【クイズ】パリーグって何の略だか言える?意外に知らない!

コロナ禍で開幕が遅れるなど、制限がありつつも熱戦が繰り広げられているプロ野球。

 

「パリーグ」は何の略でしょう。

 

いまや人気コンテンツに。

答えはパシフィック・リーグ」です。

 

「パリーグ」は「パシフィック・リーグ」の略。正式名称は日本プロ野球組織 パシフィック・リーグ運営部といいます。

1949(昭和24)年に開かれた各球団の代表者会議で、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂。その日のうちに加盟賛成派7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足し、結団式が行われました。名称はのちにパシフィック野球連盟日本野球連盟と変更。一方、残留した球団の連盟がセントラル野球連盟、いわゆるセントラル・リーグ(セ・リーグ)です。

1960年代にテレビが普及したことで、テレビ局を関連会社に持つ巨人を中心にセ・リーグの人気が高まり、パ・リーグの影は薄くなってしまいました。しかし、1980年代の 西武黄金時代、1990年代のイチローの活躍などを経て、次第に人気が盛り返してきます。

親会社やチーム名が変更された球団もあるなど、長い時代の中ではさまざまな変遷もありました。

2005年からはリーグ戦にセ・パ交流戦が導入されるなど、パ・リーグの試合を見る機会も増え、実力や人気がセ・リーグと伯仲するように。また、多くのメジャーリーガーを輩出しています。

現在は「福岡ソフトバンクホークス」「東北楽天ゴールデンイーグルス」「千葉ロッテマリーンズ」「北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ 」「オリックス・バファローズ」の6チームで構成され、ペナントレースを戦っています。

どのチームが優勝するのか、今年も目が離せません。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク