【クイズ】カツって何の略だか言える?意外に知らない!

トンカツやチキンカツ、メンチカツなど、がっつり感が人気のお惣菜「カツ」。

 

「カツ」は何の略でしょう。

 

フランス料理に由来します

答えは「カツレツ」です。

 

カツ」は「カツレツ」の略です。では、「カツレツ」とは何でしょうか。

「カツレツ」はもともとフランス語で、子牛や羊や豚などの骨つきの背肉「コートレット(cotelette)」に由来するといわれています。これが英語では「カットレット」と読まれ、それが「カツレツ」として広がったようです。

カツの代表といえば「トンカツ」ですが、もともとは現在の「ポークソテー」に近いものでした。トンカツの登場は、銀座の洋食店『煉瓦亭』の創業者が、パン粉をつけて揚げる方法を思いついたことによります。これにより、フランス料理が現在では日本で大人気の今のトンカツの形として広がったのです。

肉にパン粉をつけてあげる料理としては、ほかにもチキンカツやメンチカツがあります。メンチカツはミンチを丸めたものにパン粉をつけて揚げたもので、諸説ありますが東日本では合いびき肉、西日本では牛ひき肉を使うことが多いようです。また、東日本ではメンチカツと呼ばれていますが、西日本ではミンチのカツであることからミンチカツと呼び親しんでいる地域も。

家庭で面倒な揚げ物を避けるようになった一方で、とんかつを扱うファーストフード店やテイクアウト専門店も増えています。ミルフィーユカツの登場など、進化しているカツの世界。新しいカツを探して召し上がってみてはいかがでしょうか。

参考:世代問わず人気のとんかつのルーツを探る(日本ハム)

 

 

★こちらの問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク