40代の目の下のくすみやクマ。治せるのでしょうか?【皮膚科医に聞く♯4】

【質問】目の下のメイクでカバーできない黒ずみ、どうにかできますか。

若い頃から目元が暗い印象と言われがちでしたが、40代後半となった今では目の下にくすんだような影ができ、どうしてもとれません。もうメイクでもカバーしきれない年齢になりました。これはクマですか? それともくすみでしょうか? また最近、涙袋もたるんで来た気がします。どうすればいいか教えてください。(埼玉県 会社事務 47歳)

 

原因は色素沈着や目の下の皮膚の薄さなど人によって様々

アイメイクをしっかりとしている人は、目の下にくすみが出やすいと言えます。それはメイクするときも落とすときも目の下をこすってしまうから。するとその部分に細かい炎症が起きてしまい、色素沈着してしまうんです。これがメイクをしていなくても目の周りが茶色く見える一番の原因ですね。

 

あとは元々下瞼の皮膚が薄い人はクマができやすいです。と言うのは、下瞼にはたくさんの細い血管が通る場所なので、その上の皮膚が薄いと血管が透けてしまい青いクマになって見えるのです。

 

そして涙袋が大きくなって、それが影を作ってしまう人。これは残念ですが老化が大きく関係しています。年齢とともに目の周りの筋肉が緩んでしまい、眼球を支える力が弱くなってしまうと目の下の皮膚がぷくーっと出てくる。このたるみが涙袋なんですね。同様に皮膚の張りも老化とともに弱くなっているので、なおさら涙袋が影になり目の下が黒く見えてしまいます。

 

自宅ケアはアイケアが必須。塗ると塗らないじゃ10年後に雲泥の差!

目の下はとても薄くて乾燥しやすいデリケートな場所なのでアイケアは絶対必要です。寝る前、メイク前にはアイクリームを塗ること。

 

アイクリームとひとことで言っても、最近は乾燥を防ぐもの、血行を良くするもの、ビタミンCが入っているものなど様々。種類がありすぎてどれを選んでいいか迷ってしまいますが、大事なのはUVカット効果があるものを選んで、まぶたや目の下のキワまでしっかり塗ること。

 

また保湿効果の高いものを選べば乾燥によるちりめんシワを防ぐ効果もありますし、できてしまったちりめんシワも1ヶ月クリームを塗ることでかなり改善されると思います。そして毎日塗ることが何より大切!

 

高価なアイクリームをちょっとずつ塗るより、リーズナブルなものを毎日しっかり塗る方が効果的。塗ると塗らないじゃ10年後に目元のハリに圧倒的な差がついてしまいます。

 

目の下の乾燥は食事で改善できる!

血流を良くすることがアイケアにとっても大事なので適度な運動や冷え管理も毎日の習慣にしたいことのひとつです。それと同時に気をつけたいのが食事。

 

積極的に取りたいのが皮膚の細胞膜や皮膚膜を作るといわれる不飽和脂肪酸の中のオメガ3。アマニオイルやごま油といったαリノレイン酸と、DHA、EPAといった魚の油の2種類です。逆にごま油やサラダ油などのオメガ6は取り過ぎと言われていて、過剰になればなるほど炎症を起こしやすいので、皮膚が乾燥したり痒いときはオメガ6のバランスが高くなっていないか注意してみて。

 

高いなと感じたら使っているオイルをオメガ9のオリーブオイルに変えるなどしてオメガ6のバランスが下がるように意識することも大切です。

 

クリニックのケアはカウンセリングが最重要

目の下がくぼんでいるだけであればヒアルロン酸を入れて目立たなくすることもできますが、すでにたるみきっている場合は余計涙袋を大きくしてしまうのでオススメできません。また目の下の脂肪が前に出ていて、目の周りの筋肉を押している状態なら目の下のたるみを少し切って脂肪を取った方が効果的なこともあります。

 

くすみだと思ったら肝斑だったいうこともあり、その場合はレーザーが効果的。このように目の周りの判断はとても難しいんです。ですので大事なのはカウンセリング。1人の先生にお任せするより、何件かクリニックを回って自分がコレだなと思える施術を選ぶことが大切です。

 

魔法の施術はないから、何を選ぶかは自分次第

美容治療は人によって受けたり受けなかったりしますが、だからこそ大切なのは何をどうしたいのかという明確な思いです。何に困っていて、何をしたいのか。ダウンタイムが合っても大丈夫なのか、長期で通えるのかなど。痛みもゼロでお金もかからず、あっという間に綺麗になれるなんて魔法の施術なんてないんですから。

 

そして前にも話しましたが結婚式や同窓会など大きなイベントの前に悩みを解決したいのであれば、遅くても半年前までには行動を。一番困るのは「どうすればいいですか?」という漠然とした方。何をチョイスするかは自分次第なので、自分はどこの部分をどうしたいのかというように悩みを細分化することから始めてくださいね。

 

 

【募集中です】知りたいこと、気になることがある方は、フェイスブックのOTONA SALONEアカウントに記事コメントをお寄せください! https://www.facebook.com/otonasalone/

お話・友利新先生

皮膚科医・内科医

日本内科学会会員、日本糖尿病学会会員、日本皮膚化学会会員、抗加齢学会会員

沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数あり、近著に『0歳からのスキンケア』(イースト・プレス)がある。

(取材・文/根本聡子)

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

カッサカサな40代の肌。きちんと潤うための6つの「保湿の正解」とは?

前回、40代の肌はほぼほぼ全員乾燥しているという衝撃的事実が判明しました。間違いがちなクレンジング、洗顔方法に続いて、今回は洗顔後の保湿ケアや友利先生ご自身の乾燥肌対策についてお伺いします。Q1・化粧水の…

40代は全員、間違いなく乾燥肌です!「保湿しつつ落とす」皮膚科医の5つの正解ケアとは?

気温がぐっと下がり、秋めいてきた今日この頃。肌に潤いがなくなり、カサカサ感を感じ始める人も多いのではないでしょうか。でもその乾燥は季節的なものじゃなく、加齢によるものだって知ってましたか。歳を取れば取…

顔のたるみを感じたら、40代は食事とコレを変えてみて。オトナのたるみのとり方

オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせて、皮膚科医の友利新(ともり あらた)先生に、「たるみ」の原因からケアまでお話しいただきました。前編では「たるみ」のメカニズム、紫外線ケアの重要性に…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせて、皮膚科医の友利新(ともり あらた)先…

鏡の前で目を見開いてみて!眉も上がった人はこのシワに注意【皮膚科医に聞く♯5】

【質問】表情じわと呼ばれる目尻や眉間のシワがどんどん深まっていきます。最近、友人からスマホで撮った写真を転送してもらってびっくり。私ってこんなにシワが深かった? 気にし始めると、特に笑ったときの目尻の…

40代が気にする「たるみ」1位はほうれい線。どうすれば治る?【皮膚科医に聞く♯3】

【質問】ほうれい線が深くなった気がします。マッサージや顔筋トレーニングで改善できますか?友利先生、こんにちは。先日ふと気がつくと、頬のほうれい線が深くなっていて大ショック。顔筋のトレーニングや、硬いも…

頬に出てきたシミのような影。これって肝斑?【皮膚科医に聞く♯2】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。そこで美容皮膚科医の友利新先生にお悩みを…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。そこで美容皮膚科医の友利新先生にお悩みを…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事