【クイズ】CSRって何の略だか言える?意外に知らない!

企業が自社のCSR活動をホームページに掲載したり、冊子にして配布したりすることが増えています。

 

「CSR」は何の略でしょう。

 

実は日本はCSR先進国?

答えは「Corporate Social Responsibility」です。

 

「CSR」は「Corporate Social Responsibility」の略。日本語では「企業の社会的責任」といいます。

CSRは企業が利潤を追求するだけでなく、社会へ与える影響に責任をもち、適切な意思決定をすること。また、企業の自発的な活動として、持続可能な未来を社会とともに築いていく活動です。

CSRは20世紀前半のドイツで生まれた考え方とされています。日本では1970年代から「企業の社会的責任」という言葉がすでに使われていましたが、それは利潤を得たのちに発生するものと考えられていました。しかし、近年企業がコンプライアンスを守ることなどの観点から、考え方に変化が現れたのです。

また、従来のような環境保全の活動などだけではなく従業員の教育や福利厚生など、外向きだけではなく、内向きの活動もCSRとして必要とされるように。

なお、江戸時代の近江商人の精神である「売り手よし、買い手よし、世間よし」のいわゆる「三方よし」は、日本人にもともとCSRを育む土壌があった例として取り上げられることがあります。

興味のある方は気になる企業のホームページを見てみてください。意外な活動が見つかるかもしれません。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク