【クイズ】FAって何の略だか言える?意外に知らない!

野球選手のチーム移籍のニュースでよく聞く言葉に「FA」があります。

 

「FA」は何の略でしょう。

 

FA元年には「オレ流」のあの人も移籍!

答えは「Free Agent」です。

 

「FA」は「Free Agent(フリー・エージェント)」の略で、「自由契約選手」のこと。一般社団法人日本野球機構(NPB)における国内FA及び海外FAの総称でです。国内FAはNPBが定める国内FA資格条件を満たし、いずれの球団とも選手契約を締結する権利を有する選手。海外FAは、NPBが定めるFA資格条件を満たし、国内外のいずれの球団とも選手契約を締結する権利を有する選手です。FA権は出場選手登録(一軍登録)145日を1年として換算し、規定の年数を経過することで得られます。

選手はFA宣言したうえで、移籍せずにそれまでの所属球団と新しく契約することもできます。残留宣言の際にあえて権限を行使したケースも。FA移籍が成立した場合、移籍先球団から移籍元球団へ金銭補償や人的補償が必要になる場合がありますが、現行の制度では外国人を除く年俸上位11位以下の選手(Cランク)のFA移籍の場合は補償不要です。

日本のFA制度は1993年のオフに導入され、2003年、2008年に改正が行われています。FA制度の前身としては、1947年から1975年まで10年選手制度がありました。

1993年にはじめてFA権を行使したのは阪神タイガースに所属していた松永浩美選手で、福岡ダイエーホークス(当時)へ移籍。同じ年にはほかにも駒田徳広、落合博満、石嶺和彦の3選手がFAで移籍しました。

初めて海外球団にFA移籍したのはヤクルトスワローズに所属していた吉井理人選手で、アメリカのニューヨーク・メッツへ移籍。それから20年以上が経過した今、多くの選手がFAの権利を使って海外に移籍して活躍の場を広げています。

新型コロナウイルス感染拡大のため、ようやく始まるプロ野球の公式戦。シーズン後にはどんな移籍がみられるのでしょうか。試合での活躍を見ながら、予想するのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク