【女性→男性のセクハラ】40代女性がやってしまいがちな【職場でのNG行動】とは?

 

「ほんの挨拶のつもりだったのに、大変なことになった……」

あなたの普段の言動や行動は、相手にとってセクハラになっていませんか?

または、職場のデリカシーのないオバさんを見て、「セクハラだなあ」と思ったことはありませんか?

今回は、現代の社会問題ともいえるセクハラについて、いろいろな方たちからご意見をうかがいました。

ヤバッ! これってセクハラだったかも

「何年か前の話。クライアント訪問で新人くんに同行した時のことです。移動中は、彼となかなか話の接点が見つからず、ほぼ無言で歩いていました」

そう話すのは、IT関連企業におつとめのKさん(女性48歳)。

彼女にとって、親子ほど年齢が離れた男性とのコミュニケーションはもはや未知の世界。

最初こそ仕事のレクチャーや、困った時の『天気の話題』でとりつくろっていたものの、すぐに会話はとぎれてしまいます。

「ずっと張り付いた笑顔のままの新人くん。なんとか彼の緊張をときほぐしてあげたいと思った私の口から、とっさに出た言葉は……

『ところで○○くんは、今つきあってる彼女はいるの? 』

ついお母さん的な軽い気持ちで聞いてしまいました」

Kさんの質問に、新人くんは張り付いた笑顔のままで「ハイ、イマス」と機械的に返答したんだとか。

「その瞬間、ヤバッ! 今のはセクハラだったかも……と。

すぐに別の話題に切り替えようとしたんですが、ちょうどいい話題が出てこない! あの時は本当にあせりました」

現在、彼とは良好な先輩後輩関係を築いているというKさん。飲み会の席では、時おり当時のことをからかわれるんだとか。

「『何の前ぶれもなく聞かれたからビックリしましたよ! でもKさんの緊張感も伝わっていたから、深い意味はないんだなとすぐ理解しました』

と言われました。とりあえずセクハラ認定はされていなかったようで、セーフ? 」

新人くんの理解があったからややこしいことにならずに済んだというKさんは、それ以降、異性に対しては話題のチョイスに気を付けるようになったそうです。

職場の困ったセクハラオバさん

「これってセクハラだったかも? 」と自身を振り返る女性がいる一方、本人には何の自覚もなく周囲にセクハラ認定されてしまう40代女性の姿も。

「職場の飲み会で、ヨッパらって調子に乗っていた女性の先輩。隣にいた男性後輩がトイレに立った瞬間、何を思ったか彼の股間をペロッとひとなで。
一瞬、時が止まりました。

先輩にちょっとそれヤバいですよって言ったら『大丈夫。仲いい後輩だし。かわいかったんだモン♪ 』だって。お尻ならともかく、前はちょっと……」(Nさん・女性43歳・IT)

「モン♪ 」じゃなくてさ……。
“かわいかった”というセリフも、意味深に聞こえます。

「距離が近すぎる40代女性上司に困っています。
仕事の資料を見せている時、『どれどれ? 』と、僕の頭にくっつきそうなくらい顔を寄せてきて書類をのぞきこむんです。

それだけではなく、あきらかにワザと肩や胸もくっつけてきて……」(Oさん・男性35歳・IT)

男性をドキッとさせるつもりの行動が裏目に出て、ビクッとさせてしまったようです。

逆らうのも怖いので、Oさんは今でも彼女の極端なスキンシップに、されるがままでいることしかできないんだとか。

「妻とはデキちゃった婚。社内に結婚の報告をした時、『さてはクリスマス仕込みだな? 』とニヤついた女性上司に震えました。

まあ、実際そうなんですけど。なんだか薄気味悪かったです」(Tさん・男性32歳・金融)

わざわざ無粋なことを言う必要もないのに、つい余計なひとことを言ってしまうのが、セクハラオバさんたるゆえんなのでしょうか。

セクハラオバさんは同性にもしのびよる

セクハラは異性に対してだけではありません。新婚ホヤホヤのCさん(女性30歳・派遣)は、こんなセクハラオバさんにつかまり、精神的に追い込まれるハメに。

「いつも大きい声で人のウワサ話ばかりしてる先輩派遣スタッフたち。あまり関わらないようにしていたんだけど、ある日休憩室でバッタリ。

なにやら男女のアレコレの話で盛り上がっていたようで、私の夫婦生活についてもしつっこく聞かれました。

周りに聞こえるような大声だし、ものすごく恥ずかしくてイヤな気分になりました」

新婚さんは、セクハラオバさんたちの絶好のターゲット。

何とかしてはぐらかそうとしたCさんでしたが、追究は激しくなる一方。Cさんはついに耐えられなくなり、派遣元の担当営業に相談したんだとか。

「担当営業に注意された先輩スタッフたちは、一時期はおとなしくなりました。

ところが、今度は他の派遣スタッフたちに私のあることないことを吹き込んで、私をシカトするように仕向けたんです。結局居づらくなって、派遣先を変えてもらいました」

あの時の怒りはいまだに消えることはないというCさん。

「本人たちは冗談のつもりだった言動や行動が、相手を傷つけたあげく逃げ道をなくすことになろうとは、夢にも思ってないんでしょうね」

「セクハラ」と「コミュニケーション」のボーダーライン

セクハラは、いまだ「男性⇒女性」という概念が強いですが、「女性⇒男性」あるいは「女性⇒女性」、「男性⇒男性」というケースも十分にありえるでしょう。

とはいえ、本人はコミュニケーションのつもりで「髪切った?」「退社後はどこか行くの?」って聞いただけなのに、セクハラ認定されてしまったというシャレにならない出来事もあったりします。

かと思えば「今日の洋服かわいいね」という言葉が、相手にとっては思わぬ誉め言葉になったりと、もう何だかよくわかりません。

つまり、普段のなにげない言動や行動は、相手の受け取り方次第で「セクハラ」にもなるし「コミュニケーション」にもなることがある、としか考えようがなさそうです。

その線引きはなかなか難しいのではないでしょうか。

職場で何も話せなくなっちゃう! 」(Eさん・女性45歳・メーカー)
「生きづらい世の中です……」(Uさん・女性46歳・IT)

セクハラオバさん認定される前に、普段からの言動や行動に注意を払うくらいしか予防策はなさそうですね。

私は「数秒考えてから話す」ことからはじめてみようと思います。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「ヤバすぎだよ!」男が真顔で逃げ出す40代女性の下品な○○とは?

ふだんのあなたの何気ない行動に、男性は「下品な女性!」とジャッジをくだす……?「いつもメイクもばっちりだし、服装だって小ぎれいにキメてるわよん♪」なんて安心しているそこのあなた。男性は、もっと違う角度か…

「記憶にございません!」酔っぱらいアラフォー女性の迷惑行動とは?

「もう二度と酒飲まない!ゼーッタイ飲まない!」二日酔いの朝、ついこんな宣言をしてしまうことって、ありませんか?わたくしライター岡村も例にもれず、何度もこんなセリフを吐いては飲酒を繰り返し、負のスパイラ…

【男の本音】「おふくろの味」はもう古い!? 男性がまた食べたくなる愛され手料理とは?

しかし、令和です。「男性がよろこぶ女性の手料理といえば、“おふくろの味” 肉じゃが!」食の多様性が叫ばれる今日このごろ。はたして男性は、本当に女性の手料理に“おふくろの味”を求めているのでしょうか?男性が…

男性がイラっとくる!40代女性が言ってはいけない禁断のセリフとは?

「突然彼から連絡が来なくなった……」「別れを告げられた……」その理由に、なにか心おぼえはありませんか? ひょっとしたら、無意識に彼を「イラッ」とさせる禁断のセリフを浴びせてしまったのかもしれません。今回は…

【男性のリアル告白】男が陥落!モテる40代女性が見せまくっているもの

「40歳を過ぎてからも彼氏ができる女性」と「じゃないほうの女性」って、いったい何が違うの? 40代女性とお付き合いしている男性は、彼女たちの何に魅力を感じているの?これって、「じゃないほう」にとってはおそ…

年下男性が「カッケー!」と絶賛。職場のカッコいい40代女性の特徴

オフィスにいるカッコイイ40代女性って、どんな女性だと思いますか?「お仕事バリバリ」「コビない」「ブレない」。だいたいこんなイメージかもしれません。だけど具体的に何をすればカッコイイとされるのか? イマ…

あーめんどくさい!「マウンティングオバさん」効果的な撃退法

あなたの職場にいませんか?自身が相手よりも「いかに優れているか」「より幸福か」「リア充か」を全力でアピールしてくるオバさん。そして、相手が少しでも劣っているとみなすと、ただちに優位に立ったつもりになる…

【あなたは大丈夫?】もはや犯罪レベル!職場の超非常識オバさん

あなたのオフィスに潜んでいませんか?人の気持ちを土足でドスドス踏み荒らし、オフィスの秩序と空気を乱す、常識知らずのやっかいなオバさん。今回は、オフィスにひとりやふたり「いるいる! 」非常識オバさんの生…

みんなはどこまでしてる? 40代女性「おひとりさま行動」実態調査

あなたは“おひとりさま”で、どこまで行動できますか?かつては、女性ひとりというとなんとなく「さみしそう」「ぼっち感」のイメージが強く、行動を躊躇してしまう傾向がありました。さらに「女性ひとり温泉宿に宿泊…

【40代独女の恋】「私って都合のいい女?」男性の態度でわかる“本命度”とは?

自分にとっては「彼氏」カテゴリーに入っているはずの男性なのに……。なんかちょっと様子がヘン!?40歳を過ぎてから、男性とのお付き合い中にこんな不信感を覚えることってありませんか?若い時とは違い、40代の恋愛…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事