「マスクで肌荒れ」の原因は?皮膚科医が教える3つの予防ポイント

2020.06.17 BEAUTY

マスクなしでの外出が考えられなくなったこの夏。マスクでかくれる口元部分の肌荒れに悩む人が急増中です。

 

よしき皮膚科クリニック銀座 院長の吉木伸子先生によると、この肌荒れは「汗」が原因なのだそう。

 

マスクの下で肌荒れが起きてしまう原因は

特にあご先など、マスクでこすれる部分の荒れに悩む人が増えています。肌荒れをマスクで隠していたら余計にひどくなったという声も。

 

「GWを過ぎてから、マスクに触れる部分の皮膚がかゆい、赤くなるなどの症状を訴える人が増えています」(吉木先生)

 

その原因はいったい何なのでしょう?

 

「夏場、体をゴシゴシ洗ってしまい保湿をしないと、皮膚が傷んでバリア機能が低下します。そこに汗をかくと、汗に含まれる成分であるアンモニアや塩分などが刺激となり、かゆみが起きたり、チクチク、ピリピリといった痛みが生じたりする、汗による肌トラブル『汗あれ』を起こすことが多くあります。この状態が、マスクをすることによって顔で起きているのが『マスク汗あれ』です」(吉木先生)。

 

「例年『汗あれ』は、首、腕やひざの内側、ウエスト部分などに起こりやすい肌トラブルですが、今年のようにマスクを着用すると、顔のマスクで覆われた部分にも『汗あれ』が起こりやすくなります。受診されるのは女性が多いのですが、お子さんや男性も注意が必要です」(吉木先生)。

 

マスクの内側はその湿度の高さが逆に危険

マスクをつけている分、口元は保湿され、潤っているのでは?と感じますが、その認識は間違い。

 

「マスクをすることで、皮膚の角質層がふやけた状態になります。マスクを外したとき、角質層の水分が蒸発して皮膚が乾燥し、肌のバリア機能の低下につながります。その状態でまたマスクをすると、マスクの繊維や汗の成分が刺激になり、『マスク汗あれ』が助長される、マスク汗あれスパイラルに陥ります」(吉木先生)

 

さらに、汗をかいて皮脂が気になるからとゴシゴシ顔を洗うのは、必要なうるおい成分まで洗い落とし、バリア機能の低下につながります。この2つの勘違いは、『マスク汗あれ』のリスクを助長します。

 

『マスク汗あれ』の予防に必要なのはズバリ、保湿です

「汗をかいたままにしておくと、水分が蒸発して汗の成分だけが肌に残り、刺激になりやすくなります。汗をかいたら、こまめに汗を拭きましょう。濡れタオルがあるといいですね。タオルやカーゼなど肌の刺激の少ないもので、そっと押さえるように汗を吸い取ります」(吉木先生)

 

「肌を清潔に保つためには、洗顔も必要ですが洗い過ぎには十分注意しましょう。汗やほこりはお湯だけで洗い流せます。洗顔ソープなどで洗い過ぎると、肌のバリア機能を低下させてしまいます」(吉木先生)

 

「『マスク汗あれ』の予防には、夏でも入浴や洗顔後に、必ず保湿をすることです。保湿剤は、ベタつかずさらっとした使い心地のジェルタイプやローションタイプがおすすめです。かゆみや痛みがひどい場合や続く場合は、皮膚科を受診した方がいいでしょう」(吉木先生)

 

肌荒れを起こさない!ポイント3つ

1・汗をこまめに拭く

2・清潔に保ち、ゴシゴシ洗わない

3・保湿する

[caption id="attachment_174761" align="aligncenter" width="247"] ユースキン 薬用あせもジェル  医薬部外品 140mL 希望小売価格780円+税/ユースキン製薬[/caption]

たとえば、「ユースキン 薬用あせもジェル」は、しっかり保湿して皮膚のバリア機能をサポートすることで『マスク汗あれ』を予防できるアイテムです。肌荒れを防ぐ抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム)配合で、ベタつかないジェルでさらっとうるおし、摩擦による刺激から肌を守ります。活用してみて。

 

 

 

お話/よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生

 

 

オトナサローネからは、100%天然由来成分の抗菌・除菌スプレー!

「will tool(ウィルトール)」は、グレープフルーツ種子から抽出したエキスのみを精製した、100%天然由来成分からできている抗菌・除菌スプレー。塩素やエチルアルコール、防腐剤などのケミカル成分は一切使っていません。

肌と同じ弱酸性なので、手が荒れる心配がないのです。直接肌に触れるマスクの内側にも安心して使うことができます。無臭なうえに防臭効果もあるのでにおいが気になるかたにもオススメです。

「100%天然由来 抗菌・除菌スプレー will tool(ウィルトール)」

【内容量】300ml
【希望小売価格】2,310円(税込み・送料別)
【購入はコチラ】主婦の友社 オトナサローネSHOP

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 井一美穂

スポンサーリンク

スポンサーリンク