関わると時間のムダ!「自分のことしか考えていない男」の前兆って?

「自分のことしか考えていない男」に関わってしまうと、女性の幸せは遠のきます。

しかし巷には、深い仲になるまでの間はエセの“優しさ”を演じつつ、結婚した女性には思いやりを示さない厄介なタイプの男も。

この手の男に引っかかってしまうと、大事な人生でムダな時間を費やすハメにも陥りやすいので、早い段階でサヨナラしておくに越したことはありません。

そこで今回は、一見すると“いい人”そうなフリをしていても、根底では自分のことしか考えていない男に潜む前兆をお話します。

 

1:“友達”を「自分にとってどんなメリットがあるか」で選ぶ

 

自分のことしか考えていない男は、文字通り“自分軸”でしか物事を捉えないので、一般的な人たちが対等な関係で築く“友人関係”に関しても、つるむ相手を選ぶ基準が「自分に何をしてくれる相手なのか」だけに偏りがちです。

友人の年齢には関係なく「アイツは、俺にとって●●だ」の“●●”の部分が、その男にとって「気持ちいい」「心地いい」と感じる要素を与えてくれる人物だけを近くに置きたがります。

例えば、いつも食事をご馳走してくれる先輩は「あの人は、俺のことを可愛がってくれる先輩だから(自分を肯定してくれて、さらにお金という形で示してくれるから)」、いつも自分が食事をご馳走している後輩は「アイツは、俺を尊敬してくれているから(虚栄心をくすぐる言葉をたくさん言ってくれる気分のいい奴だから)」などの理由によって、選別するというわけです。

そんな“よこしまな本心”をストレートに口にする男は少ないのですが、彼がどんなタイプの友達とどんな付き合いを好むのかを冷静にチェックしてみると、一般的な“友人関係”とズレた関係性を見破れるケースも多々あります。

 

2:プレゼントを贈る際に彼女の好みより自分の好みを優先する

 

彼からプレゼントを贈られるシーンで、そのプレゼントを選ぶ基準が「彼女の好み」なのか「彼の好み」だけなのかによっても、男の本性が推測できます。

自分のことしか考えていない男は、愛する彼女へのプレゼントであっても「それを贈る俺」しか見えていないので、選ぶブランドにしてもデザインにしても、“彼女の希望はお構いなし”で、常に自分のセンスだけで選びたがる傾向が。指輪などのデイリーに身につけるグッズであっても、彼女が望んでいるものではないものを一方的に贈って、悦に入るというわけです。

「彼女がこれを使っていれば、俺が贈ったってみんなにわかるし」などの見栄っ張りな理由で、彼女のセンスや希望が一切入っていない高価なプレゼントを贈ってくる男もいるので、お金をかけてくれていらといって思いやりや愛情と比例しないのも怖いところです。

 

3:いい歳して“大恋愛”の経験が一度もない

 

どんなに見た目がよかったとしても、過去に大恋愛の経験が一切ない“いい歳した男”も、なにかしらの“欠陥”があると見て間違いありません。

特に、一般的にはそこまで悪い条件には見えないのに、過去の恋愛話をしたときに違和感を抱くほど“経験値が浅そうな男”には要注意。

自分のことしか考えていない性格が災いして、女性と絆を築けないタイプであるリスクや深い仲になった女性が逃げ出してしまう性分の持ち主である可能性が極めて高くなります。

“それなりの年齢”を迎えている男なら、婚歴がなかったとしても大恋愛のひとつやふたつは経験していても当たり前です。なのにそれが「ない」ということは、やっぱり性格に難アリな前兆であるケースも多いのです。

 

一見すると「いい人っぽい!」と思う男にも、自分のことしか考えてないタイプは潜んでいます。真剣な婚活を意識している女性ほど、この手のタイプに引っかかると厄介。

少しでも「あら?」と感じる部分にお心当たりがあるようでしたら、深入りする前にさらなる冷静な目で観察しておくに越したことはありません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

#37 40代独女が「婚活」を半年やってわかったこと【40代編集長の婚活記】

アラフォーになっても結婚をしないまま、独身で45歳をむかえたOTONA SALONE編集長アサミの連載婚活記。婚活パーティに参加したのは半年前、1度はデートに至るものの、その…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

オイルじゃ足りない40代「オバ見え髪」を救済!ヘアアイテム3選【特集オトナの髪悩み】

先日、OTONA SALONEの特集記事「白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】」で、時短美容家として活動する私のヘアケアにまつわるアレコレを公開したところ、「40代になっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事