年以内に彼氏ができた!40代女性が出会いに恵まれた2つの意外な場所

恋人を探していたり婚活をしていたりする40代女性には、コロナ禍においては、これまでのように気軽に出会いの場に行けなくなっていると話す人もチラホラ。「出会いたいけれど、今までみたいにパーティーには行けないし……」と、積極的な恋愛チャンスをつくれずにいる人も珍しくないようです。

一方、この状況においてもしっかりと(!)出会いをものにし、恋人づくりに成功したという女性も。そこで、ここ半年間に新しいパートナーができた2人の女性から、その“出会い方”について、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきがお話を聞きました。

 

1人目:41歳女性・Hさん/「ライブ配信アプリ」

「私が彼と出会ったのは、ライブ配信アプリ。彼がゆるっと配信をしていて、そこに遊びに行ったのが出会いです。正直、コロナ禍になるまでの私は、“ネットを通じた出会いなんて……”とオンラインを通じた恋愛には、消極的でした。

だけど予想以上にコロナの影響は長期化しそうだし、このままでは恋人ができないまま40代半ばになってしまうかも!? と妙に焦ったので、後輩女子に勧められたライブ配信アプリにリスナーとして登録してみたんです。出会いを目的としたアプリではないので、最初はオンライン上の友達づくりができれば、という程度の気持ちでしたが、そこで今の彼と偶然に出会えたって感じです。

私は配信することはほとんどないですけど、彼は週に何回か雑談を配信していたので、リスナーとしてファンになり、そのうちに個人的にメッセージをやりとりする仲に。話しているうちに、生活圏が意外と近いとわかり、『今度、お茶でもしましょうか』となってからは、とんとん拍子で交際に発展しましたよ。

彼も私もバツイチなので、お互いに過去に引け目を感じないからリラックスして付き合っています」

 

コロナ禍において、これまで以上にライブ配信アプリに登録する人が増えているとも聞きます。出会い目的のサービスではなくても、気が合う人に出会えれば、そこから恋が芽生えることもあるようですね。「若い子が遊ぶサービス」と決めつけずに、オンライン上の面白そうなことを始めてみるのも、意外な出会いの場に繋がるかもしれません。

 

2人目:42歳女性・Tさん/「知人の紹介によるオンラインデート」

「コロナが気になって、飲み会には行きにくいしパーティーも控えています。だけど、半年以上も新たな出会いに恵まれなくなってしまったので、これじゃあ今年もまたシングルのままだ……と、焦りも出てきて。そこで既婚の友達に相談し、出会いに協力してもらうことにしました。

最近は、オンラインデートで相性をチェックするのも流行だと聞いたので、友人に紹介してもらった男性たちと、かたっぱしからオンラインデートをしましたよ。それで、その中のひとりの人と4回ほどオンラインで会い、なかなか良さそうだったので対面デートに踏み切りました。

オンラインデートではなく、すぐに会いたがる人もいると思うので、紹介を依頼する際に、最初にこちらから『最初の数回は、オンラインデートでお願いしたい』って言っていたのがスムーズに進んだ勝因だと自分では分析しています」

 

紹介=まずは会ってみる、はもはや大昔(!?)の話になりつつある昨今。先に、自分の理想の「出会い方」を説明しておくと、オンラインを通じた出会いもスムーズに進みやすいのは、確かにありそう。

余談ですが、コロナ禍においては、男女間の価値観の違いが「感染症対策」にあらわれやすいのも事実。紹介される前に「このような方式で」と伝えることを通じて、似たような価値観を有する人をふるいにかけやすいメリットもあるかもしれません。

 

コロナ禍に入り、出会いに苦戦している人は、これまでとは「出会いの場」を変えると、意外なチャンスに恵まれそう。「オンラインは苦手で…」と思っていたかたも、今は同じように「オンライン初心者」が増えているタイミングでもありますから、以前よりは気軽に始めやすい時期かもしれませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク