嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

スポンサーリンク

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?

「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。

それが2017年1月3日(火)夜9時からフジテレビで放送される「君に捧げるエンブレム」。

主演は櫻井翔さんで、ドラマは2年ぶりということでも話題になっています。相手役をつとめるのは大河ドラマ「真田丸」きり役でも話題をさらった長澤まさみさん。他に市原隼人さんや安藤政信さん、小林薫さん、香川照之さんなどのベテランが脇を固めています。

交通事故で脊髄を損傷したJリーガーが車椅子バスケに挑み、パラリンピックの日本代表になる。それを家族や仲間が支えるというストーリーです。

ドラマのモデルはJリーガーだった京谷和幸さん

 

実はこのドラマにはモデルがいらっしゃることをご存じでしたか? モデルになった方のお名前は京谷和幸さん。ジェフ市原(当時)のMFで、10代の頃から将来を嘱望されていました。後に奥様になる陽子さんとの結婚も決まり、奥様の衣装合わせの日に交通事故にあってしまいます。

 

一瞬で希望に満ちていた時間が消え去ってしまいます。陽子さんとの結婚もあきらめようとしましたが、陽子さんは京谷さんの妻になることを決意し、仕事のない和幸さんを働きながらサポートしていきます。

 

そこへ車椅子バスケに誘ってくれる人があらわれ、和幸さんの努力と周囲の支えてもあって、車椅子バスケの日本代表としてパラリンピックに4回出場する名選手になっていきます。

 

京谷さんの原案本は奥様との共著

 

原案の書名は『車椅子バスケのJリーガー』。

 

おふたりの出会い、事故のこと、車椅子バスケのこと、人工授精で授かったお子さんたちのことを奥様と和幸さんが丁寧に書いていらっしゃいます。その時々に自分がどんな気持ちだったのか、お互いを思いやる気持ち、それを見守る家族たち、素直な言葉のひとつひとつに心打たれる内容です。

 

年末年始は家族や友人など、自分を支えてくれる人たちとの関係をあらためて見直すタイミングでもあります。ドラマと原案の本で、自分にとって大切な人を確認するきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

『車椅子バスケのJリーガー』(京谷和幸・陽子著 主婦の友社刊 800円+税)

 

アマゾンはこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

イケメン好きは要チェック! 演歌界の貴公子・山内惠介の魅力とは

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

初詣に行く前にチェック!願いがかなう「神様と神社のお作法」

子どものころから「柏手を打って両手を合わせる」ということは知っていても、改めて「それでいいの?」と確認すると意外に知らないのが神社のお作法。最近では神社の境内にわかりやすい案内が書かれている場合もあり…

ロンリー40代はどうすればモテるの?2017人気記事ベスト10

結局知りたいのは「どうすれば運命の1人に出会って愛されるか」。もうモッテモテじゃなくてもいいけど、やっぱり何もないと「おしまいですか?」って思うから、適度にモテたい。そんな40代の微妙な乙女心を人気記事…

止めて!私たち40代の加速するオバサン化を!2017年人気記事まとめ

すっぴんでジャージを着ていても内側から光を放っていた(と思う)20代は矢のように過ぎ、私たちは加速するジェットコースターのごとく肌も体もどんどん年をとってきました。まって、気持ちは永遠の32歳だから! 絶…

発表!みんな「前髪」とコレに悩んでた。2017人気の美容ベスト10

2017年ヘア&美容分野の人気記事は「オバサンに見えない前髪」「オバサンぽくならないヘアアレンジ」でした!1位・永遠のテーマ「ひとつ結び」。疲れて見えちゃうオバさんぽさをみんな気にしてた!https://otonasalo…

40代おひとりさまは「25年後もクリぼっち」?編集長アサミが考えた

「私は高校生3年からクリスマスはずっと明石家さんまさんと過ごしてきました!」と言い張るOTONA SALONE編集長アサミ。「だって、明石家サンタ見てるから!」(詳しくはこちら → プロのぼっちが教える!「クリぼっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CULTUREに関する最新記事