ぶっちゃけウザいんです! 男が「面倒くさい」と感じたキラキラ系40代独女の特徴

「キラキラ系」と呼ばれる、仕事も私生活も充実し、外見にもトレンド感のある女性たちは、基本的にはモテ系であるのは確か。

しかし、そんなキラキラした40代と交際し「めんどくさい……!」と感じた男性たちもチラホラです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、キラキラ系40代女性にありがちながらも、男性たちが「ウザいよ!」と感じやすい特徴に迫ります。

 

男が「面倒くさい」と思うキラキラ系40代独女の傾向1:彼氏の外見に細かく口出し

 

自身が外見に気を配っているせいか、キラキラ系40代女性には、彼の外見に厳しいジャッジメントをくだすタイプも少なくない実態に。

「元読モの40歳女性と交際したんですが、俺の服装や髪型が『ダサい』と言い切り、無理矢理に改造されました。正直、俺は外見には清潔感さえあればどうでもいいし、かなり面倒くさかったです」(43歳男性/製造)

「モテ系のマスコミ勤務42歳女性といい感じになったんですが、僕の服装が気に入らないと言って、彼女好みの店で無理に服を何枚も買わされました。とんだ散財だったし、ウザいとしか思えなかった」(46歳男性/建設)

女性が「良かれ」と思ってのアドバイスでも、外見に無頓着、あるいは無頓着そうに見えて彼らなりにこだわりがあるところを突かれると「ウザい」につながりがちなのは否めません。

 

男が「面倒くさい」と思うキラキラ系40代独女の傾向2:スマホの写真撮影スキルに文句を言う

キラキラ系の40代女性には、インスタグラムをはじめとしたSNS投稿に熱心なタイプも多い傾向です。そして、そんな女性と付き合うと、カメラマンのように彼女が納得する写真を撮らねばならない彼氏も多いようで……。

「フォロワーがそこそこ多い40歳のキラキラ女性と少しだけ付き合いましたが、どこかに出かけるたびに写真を撮らされ、さらに自分が気に入る写真が撮れるまでなんども撮り直しをさせられて疲れました。僕の撮影スキルがなさすぎると怒られまくっていて、正直デートのたびにイラつきました」(43歳男性/マスコミ)

「インスタに熱心な40代女性とよく食事に行きますが、構図やらシャッターのタイミングやらに細かな注文をつけてきて、僕に写真を撮らせるのが面倒くさい。見た目はタイプなんですけど、だんだんとウザく感じてきて、今はちょっと距離を置いています」(42歳男性/不動産)

男性を、SNS用の専属カメラマンのごとく扱ってしまうと、男性からは不満が出がちに。その場を楽しむより、SNSのためにデートをしているかのような雰囲気になりがちなのも、非モテになるポイントと言えそうです。

 

男が「面倒くさい」と思うキラキラ系40代独女の傾向3:デートのお店や過ごし方の“格”に細かい

40代のキラキラ系女子は、トレンドに敏感な人も多いもの。しかしそれを男性にストレートにぶつけてしまうと、彼らの不満のタネにも。

「若い頃、港区でガンガン遊んでいた41歳の女性と親しくしていますが、俺が提案するデートの行き先や店に文句ばかり言ってきて、ぶっちゃけウザい。こっちは財布事情もあるんだし、もっと自然体で楽しみたいのに」(43歳男性/IT)

「僕はまったりとした時間を過ごすのが好きなんですが、今付き合っている42歳の彼女は、やたら“映え系”のデートが好きみたい。僕の提案に『田舎臭い』『もう子供じゃないんだから、勘弁して』って文句を言うんですが、正直、精神的に疲れました」(45歳男性/工場経営)

デートの過ごし方にこだわりがある40代女性ほど、彼氏にも素直な要望を伝えてしまいがち。しかし、女性が悪気なく言っている要望でも、男性には重いプレッシャーになる場合も少なくありませんよね。

 

今どきの40代女性たちは、パワフルかつまだまだ現役。いわゆる「キラキラ系」の生活を謳歌し、仕事もプライベートも充実させている人も多いのが事実です。

しかしそんな彼女たちにありがちな「ハードルの高さ」が、男性たちのストレスのタネになっているのも、また事実なのでしょう。お心当たりがあったかたは、よろしければ参考になさってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク