「もしかして私って老眼?」43歳イラストレーターが初めてのメガネに挑む!|100人の老眼マンガ#1

2020.01.17 WELLNESS

40歳くらいを境に、周囲から急激に「困る」と声が上がりはじめること。

その一つが老眼ではないでしょうか。

最近なんだか目が見えにくいけど。認めたくないけれど。もしかして、これが老眼?

オトナサローネでは「老眼」にまつわる40代のリアルな声に向き合います。

4人めとして話を聞かせてくれるのは、43歳イラストレーターの佐々木千絵さん。職業柄目を酷使する彼女に起きたこととは…?

【100人の老眼#3-1】

さて、そんな佐々木さんが次に体験することとは?

次の話>>>

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
イラストレーター 佐々木千絵

スポンサーリンク

スポンサーリンク