40代独女が「この人とは無理」と感じた幼稚すぎる40代男性の口グセ3選

40代ともなれば、年齢なりの知性や経験を備えたパートナーと恋愛したいのも女心。しかし、付き合った男性が、想定外に幼稚なタイプでゲンナリ……なんてことも“あるある”です。

異性関係は、深い仲になって気を許した途端に本性が出やすい傾向もあるため、“取り繕った顔” しか見えていなかった場合には、幻滅もひとしお……ですよね。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、40代女性が「こんな男とは、無理」と感じた40代男性の幼稚な口ぐせに迫ります。

 

幼稚な40代男ほど言いがちなセリフ1:「美味しい」

「半年ほど付き合った40代前半の彼は、何を食べても“美味しい”しか言わない人でした。最初のうちは、なんとも思っていなかったのですが、どこで食事をしても、何を食べても、本当にそのひと言しか発しないので、失礼ながらも、だんだんとバカっぽく感じるように。

私の手料理にもその調子で、抑揚のない『美味しい』のひとことは、まるで通り一遍の社交辞令にしか聞こえず、“何がどう美味しい”みたいなバリエーションも皆無。もしかしたら、実際の味に関係なく“美味しい”って言うのが礼儀だと本気で思っていたのかもですが、いかにもセリフじみたその口グセが妙に癇に障り、別れる直前にはイライラしていましたね」(44歳女性/サロン経営)

本来「美味しい」は、周囲をハッピーにする言葉なはず。しかし抑揚なくセリフのように繰り返されると、芸のない様子からの“幼稚な感想”にしか聞こえなくなるかもしれません。

 

幼稚な40代男ほど言いがちなセリフ2:「すごいね」

「優しいのが取り柄だなって思った取引先の男性と交際したのですが、おとなしいタイプだとは思っていたものの、デートでは会話に深みがなくガッカリ。どこに行っても何を食べても、こちらが何を話しても、大抵の会話に『すごいね』と相槌を返してくるだけで、会話に広がりが出ないんです。

否定されているわけではないものの、あまりにもコレばかり言われると、会話が薄っぺらくなるし、まったく面白くないですよ。せめて“何がどんなふうにすごいのか”を言ってくれれば、会話が続くのかもしれないけれど。

すぐに飽きてしまって、結局、交際は長くは続きませんでした」(40歳女性/専門職)

「すごいね」も、日常的に会話で使われるフレーズ。しかし頻発する上に、このひとことだけで会話が終わってしまうとなれば、確かに幼稚な会話に感じても無理はないでしょう。

 

幼稚な40代男ほど言いがちなセリフ3:「楽しい」

「ちょっと陰気な雰囲気はあったものの、おっとり系かなと付き合ってみた2歳年下の年下男性は、何度かデートをしましたが、あまりにもボキャブラリーが幼稚で、すぐに嫌になってしまいました。

遊びに行っても食事をしても映画を観ても、基本は無言。私が感想を聞くと『楽しい』って返ってくるんですけど、そのひとことしか出てこない。普通は、そのときに体験していることとか食べているものとかに関連で、話題が広がっていくと思うんですけど、そういう知識が一切ないのか、とにかく『楽しい』しか言わないんですよ。

結局、数回のデートでは私が一方的に話していないと無言が続いちゃうし、幼稚な会話でなんだか疲れるしで、すぐに別れました」(43歳女性/不動産)

「楽しい」はポジティブな言葉ですが、こちらも、文字通り“それしか言わない”になると、深みのない会話に聞こえがち。大人の会話であれば、どんなふうに楽しいのかを多くの語彙で表現してもらいたいと思ってしまっても無理はありません……。

 

幼稚さを感じさせる男性は、一見するとポジティブに聞こえるフレーズをむやみに多用する傾向も。何をしても同じフレーズしか口にしない様子は、深みのない会話に感じがちですし、会話も広がっていかないですよね。それなりに恋愛経験も社会経験も積んでいる40代女性だからこそ、こういった男性には物足りなさを感じやすいかもしれません。

 

(イラスト/うた まさぽ)

スポンサーリンク