40代が引っかかるダメ男の第1位!「親切そうに見えてトラブルメーカーな男」の見分け方

親切そうに見える男性の一部は、単なるトラブルメーカーであるパターンもしばしば。こういった男性に深入りしてしまうと、予想外の出来事に巻き込まれがちでもあるため、「もしや?」の段階で距離を保つことも大事です。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの私、並木まきが、親切そうに見えるけれど、実はトラブルメーカーな男の見分け方をお話します。

 

1:視野も経験値も未熟タイプ

視野が狭い、さらには物事の経験値も低い…となると、独りよがりな行動が目立つ男性も少なくありません。40代女性の恋のお相手世代ともなれば、同じく40代だったり年上だと50代や60代だったりも多いですよね。当然ながら、20代や30代と比べれば、視野が広がりいくつかの修羅場(!)も経て、経験値もそれなりな人が一般的です。

ところが、人並みの経験を積んでいない男性は、女性に対して親切な行動をするときに、その経験不足がアダとなり、中途半端なやり方で終わってしまったり、言うことだけ立派で行動が伴わない「口だけ番長」だったりといった面倒なタイプが多いのです。そして、まだその男性の本性が分かっていない段階では、その人がどの程度の視野を有しているのか、さらにはどのくらいの経験を積んでいるのかはわかりにくいため、年齢をベースに「人並みではあるのだろう」という前提で、性善説的に相手を判断してしまいがち。その結果として、この手の“未熟な男性”の独りよがりな行動によるトラブルに巻き込まれやすいのも実態です。

相手の経験値は、それなりの期間を経てみないとわかりにくいのですが、仕事であれば肩書きや立場、恋愛経験であれば過去の修羅場にまつわる話題をあえて出すことで、ある程度の実情を予測する術につながるでしょう。

 

2:独占欲が親切の原動力タイプ

女性に対して親切にする原動力が、独占欲にあるタイプの男性も、すこぶる厄介です。一般的に男性は、手間やお金をかけた女性に対してほど、執着心が沸きやすいとも言われます。親切も「手間」のひとつと捉えると、こういった男性とは、接点が増えるほどに、独占欲を剥き出しにしてくるトラブルが懸念されます。

自分がしてあげた親切を自らしつこくアピールしたり、自分が一方的に世話を焼いているだけなのに、さも相手の女性のことを知ったような口調になったりする男性は、このタイプであるリスクも高め。親切にされると、つい受け入れてしまう40代女性も多いのですが、深入りするつもりがなくても、いつの間にか一方的な親切の押し売りに巻き込まれる形で、トラブルを招くケースが多いです。ひとつ親切な行動をするたびに、段階的に距離感を縮めてくる男性には、くれぐれも要注意です。

 

親切な男性を、早い段階で信頼してしまう40代女性も少なくありません。「なんていい人」「私を気に入っているのかしら」と好意的に受け止めるのは決して悪いことではないのですが、そこまでしてもらう義理はないのにやけに親切にしてくれる男性は、やっぱり下心があると警戒するに越したことはないのも現実でしょう。恋愛に焦っているときほど、相手の本性を見誤りがちに。「ん?」と感じるところが少しでもあれば、冷静にご判断を。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク