【クイズ】ブレストって何の略だか言える?意外に知らない!

一度みんなの考えを出し合ってみよう!という時に行われる「ブレスト」。

 

「ブレスト」は何の略でしょう。

 

アイデアを出し合うことでチームワークを高める。

答えは「ブレインストーミング」です。

 

「ブレスト」は英語の「ブレインストーミング(brainstorming)」の略。数人の参加者が自由にディスカッションを行い、アイデアをどんどん出していくことで、新しい考え方や解決策を出していく方法です。ブレストは議事にしたがって進められる会議形式ではなく、自由に発言することで、お互いの発想を利用して新たなアイデアを生み出すことができるという考え方のもとで行われます。「brain」は「脳」、「storming」は「猛烈な」と言う意味。また、「storm」は「嵐」などの意味ですから、すさまじい勢いでアイデアが飛び出すことが想定されているのかもしれません。

ブレストの歴史は古く、1938年のアメリカで、米国広告代理店の副社長だったオズボーン氏が考案した技法だとされています。自由奔放な発想でブレーンを刺激しあってアイディアを生み出すことを目的として生まれました。

ブレストの基本はお互いの意見を尊重することにあり、小さなことであっても、少しでも多くの意見を出し合って分析してその後の展開につなげます。こうすることで、チームワークも高まると考えられています。

ブレストで印象的なのは、それぞれの意見が書かれた大きめの付箋が無数に貼られたホワイドボードや壁などです。しかし、リモートワークの進化やオンライン会議の増加によって、この方法は難しくなるでしょう。今後は違う形に進化したブレストが登場する予感がします。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク