こんな男は逃げて正解! 40代独女がゾッとした「超危険な男の裏の顔」って?

異性から言い寄られると、よほど苦手な人物でない限りは心が動かされるもの。

何度も誘われるうちに「いい人かも」と思うようになれば、交際を考えますよね。

ところが、ある日見てしまったのが男性の「裏の顔」。

思わずゾッとした姿とはどんなものだったのか、「逃げて正解!」な男性についてご紹介します。

 

LINEの友人は”女友達”ばかり

「ジムで知り合った男性なのですが、挨拶しているうちに仲良くなり、レッスンが終わってからふたりでお茶に行くような関係になりました。

何年も彼氏がいない、と話したら

『俺だったらジムも一緒に行けるし、彼氏にいいと思うよ』

と笑顔で言われてドキドキしてしまい、好意を持ってくれているのかな? と思っていました。

ある日、いつものようにジムの後でご飯を食べているときのこと。

『ちょっとLINEの返事をさせてね』と言ってスマホを触っていた彼がトイレに立ち、画面を開いたままだったのでふと目に入ったのですが、そこに並ぶのは明らかに女性の名前ばかりでした。

あだ名やマーク入りの名前が多く、アイコンも自撮りの写真など軽い感じのものばかりで、正直引きましたね。

帰ってきた彼が、スマホの画面を見て慌てて

『みんな女友達だから。

特別な関係とかじゃないよ』

と言っていましたが、トークの一覧が女性ばかりってだけで気持ちが冷めてしまいました。

彼とはそれきりになりましたが、後でジムの友人に話したらやっぱり陰で女性を引っ掛けている有名人とわかりました……」(43歳/総務)

 

★ たまたま目に入ったLINEのトーク画面。そこに女性の名前がずらっと並んでいるのは、それだけ周りに女性が多いという証拠です。

こちらの彼女が「ゾッとした」のは、

「私には『俺も彼女がいない』『恋愛できる相手を探している』って言っていたのに、裏ではこれだけ女性とやり取りしているってことでしょ?

言葉は嘘じゃないかもしれないけど、ジムでは私がいないところで女性と話していたよって友人から聞いて、いろんな人を平行線で口説いているんじゃないかなって」

というところ。

”口説かれる目的”は何なのか、疑ってしまうような男性は好きになれないですよね。

偶然でも、LINEの中身を知れて良かった……。

 

何年も腐れ縁を続けるのが”元カノ”・・・?

「仲が良くてふたりで食事やドライブに行ける同い年の同僚がいたのですが、勇気を出して告白したら、少し考えさせてほしいと言われました。

それはいいのですが、告白してからは以前はなかったスキンシップというか、飲んだ帰りに手をつながれたり軽くハグされたり、『これって彼女にすることでは?』と思う態度が増えて。

返事がないままでもこれが答えなのかな、と思っていました。

ある日、風邪で会社を休んだ彼の家にお見舞いに行ったときのこと。

玄関をノックしたけどしばらく動きがなく、買ってきたものをノブにかけて帰ろうとしたらドアが開き、彼が出てきたのですが何だか様子がおかしい。

前は玄関で話したこともあったのに、今日はすぐドアを閉めようとするし明らかに目が泳いでいるし、部屋が散らかっているのかなと思ったら後ろから

『こんにちは~』

と女性が登場しました。

そのときの彼の動揺っぷりは今でも覚えていますが、女性を紹介してくれるでもなく言い訳するでもなく、ただうろたえていましたね。

部屋着で出てくる女性って、どう考えても恋人じゃないですか?

我に返ったので慌てて彼に『これ、会社のみんなからお見舞い』と嘘をついて荷物を渡して、すぐその場を去りました。

夜になって彼から電話があったのですが、実は三年前に別れた元カノがいて今でも”腐れ縁”が続いていること、いま”気になっている女性”は私であることなどいろいろ言われて、

『気になっているだけの女性にハグとかするんだね』

と思わず返したら黙っていましたね。

『風邪のときにスウェット姿で一緒に過ごせるような女性がいる人とは付き合えない』

『好きだったけど、もう何とも思っていない』

とはっきり告げて、電話を切りました。

元カノと仲がいいことまではアリだとしても、私より距離が近かったり中途半端に手を出しておいて”気になっている女性”と言ったり、今まで信頼していた気持ちが一気になくなって。

というか、あんな雰囲気の元カノと肉体関係がないとは思えないし、あのまま好きでいたらどうなっていたか想像したらゾッとします」(36歳/看護師)

 

★ 「元カノとは言っていたけど、現在進行系の彼女である可能性もあるよね」とこちらの彼女は話していましたが、許せないのは返事を保留にしたままスキンシップを取ってきたことです。

親しい女性がいることを隠したまま、また決定打を避けたままで関係を深めようとするのは、誠意があるとは思えません。

また、彼女の前ではこの女性の話は一度もしたことがないのも、不信感を大きくしました。

いざ交際する段階になってもその”元カノ”といきなりつながりを切るとは思えず、隠れて会うだろうことが想像できる男性なんて、まず無理ですよね。

これも偶然に男性の本性を知ることができたケースですが、付き合わなくて良かったね、と口にせざるをえないのがつらい……。

 

 

相手のペースに巻き込まれているときは、なかなか見ることができない「裏の顔」。

それでも、おかしなことをしていればいつかどこかでボロが出ます。

そのとき、違和感を無視しないこと、変だなと思ったら離れて客観的に見るのが賢い40代独女です。

見せかけの好意に騙されないよう、相手の姿をしっかり見る余裕を持ちたいですね。