引っかけてつぶすイメージで行いましょう。

D:マリオネットラインのほぐし方

1C4A0304

How to do ★の位置からスタート!

1.口角の真下よりやや内側、フェイスラインのあご骨の上に、ひとさし指の第2関節をあてます。

2.ひとさし指の第2関節で、しっかりと押します。

3.力をかけたまま、マリオネットラインを切るように、シワに対して90度の角度で内側から外側に、指を動かします。

4.少しずつ指の位置を上にずらし、①~⑤までを同様に3セット行います。

歯ぐきを感じる深さまで力を入れましょう。いつの間にかふかくなってしまったマリオネットラインは、一筋縄ではほぐせません。ここではマリオネットラインに対して垂直に、切るようにほぐしていきましょう。内側から外側に向かって、ひとつひとつコリをしっかりとつぶしましょう。

 

 

「口元は、老け顔か否かを左右する要の場所」とKatsuyoさんは断言します。いつものスキンケアに口元のコリほぐしをとりいれてみてはいかがでしょうか?

 

 

▼関連記事▼

〉〉目尻のシワもほうれい線もほおのたるみも、元凶は◯◯◯だった!

〉〉老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!

 

 Katsuyo

Katsuyo(かつよ)

顔筋コーディネイト®考案者、美容研究家、美容サロン・スパメニューコンサルタント。

2000年に「スペリアルサロン」を東京・南青山に設立。過去1万回以上の施術を通じて、顔筋(表情筋)のトラブルに多数向き合い、

現在は、講演活動をはじめ個人の顔筋診断やメソッド指導も行っている。

顔筋コーディネイト®の施術は、国内外にて幸せ顔・愛され顔づくりのプロとして定評あり。

 main

 

『逆引き アンチエイジング事典』

Katsuyo(かつよ)著

定価:本体1,300円+税

発売日:2016年9月2日(金)

判型・ページ数:四六判・160ページ

ISBN:978-4-07-417303-7

http://books.rakuten.co.jp/rb/14379023/

 

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

薄毛、白髪、コシのなさ…「40代からの髪悩み」を解消する5つのアイテム

肌同様、見た目の印象を大きく左右する髪。そんな髪も年齢を重ねるごとに悩みはふえていきます。すこやかな頭皮環境や毛髪をとり戻すために、ヘア専門の美容ライターが使っているアイテムは?悩み別に教えてもらいま…

ギョッ、それは痛いオバサンだわ…40代独身女性が意外と無意識にやっている4つのコト|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「オバサン記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(10…

英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした|NG英語ランキング

日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。オトナサローネの連載で「いちばん読まれた英語」こそが、みんなが「わからなかった英語」です!そして意外にも、「わからないof…

【ランキング】まんが10秒ゆるみ、みんなが読んだ記事は?人気ストレッチ5選

ちょっと伸ばしてほぐすだけでピンと効く!オトナサローネで人気の柴先生のワークが、10月17日に「3コマ・ストレッチまんが」として発売されました。オトナサローネでは3週間に渡って毎日書籍の中身を先行配信中。…

【男の心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説|恋愛ランキング

オトナサローネで大人気の恋愛記事。みんなが気になるのはやっぱり男性心理…?よく読まれている、人気の恋愛記事をランキングでご紹介します。1位・【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイ…

手の力を抜いてみて?「指が丸まってる人」はスマホ肩こりかも|ストレッチ人気ランキング

日頃から「なんだか不調」ではないですか? 自分自身がOLとして「身体にかけていたストレス」と向かい合いなおし、現在はストレッチインストラクターとして女性の健康改善を発信する青柳さん。彼女の記事を見てみる…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ヘアアレンジ記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?|男の本音ランキング

何歳になっても永遠に気になる恋愛ばなし。40代働く女性メディア・オトナサローネでも根強く人気があります。中でも人気が高いのは「男の本音」!ではどんな記事が人気なのか、ベスト5記事をランキングでご紹介!1位…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事