【クイズ】宅建って何の略だか言える?意外に知らない!

友人が宅建の資格を取ったそうです。

 

「宅建」は何の略でしょう。

 

国家資格の一つです

答えは「宅地建物(取引士)」です。

 

「宅建」は「宅地建物」の略。また、「宅地建物取引士」「宅地建物取引業」などのことも指します。

宅地建物取引業を営もうとする人は、宅地建物取引業法(宅建業法)に基づいて、国土交通大臣又は都道府県知事の免許を受ける必要があります。この免許を持っている人を宅地建物取引士といいます。つまり、「宅建資格を取った」という人は「宅地建物取引士になった」というわけです。この資格は国家資格です。

宅地建物取引士の試験は毎年1度、10月に行われています。合格した人が宅地建物取引士となるためには、受験地の都道府県知事の宅地建物取引士資格登録を受け、かつ、宅地建物取引士証の交付を受ける必要があり、この手続きを経て晴れて宅建士としてスタートできます。

宅建資格があれば、不動産業や建設業などの業界で生かすことができ、独立開業も可能。何か資格を取りたいと考えている方は、選択肢に入れてみてもよいかもしれません。

参考:宅建試験の概要(一般社団法人 不動産適正取引推進機構)

 

 

★こちらの問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク