【クイズ】ボディコンって何の略だか言える?意外に知らない!

バブルのころに一世を風靡したボディコン。

 

「ボディコン」は何の略でしょう。

 

ワンレンとセットでした。

答えは「ボディ・コンシャス」です。

 

「ボディコン」は「ボディ・コンシャス(body-conscious)」の略。「体を意識している」という意味の英語で、英語圏ではファッション以外にも使われる言葉です。

身体に密着する素材を使い、ボディ・ラインを強調しているボディコンの服は、女性のミニワンピースがよく知られています。

ボディコンの始まりは、1981年のミラノ・コレクションでアズディン・アライアが、身体に添ったデザインのドレスを発表したこと。これがボディ・コンシャススタイルと呼ばれました。これは、当時広がりつつあった女性の自己主張、解放を目指すファッションのムーブメントのひとつだったようです。

日本ではピンキー&ダイアンをはじめとしたブランドから、シルエットをシェイプしたスタイルのボディコンファッションが誕生。日本では女性の主張を感じさせるものではなく、遊び着として広まり、1980年代のバブル期以降にブームを巻き起こしたのです。

なかでも、東京・芝浦のディスコ、ジュリアナ東京はボディコンの女性が多く集まることで知られました。彼女らはロングのワンレングス(ワンレン)のヘアスタイルが定番で、前髪はトサカと呼ばれる巻き方が人気でした。

いまでもバブルのファッションといえばワンレン・ボディコン。ジュリアナ東京で扇子(ジュリ扇)を持って踊る女性の映像が流されます。ボディコンの女性たちはバブルの象徴として、強烈なインパクトを残したといえるのではないでしょうか。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク