「親密な男性」から聞かされた、この7年のまさかの話は…|人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。

それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。

(6月22日~6月28日)

 

1位・「親密な男性」から聞かされた、この7年のまさかの話は…【40代編集長の婚活記#264】

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?

 

40代の婚活パイオニア・アサミの軌跡の【マンガ版】。

 

これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

>>「親密な男性」から聞かされた、この7年のまさかの話は…【40代編集長の婚活記#264】

 

2位・電話中に英語で「どなたですか?」はなんて言う?

皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身につけた身近な表現をクイズ形式でお届けします。言葉は生きています。同じ意味でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここでは、なるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をお届けします。

電話中に「どなたですか?」って英語で言えますか?

正解は

>>電話中に英語で「どなたですか?」はなんて言う?

 

3位・コロナ禍「日本の奇跡」を生み出してしまった怪物のこの正体

特定行政書士・社会学者・ベトナム国立フエ科学大学特任教授の近藤秀将です。

私は普段、アジア地域を中心とした移民の立場を守り、日本の入管へ橋渡しをする入管実務を手掛けています。このコロナ禍ではアジア各国の自分のオフィスとやりとりをしながら、日本の立ち位置の特殊性を実感していました。

よく日本は、「同調圧力」が強い社会だと言われています。

そして、この言葉が発せられるときは、マイナスの意味をもつことが多い傾向にあります。

一方、コロナ禍においては、この「同調圧力」こそが、その拡大防止に役立っている側面が指摘され始めています。

【コロナ後の世界#3】

>>コロナ禍「日本の奇跡」を生み出してしまった怪物のこの正体

 

4位・ドキドキ…また手をぎゅっとされて、私のことどう思ってる?【40代編集長の婚活記#265】

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?

 

40代の婚活パイオニア・アサミの軌跡の【マンガ版】。

 

これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

>>ドキドキ…また手をぎゅっとされて、私のことどう思ってる?【40代編集長の婚活記#265】

 

5位・【クイズ】JAって何の略だか言える?意外に知らない!

野菜のパッケージなどに「JA」という記載を目にすることがあります。

 

「JA」は何の略でしょう。

>>【クイズ】JAって何の略だか言える?意外に知らない!

 

いかがでしたか?

来週もお楽しみに!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク