【12星座ランキング】正直めんどくさい……ヒトクセある星座

2017.07.20 FORTUNE

「あいつ、ちょっと気に障るとネチネチ遠回しなイヤミを言い始めて本当にめんどくさいんだよな」「彼女はすぐ自分の手柄にしようとマウンティングするから正直めんどくさい」「何をアドバイスしてもデモデモダッテ。時間のムダ、めんどくさい」……。

今週の12星座ランキングでは、めんどくさいと思われがちな星座をランキングしてみたいと思います。

12星座中、もっともめんどくさいと思われている星座は……?

 

1位・白黒つけたがるおひつじ座

おひつじ座はとにかく、白黒、勝敗をはっきりつけないと気が済まない性質を持っています。ケンカになったら徹底的に相手と戦い、折れるまで攻撃の手をゆるめません。どんなに些細な問題でも、決してスルーせずに向き合い、とことん追い詰めていきます。戦闘モードになったおひつじ座は、周囲から「正直、超絶めんどくさい……」と思われているのです。

2位・察してちゃんのうお座

うお座は自分をアピールするのが苦手なため、特に恋愛において「察してちゃん」になってしまう傾向が。何も言わなくても相手にわかって欲しい、いや、きっとわかってくれるはず……という思いが強いのです。何も言わないくせに、思い通りにならないと不機嫌に黙り込んでしまううお座に「正直、めんどくさい」と思っている人は少なくありません。

3位・人に気を使いすぎるやぎ座

周囲との和を大切にするやぎ座がめんどくさいタイプとは、にわかに信じられないかもしれませんが、普段から無理をしすぎているやぎ座。ストレスをためやすく、そのストレスがMAXになってしまうと、自分が尽くした分だけ相手にも見返りを求めてしまうようになります。周囲からは「頼んだわけじゃないのに、恩着せがましい」と思われてしまうことが。

4位・頑固すぎるおうし座

一見、そんな風に見えないのですが、おうし座は結構頑固者。自分が嫌いなこと、嫌なことは絶対に譲れず、少しの譲歩も許さない場面が多々あります。特に親しい人に対してそういう傾向が強いので、恋人や親友から、「結構めんどくさい」と思われていることも。自覚がない人も多いので、気をつけましょう。

5位・弱ると愚痴が多くなるふたご座

普段はそうでもないのですが、心が弱ると途端に愚痴が多くなってしまうふたご座。誰から構わず延々と愚痴をこぼしてしまうため、その場面に遭遇した人からは、「正直、めんどうだな」と思われてしまいます。

6位・予想外の行動を起こすさそり座

さそり座は普通の人とは少し違った感性を持っています。そのため、誰も予想がつかないような行動を突然起こし、周囲を驚かせてしまうことがあります。さそり座にまったく自覚がないのもまた厄介です。

7位・真面目すぎるおとめ座

おとめ座は、めんどうだと思われないよう気を使って生活していますが、真面目すぎてめんどうだと思われることがありそうです。他人の目を気にしすぎず、ちょっとリラックスしてみてください。

8位・調子に乗りやすいしし座

しし座は調子に乗りすぎた際、扱いが面倒だと思われることがあるかもしれません。自制心を持ったほうがいろいろ円満かもしれません。いま調子に乗ってるなと気づいた瞬間に冷静になる練習を。

9位・ちょっと警戒心が強めなかに座

めんどうだと思われることが少ないかに座ですが、やや警戒心が強いところが誘いたい人にとってはめんどうかもしれません。他人に対するハードルはもうちょっと下げても大丈夫ですよ。

10位・努力の結果がみのるてんびん座

周囲に適度に気を配れるてんびん座は、めんどうだと思われることを極度に嫌います。日頃からの努力は着実に成果を出していて、他人にめんどうだと思われることはほとんどないでしょう。

11位・むしろいてくれて助かるいて座

コミュニケーション能力の高いいて座は、周囲からめんどうだと思われている人すらも受け入れる大きな器の持ち主です。めんどうどころか「いてくれて助かった!」と思っている人が多いはずです。

12位・わかりやすさが武器のみずがめ座

マイペースなみずがめ座なので、めんどうだと思われていそうですが、とてもわかりやすい性格のため、周囲の人に受け入れられるのも早く、ウザがられるようなことはほとんどないでしょう。

まとめ


いかがでしたか?
めんどくさいタイプの人は、年齢を重ねれば重ねるほど、その傾向が強くなっていきます。「あの人、めんどくさい」と周囲の人が離れてしまう前に、しっかりと自覚を持って対処することが大切です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク