【12星座ランキング】お金にも困らない!? 仕事運が強い星座

2021.04.03 FORTUNE

今回は、お金にまつわるツキの強さを12星座でランキングしてみました。

 

12星座中、もっとも仕事運が強いのは……?

一生お金に困らない仕事運の強さがあれば……誰しもそう夢見たことがあるのではないでしょうか?

上位の人は、仕事運がいいので、それに付随して職場恋愛の確率も高まる傾向があります。

 

1位・ピンチに強いみずがめ座

逆境に強く、ピンチになるといつも以上の能力を発揮できるみずがめ座が仕事運が強い星座ランキングナンバー1です。元々何かを犠牲にして仕事に打ち込むタイプではないのですが、その余裕ある態度が運気を呼び込むのでしょうか。どんな仕事もテキパキとこなす姿に、周囲から憧れのまなざしを向けられています。将来的には独立するのもよさそうです。

 

2位・人脈に恵まれるやぎ座

やぎ座は、自身の力はもちろんのこと、周りからのバックアップに恵まれていることでしょう。たとえ困った立場になったとしても、必ず誰かしら手を差し伸べてくれるはずです。この強力な人脈が、先々の仕事運を強化してくれるでしょう。手助けしてくれた人へ感謝の気持ちを示すことで、仕事運はさらに強化されるでしょう。

 

3位・努力を惜しまないおひつじ座

おひつじ座は、とことん努力する人。仕事においてはどんな場面でも妥協を許さず、できなければできるようになるまで努力を重ねます。こう書くと、かなりストイックな人……というイメージを持たれるかもしれませんが、おひつじ座の場合、努力することは苦になりません。できるようになる過程を楽しめるので、ストレスを感じる場面は少ないでしょう。

 

4位・真面目にコツコツおとめ座

おとめ座は、仕事場でパッと目立つタイプではありませんが、実はおとめ座がいなくなると仕事場がまわらないほどに重要な役割を担っています。上からも下からも頼りにされることが多いでしょう。テキパキと働く姿に魅せられる人も多いはずです。そこから職場恋愛に発展することも多そうです。

 

5位・フットワークが軽いしし座

しし座はとにかくフットワーク軽く派手に動き回るため、人目につきやすく、取引先の人からはまっさきに顔を覚えられそうです。職場でも良くも悪くも注目を集めているはず。仕事より、その先にある人付き合いを優先しがちなので、時として仕事にマイナスを与えてしまうこともありますが、誰もが驚くような成果をあげることもあり、評価は二分しやすい傾向にあります。

 

6位・趣味を仕事にしやすいさそり座

さそり座は、趣味をそのまま仕事にしてしまえる人が多いですから、とことん楽みながら働くことができるでしょう。何かトラブルが起きたとしてもあわてず、冷静に対処できるので「いざとなったらこの人!」と誰もが頼りにしているはずです。ただし、自分がまったく興味のない分野を仕事にしてしまうと、やる気が起きず、仕事ができないレッテルを貼られてしまいます。

 

7位・目標は必ず達成するいて座

普段は楽天家ないて座ですが、仕事となると一転、自分の中で一定の目標を定めたら、必ずそれを達成するべく努力します。ただ、その目標は一般的に言って必ずしも高いものではないため、周囲からは理解されにくいかもしれません。ただ、年数を重ねて成果が落ちるようなことがないため、時間が経つにつれ、評価されるでしょう。

 

8位・サポートで能力を発揮するふたご座

ふたご座は、自分からリーダーシップを取って動くタイプではありませんが、リーダーのサポート役として能力を発揮するでしょう。地味な仕事を好むため、目立つことはありませんが、多くの人に感謝されるはずです。

 

9位・大勢の中で実力を発揮するおうし座

おうし座は一人ではなく、大勢の中でこそ実力を発揮するタイプ。起業やフリーランスよりは、大企業で働く方が向いているでしょう。人を頼り、また頼りにされることで仕事運がどんどん強化されていきます。

 

10位・周囲のモチベーションを上げるかに座

かに座は、仕事に全精力を傾けるタイプではありませんので、職場で目立って仕事ができる……ということは少ないかもしれません。ですが、職場にいなくてはならないムードメーカー。疲れている人がいれば、さっとお茶を差し入れたり、話を聞いてあげたり。誰もが癒され、かに座がいることでモチベーションが上がる人もたくさんいるのです。

 

11位・仕事で無理をしないてんびん座

てんびん座の生活の基盤は仕事ではありません。他になすべきことがたくさんあるため、仕事運は良いとは言えないでしょう。本人も特にそれを望んでいません。副業などで稼ぐケースも多いでしょう。

 

12位・適職なら能力を発揮できるうお座

うお座は、自分にピッタリ合った仕事でなければまったく実力を発揮できません。規定や決まりが多い職場ではうまくいかないでしょう。特に40代以降は、無理して合わない職場で働かず、自分の好きなことを追及する方向が良さそうです。

出典>>【12星座ランキング】お金にも困らない!?仕事運が強い星座

 

12星座中、もっとも金運の強いのは……?

特別お金遣いが荒いわけでもないのに、一向にお金が貯まらない、そんな人もれば、逆に浪費家なのに次々臨時収入が入ってお金に困らない、なんて人もいますよね。それには、生まれながらの金運が少なからず影響しているのです。

1位・金運の強さナンバー1かに座

お金にはそれほど執着しないにも関わらず、お金に困ることがないのがかに座の特徴です。ギャンブル運、くじ運もあるので、これまでも欲しいものをそれほど苦労せず手に入れてきたことでしょう。生涯を通じて「お金がない!」という切実な悩みを持つことが少ないかに座。さらに金運をアップさせるためには、お世話になった人に日頃の感謝をこめてお金を使うようにすることです。

 

2位・引き寄せ力のあるおうし座

おうし座の金運もかなりのもの。抜群に仕事運が良く、自分自身の力でバリバリ稼ぎます。女性の場合、金回りの良い男性から好かれ、アプローチされることも多いでしょう。多少の浮き沈みはあるものの、一生お金に困ることはなさそうです。さらに金運をアップさせるためには、ボランティアや募金などを積極的にお金を使うことです。

 

3位・堅実に貯蓄を増やすおとめ座

おとめ座も金運はかなり強く、さらに倹約家のため、若くしてがっちり貯金をためている人も多いはずです。ただ、せっかくお金があっても貯めこむだけでは面白くないですよね。自分にプラスになることには思い切ってお金を使うようにしましょう。多少使っても、おとめ座の金運はダウンしたりいしないのでご安心を。

 

4位・お金には苦労しないみずがめ座

お金にこだわりはなく、金運についてもそれほど気にしていないと思いますが、実はみずがめ座も金運が強い方です。お金を意識しなくても日々暮らしていけるということがそもそも特別なことなのです。

 

5位・相続運のあるてんびん座

てんびん座は通常、それほど金運の良さを実感することはないかもしれませんが、相続運に恵まれています。親や親族からの相続はもちろん、誰かから高価なものを譲られたり、頂いたものの価値がのちにぐんと上がったりすることもあるでしょう。

 

6位・ごく普通の金運ふたご座

ふたご座の金運はごくごく普通。良くもなく、悪くもありません。金運をアップさせるためには、散財する場面と節約する場面をきっちりと分けるようにすることです。

 

7位・お金より大事なものがあるやぎ座

やぎ座はそもそもお金に執着がなく、普通なら困窮してしまうような場面でも、うまく切り抜けていきます。金運がいい方ではありませんが、お金がなくても幸せに生きる術を持っているのです。

 

8位・金運以上に使うしし座

そこそこ金運はあるのに、それ以上に使ってしまうのがしし座。結果、金運が悪いように感じてしまうのです。金運アップのポイントは、見栄を張りすぎないことです。

 

9位・財布の紐がゆるめなうお座

コンビニに行くとつい、100円ショップでつい、と小銭を散財してしまうタイプのうお座。大して買い物をした覚えはないのに、なぜかお金が貯まらない。うお座はまず、財布のひもがゆるい自覚を持ちましょう。

 

10位・金払いがいいおひつじ座

おひつじ座は金払いがいいので、周囲から金運が強いとみられていますが、実はそうでもなく……。細かいお金の管理が苦手なため、気が付くと家計が火の車……なんてことも。まずは家計簿をつけるところから始めてみましょう。

 

11位・節約命のさそり座

やや的外れな節約をしすぎて金運を逃してしまうタイプのさそり座。気持ちをギスギスさせてしまうような節約は控えましょう。

 

12位・お金に執着がないいて座

残念ながら金運の強さでは最下位のいて座ですが、本人はあまり自覚はなく、気にもとめないことでしょう。いて座にとってお金はなくてはならないものではないのです。焦りがないため、周りの人からはむしろ「苦労知らずのお金持ち」という印象を持たれているかもしれません。

順位の低かった星座の人は、そもそもお金に執着の薄い傾向があるので、貯蓄や節約の本を読むなど、意識を高めていくことで運気アップを図りましょう。

出典>>【12星座ランキング】もっとも金運の強い星座は……?

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク