お泊りデートが台無し!翌日に送るとヤバイLINEとは?

楽しかったお泊まりデートのあと、どんなLINEを送るか……。実はこの内容次第では、せっかくのデートが台無しになってしまう可能性があるんです。お泊まりデート自体は楽しく終わったというのに、帳消しにしてしまうほどの破壊力があるLINEとは、どのようなものなのでしょうか。

今回は男性陣に、「楽しいお泊まりデートのあと、それが帳消しになるようなLINEは?」というテーマで意見をいただいています。実体験やご友人の話など、いろいろな意見が集まりました。見ていきましょう!

 

NGお泊まりLINE1:重い!

「前日、女性と一泊した友人と一緒にいたのですが、その女性から絶えずLINEが来ていたようでした。友人に聞いたところ内容は「もう会いたくなったの……」のような重めのもの。友人は、嬉しくはなさそうでした。途中から見るのやめていましたし」(43歳男性・介護職)

これは重い! 連投は、好かれないLINEの筆頭。しかも内容が重いのは、受け取る側としてはキツいものがあります。ただし……。

「世間のウケは悪いですが、ちょっと病みが入っているというか、依存が強くて重い女性は好みです。友人にもやめとけって言われますが」(40才男性・プログラマー)

このような方もまれにいますので、重めの方とそれが好みの方がうまく出会えると幸せですね。

 

NGお泊まりLINE2:急に彼女ヅラ

「泊まったあとから、急に束縛的なLINEが届くようになりました。他の女と会うなとか、何していたか報告しろとか。正直、まだお付き合いに至っていないし、それは当日も確認したはずなんですが」(43歳男性・団体職員)

お泊まりイコールお付き合いの始まり……という考えではない男性も、かなりいるようです。そこは割り切った大人のひととき、ということなのでしょうか。確かにお付き合いしていない人から、彼女のようなLINEが届いたら嫌かもしれないですね。

このように男性と、お泊まりをする意味の解釈が異なることもあるので、それも事前に見定める必要があります。

 

NGお泊まりLINE3:世話焼きオカン

「宿泊の次の日にお礼のLINEを貰いましたが、内容がちょっと。「服、畳まないんだね。ちゃんとしたほうがいいよ」とか「テーブル片付けておいたんだよ」とか、説教めいた感じでした。正直、彼女じゃなくて母親です」(39歳男性・ライター)

ほどよく気にかける、さりげなくフォローするというくらいなら好まれますが、世話焼きオカンは別。口うるさいと思われてしまいます。特に、結婚を意識するほど親しいならともかく、そうでない人にプライベート、生活態度などにについて言われるのを嫌う人は多いようです。

 

お泊まり当日ではなく、次の日以降のLINEで失敗しちゃうのはあまりにも残念。加熱しすぎに気を付けて、大人らしい落ち着いたLINEのやりとりをしたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク