【みんなの恋バナ】ぶっちゃけ、オンラインで「真剣恋愛」できた人っていますか?

リアルに出会うオフライン。

デジタル機器を通して出会うオンライン。

 

今や男女の出会いの場所も、オンとオフの使い分けができるようになりました。ここ数年急激な進化をとげているオンライン上の出会いの場はゲームや飲み会、マッチングアプリなど種類もさまざまです。

 

でも「オンラインから始まる真剣交際って本当にあるの?」と思う人もいるかもしれません。

 

そこで今回はオンライン上で出会い、恋人ができたという男性にその出会い方と真剣交際に発展するまでの経緯について聞いてみました。

 

2020年オンライン恋愛「恋人との出会い方」マッチングアプリがダントツ!

 

「マッチングアプリのプロフィールに魅力を感じた女性にアプローチしました。約10往復ほどやり取りをして話が盛り上がったのでLINE交換。そのあと電話でやり取りするようになり、こちらから食事に誘いました。直接会って初日に告白、交際に発展しました」(27歳男性)

 

「ネットゲームで知り合った女性と結婚しました。同じギルド(プレイヤー同士のグループ)の仲間同士でチャット(メッセージのやり取り)する機会も多く、オフ会で会ったときに改めて話が合うと感じました」(35歳男性)

 

「私はチェスが大好きでよくオンラインゲームをしていました。そこに常連のプレイヤーが数人いてチャット上で会話するようになりました。今の彼女もその1人でしたね。レベルでいうと彼女は中級者くらいの腕前で私のほうが強かったので、対戦相手として挑んでくることが多かったです。いつの間にか連絡先を交換し、ゲーム以外で彼女とコミュニケーションをとる時間が増えていきました」(51歳男性)

 

「とあるアプリでマッチングし、数日チャットして趣味が合いそうだったので、こちらから『会いませんか?』とお伝えして、会うことに。会ったあとはさらに話が弾み、カフェや居酒屋などへ。4回目のデートで告白をして付き合いました」(25歳男性)

 

「今の妻と出会ったのはマッチングアプリです。マッチング後、約2週間で初めて会いました。連絡先を交換して、週末に4回ほどデートしてお付き合いすることになりました」(43歳男性)

 

出会いのきっかけは「マッチングアプリ」がダントツ!こうしたツールが気軽に使える時代になっているようです。オンラインゲームを通して交際に発展したケースも多く「同じゲームが好き」という土台があることで、コミュニケーションが取りやすいメリットもあるのかもしれません。

 

2020年「オンライン恋愛」のメリットは?

 

「好きなタイプや理想のデート、趣味や休日の過ごし方や仕事のことなど、リアルで会う前に幅広く会話していたことで、人となりや考え方が理解できるところですね」(27歳男性)

 

「私の場合は同じゲームが好きという共通点が出会いのきっかけになりました。同じものが好き、という点でオンラインゲームは恋人探しに適していると思います。自分が楽しいときは相手も楽しいと感じているので、良い雰囲気で時間を共有できます」(51歳男性)

 

「アプリは出会うという目的がはっきりしているので使いやすいです。会話がまったく成り立たないとか、何か違和感のある相手はある程度やり取りすれば分かります。会ってみてがっかり……なことも少ないのでは」(33歳男性)

 

「現在の彼女はアプリで出会いました。アプリによっては無料会員と有料会員があり、本気で彼女が欲しい!という人は本気で探せる環境があります。相手と目的が同じかどうか見極めるのが大事なのかも」(37歳男性)

 

「事前にメッセージのやり取りができる分、人柄のイメージがわく。思っていた人とまったく違う……ということが起きにくい。交際や結婚に対する考えを真剣に捉えてる人も意外と多いから恋人探しツールとして妥協なく使える。コミュニケーションのとり方の勉強にもなると思う」(43歳男性)

 

「やり取りだけじゃ、どんな人か分からない」「いきなり会うのは怖い」といった恐怖心は消えつつあるマッチングアプリ。

 

出会いの1つとして定番化されたマッチングアプリは目的に応じて多様化され、自分のニーズにぴったりはまるサービスを選べるようです。

 

真剣交際を望む人、軽い付き合いを楽しみたい人、気軽に話せる異性の友人が欲しい人。それぞれの目的に合わせたアプリを利用することで、手軽に新たな人間関係をつくることができそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク