深入り厳禁! オンライン上でいい雰囲気になったあとに“掌返しをする男”の実態

いい雰囲気になっても、そのまま深入りしてしまえば、そう遠くない将来に“泣き”を見る男性との恋は避けたいもの。酸いも甘いも噛み分けてきた女性も多い40代は、簡単には残念な男に引っかからない自信のある人も多いはず。しかし40代の恋のお相手ともなれば、敵もさるもの(?)で、女性たちが培ってきた恋愛セオリーがまったく通用しないパターンも散見されます。特に、オンライン上にはこの手のタイプがウヨウヨしているのも実態なのかも!?

メンタル心理カウンセラーでもある私、並木まきが、いい雰囲気になった直後に掌返しをする男のドン引きエピソードをご紹介します。

 

1:デートの“約束”をするのがゴールな男

「コロナ禍で婚活が進まず、一念発起して出会い系アプリに登録。ところが、いいなと思った相手とLINEを交換して、会う約束をした途端に連絡が途絶えました。そこまでは熱心に口説いてきたのは、向こう。でも、LINEをやりとりしてデートの約束をするまでが、彼のゴールだったみたいです。あまりに真剣に口説かれたので、まんまと騙されましたし、立ち直るまでに1週間以上かかりました…」(40歳女性/IT)

熱心に口説かれれば、その分だけ「本気なのだろう」と思ってしまうのも、女性の心理。しかし口説く目的が「デートをする」のではなく「デートの約束をする」になっている男も、オンライン上にはいる模様。

 

2:「好き」と答えただけで満足な男

「オンラインで知り合った人ですが、1ヶ月以上毎日メッセージをやりとりし、そのうちの2週間は、電話でもほぼ毎晩話すほどコミュニケーションが親密になっていました。それでいよいよ、相手からデートに誘われたんですけど、そのときに『僕のこと、好き?』って聞かれて、初めて『うん』と答えてしまいました。それまでは、何度この質問をされてもはぐらかされていたのですが、その日は『好きかも』って思ったので、素直な気持ちを伝えてみたのです。ところが、なんとその翌日から彼からの連絡が途絶え、こちらからメッセージをしても返事が来なくなり…。騙された気分になり、無性に腹が立ちましたね」(42歳女性/専門職)

「好き」を言わせることで満足する男も、世の中には稀にいます。恋愛をゲーム感覚で捉えているチャラい男にありがちな展開かもしれません。

 

3:恋人と別れさせたら消える男

「一応、恋人がいたんですけど、もはや月に1回も会っていない状況だったので、出会いを求めてオンラインサービスに登録しました。そこで知り合った人といい雰囲気になり、恋愛の状況を聞かれたので『彼氏はいるけど、もはや1ヶ月に1回も会っていない。おそらくもう終わりだと思う』と本当のことを伝えました。その人は、最初のうちは『彼氏が羨ましいよ』や『早く彼とちゃんと別れて、そのあとに僕と会ってほしい』などと誠実なことを言っていたので、すっかり安心してしまっていたのですが…、いざ私が恋人と別れたことを伝えると、その翌日から連絡が途絶えました…。散々、誠実な男性のフリをしていたくせに、彼と別れた途端に掌返しに遭いました」(44歳女性/福祉)

誠実そうに見せかけて、実は不誠実な男性も、世の中にはゴロゴロ。こういったタイプにも、恋愛をゲーム感覚で捉えている男が多く、無責任な発言で女性を惑わせるのを面白がっているのでしょう。

 

オンライン上の出会いは、ひと昔前よりも格段に安全になっているとは言え、リアルな出会い同様に不誠実な男も数多く潜んでいます。いい雰囲気になったあとに掌返しに遭えば、なかなか気持ちの整理がつかないのも女性の心理。けれど、こういったタイプには、事情はどうであれ深入り厳禁です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク