「本命昇格は絶対ない!」男性から【真剣に交際したいと思われない】」40代女性の特徴

 

「男性の浮気は若気の至り」なんて言いますが、現実は40代でも浮気する男性は浮気しますし、結婚を意識しなくなる人もいる年齢だからこそ、「たまの息抜きに彼女が欲しい」くらいの軽い気持ちで交際をする男性も増えてきます。

彼氏と自分との認識に齟齬があったら嫌ですよね。そこで、「遊びでいいかな……」と思われる女性の特徴をリサーチしました。

 

①社会貢献への意識がない

「多くの人は、最初から目の前の相手を人間扱いしません。目の前の相手が人間らしい主義主張をする様子を見て初めて人間扱いします。NOと言われなければ、相手が血の通った自由意志のある人間だと認識できない傾向があります。『遊びでいいかな?』と感じるということは、要するに一人の人間とみなせてないと言うことです。

遊び扱いされる40代女性は、NOと言えず流されやすい上に、夢や目標がないと思います。この年齢になると、社会貢献や寄与することへの意識が強まる人が多いと思うので、社会をより良くしようという考えがない人もダメですね」(40歳/男性)

 

②経験豊富そうに振る舞う

「最近は30代でも恋愛経験がない方はたくさんいます。そんな中で、私は夜の方も含めて色々と経験してきた。そんな雰囲気を出してくる女性には本気にはなれないですね。その女性にとって自慢なのか強がりなのかはわかりませんが、『それはそれは良かったですね』と言いたくなります。

後々自分もそんな自慢話のタネの一つになるのも嫌ですし、見た目のいい女性なら本気にならず何度か遊ばせてもらおうかなと思うところが精一杯ですね」(39歳/男性)

 

③八方美人な性格

「これは間違いなく『八方美人』が当てはまりますね。40代にもなると、仕事でもプライベートでも調子よく柔軟に相手に合わせられるようになるものです。仕事においてはそれはとってもいい能力で、円滑な関係を作るスキルともいえる。けれど、プライベートにおいてはデメリットもあるんですよね。

『こいつ、誰にでもいい顔してるな』って男性から思われてしまうと、おのずと軽く見られてしまうかもしれません。真剣に思われる女になりたいなら、八方美人を辞めるまでいかなくとも、いい顔は相手によってレベルを調節したほうが信頼されるようになりますよ」(45歳/女性)

 

よく思われたい、未経験なんて恥ずかしい……なんていう見えが、帰って男性の遊び心を誘ってしまっているかもしれません。注意したいですね。

スポンサーリンク