嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

スポンサーリンク

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?

「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。

それが2017年1月3日(火)夜9時からフジテレビで放送される「君に捧げるエンブレム」。

主演は櫻井翔さんで、ドラマは2年ぶりということでも話題になっています。相手役をつとめるのは大河ドラマ「真田丸」きり役でも話題をさらった長澤まさみさん。他に市原隼人さんや安藤政信さん、小林薫さん、香川照之さんなどのベテランが脇を固めています。

交通事故で脊髄を損傷したJリーガーが車椅子バスケに挑み、パラリンピックの日本代表になる。それを家族や仲間が支えるというストーリーです。

ドラマのモデルはJリーガーだった京谷和幸さん

 

実はこのドラマにはモデルがいらっしゃることをご存じでしたか? モデルになった方のお名前は京谷和幸さん。ジェフ市原(当時)のMFで、10代の頃から将来を嘱望されていました。後に奥様になる陽子さんとの結婚も決まり、奥様の衣装合わせの日に交通事故にあってしまいます。

 

一瞬で希望に満ちていた時間が消え去ってしまいます。陽子さんとの結婚もあきらめようとしましたが、陽子さんは京谷さんの妻になることを決意し、仕事のない和幸さんを働きながらサポートしていきます。

 

そこへ車椅子バスケに誘ってくれる人があらわれ、和幸さんの努力と周囲の支えてもあって、車椅子バスケの日本代表としてパラリンピックに4回出場する名選手になっていきます。

 

京谷さんの原案本は奥様との共著

 

原案の書名は『車椅子バスケのJリーガー』。

 

おふたりの出会い、事故のこと、車椅子バスケのこと、人工授精で授かったお子さんたちのことを奥様と和幸さんが丁寧に書いていらっしゃいます。その時々に自分がどんな気持ちだったのか、お互いを思いやる気持ち、それを見守る家族たち、素直な言葉のひとつひとつに心打たれる内容です。

 

年末年始は家族や友人など、自分を支えてくれる人たちとの関係をあらためて見直すタイミングでもあります。ドラマと原案の本で、自分にとって大切な人を確認するきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

『車椅子バスケのJリーガー』(京谷和幸・陽子著 主婦の友社刊 800円+税)

 

アマゾンはこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

 

 

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

おすすめ記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

OTONA SALONE編集部の最新記事

CULTUREに関する最新記事