この言動が出たらダメ男!“自分大好き!な中年男”の「〜に見せかけて、実は」なサイン

「自分大好き!」「俺って最高!」な性格の男性がパートナーだと、言いようのない疲れを感じる女性は多いですよね。こういった男性は、パートナーである女性を「自分を引き立ててくれる脇役」のように扱うので、いわゆるモラ男に豹変するケースも珍しくありません。

自分大好きな男ほど、最初の頃は猫をかぶっているタイプも多いのですが、ときおり見せるサインを的確に読み取っておけば、深入りせずに済みます。メンタル心理カウンセラーで魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、「自分大好き!」な男が、恋愛初期の段階でチラ見えさせがちなサインをお話します。

 

1:自己開示に見せかけて、なんでも自分の話につなげる

「自分大好き!」な男は、いわゆるナルシストであるパターンも多く、猫をかぶっている初期の段階でも、そんな本性は随所にチラ見え。自分大好きな性分な男性ほど、やたら自分の話に持って行きたがる傾向が強く、これが後々に痛い目を見る危険なサインである場合も。

他方、好きな女性への自己開示は、自分大好き男に限った話ではないので、見極めが難しいと思う女性もいるのですが、自分ラブなタイプは、女性への相槌を打たずにいきなり自分の話へと持っていく傾向が顕著です。一般的な男性なら、女性の話に対して興味の有無に関わらず“大人の相槌”を打ちますが、自分大好きな男は、基本的に自分にしか興味がないので、あからさまに自分の話につなげる人も目立ちます。

このサインを「出会って間もない私に、自分のことをいろいろ教えたがっている」などと好意的に捉えていると、あとでとんでもない目に遭うかもしれません。

 

2:謙虚に見せかけて、「そんなことないよ!」を言わせたがる

40代女性の恋のお相手世代となると、男性たちもそれなりに恋愛経験を積んでいるもの。そのため、人並みな恋愛を経ている男性ほど、「第一印象から最悪」のパターンは少ないのも傾向です。

自分大好きな男も例外ではなく、第一印象での好感度を上げる術には長けている人も多いです。そして、そんな男性ほど繰り出すコミュニケーションが、謙虚に見せかけて女性から「そんなことないよ!」を引き出すやり方。自分ラブな男性は、女性から褒められることに快感を覚える人が多いため、あえて自分を卑下して女性に称賛させるという、なんとも面倒なやりとりを好むのです。

このサインを「それなりに社会的ステイタスもあるのに、なんて謙虚な人なの」と好意的に捉えていると、交際後には、“グレイトな俺”の引き立て役にアサインされがちなのでご用心を。

 

20代や30代の頃にはダイレクトに「自分大好き!」を出していた男も、40代以降となると、猫をかぶる術を覚えてきます。それだけに「〜に見せかけて、実は」なケースも増えてくる年代。お話したような点に少しでも心当たりがある男性には、気をつけるに越したことはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク