年収400万で年19万節約も?効果大な「固定費」ムダ見直し

「節約」というと、日々我慢をして1円、10円単位を切り詰めるというイメージがありますが、我慢や無理をしていては長続きしません。しかも労力がかかる割には節約効果が小さいのも悩みどころ。節約をするときにまずやるべきは「固定費」の削減です。固定費の削減は節約効果が高い上に、1回見直せば継続的に節約できるメリットも。まずは固定費を見直してみましょう!

 

家計費の節約は優先順位をつけてから!

昔のようにお給料が伸びない中、少しでも節約したい!というご相談が増えています。確かに、家計の無駄を省き節約することは大切なのですが、ただやみくもに節約しても疲れてしまいます。節約するには、優先順位をつけて節約することが大切です!

 

節約するときにまずやるべきは「固定費」の見直しです。固定費とは、収入の増減に関係なく、毎月あるいは毎年、一定額かかってくる費用のこと。家計でいえば、月々の家賃や住宅ローン、お稽古代、携帯やインターネット代、生命保険料などを指します。

 

固定費と対比されるものとして「変動費」があります。変動費は、食費や被服費など、月によって額が変わるお金のこと。節約というと、つい取り組みやすい食費などの変動費からメスをいれがちですが、毎月変動する金額にメスを入れても安定的な成果にはつながりません。

 

固定費は1度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られ、何よりうれしいのがまとまった金額を減らせる可能性が高いこと。節約する際には、まずは「固定費」からメスをいれましょう。

固定費をリストアップしてみよう!

固定費削減を検討するために、毎月変わらない支出がどれくらいあるか、まずは洗い出してみることが大切です。通帳やクレジットカードの明細を見れば、リストアップできるでしょう。

 

固定費には次のようなものがあります。

□家賃

□住宅ローン

□車のローン

□習い事

□生命保険料

□国民年金、国民健康保険など社会保険

□NHK受信料

□新聞購読料

□インターネット接続料

□携帯電話料金

□クレジットカードの年会費

 

固定費をリストアップすることができたら、かかっている固定費が本当に必要かメスを入れていきます。

 

例えば、生命保険であれば、独身なのに多額の死亡保障がでる保険に入っていた場合、本当にそんなに死亡保障が必要なのか、自動車を保有している場合には、そもそも自動車を持っていないと生活できないのか、カーシェアリングではダメなのか、年会費がかかる使用していないクレジットカードはないかなど、冷静に考えてみましょう。

 

︎ 固定費の削減で年間約19万円節約!

マネー相談にのっていて感じるのは、一般的に年収400万円以上の人は、年収300万円の人に比べて家計に余裕があるため、固定費が高くなりがちだということ。

 

先日、年収400万円のアラフォー独身女性が相談にやってきましたが、その方の家計を拝見したところ、保険料月2万円、携帯代月1万5000円、家賃月10万円とやはり固定費が高め。そこですぐに実行できる保険料、携帯代にメスを入れました。

 

保険は独身なのに高額の死亡保障のついた死亡保険に加入していたので、お葬式代程度の死亡保障がでる掛け捨て型の死亡保険に変更して月々の保険料を6000円削減、携帯は格安スマホに変更し携帯代を1万円削減。月々1万6000円、年間19万2000円の削減に成功しました。

 

確かに保険を見直したり、携帯の契約を変更したりするのは面倒くさい作業ですが、一度見直してしまえば、その後も自動的に月々1万6000円を節約できるわけです。

 

節約するコツは、まず固定費にメスを入れること。優先順位を考えて効率よく節約しましょう。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

電子マネーをわざわざ現金でチャージしてる人。1年でこんなに大損!

「Suica」や「PASMO」といった交通系電子マネーを利用して切符なしで改札を通過できる便利な時代になってからずいぶんと年が経過しました。いまや当たり前に利用している電…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たっ…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきたいと思うのが乙女心というものでしょう。た…

小銭貯金もバカにならない!楽しんで貯められる貯金箱とは

「お金を貯める」というと、妙に肩に力が入ってしまう人も多いと思いますが、気楽に楽しんで貯めるなら「小銭貯金」がオススメです。私は買い物したあとのおつりの小銭を貯金箱に入れるようにしているのですが、これ…

大不評「プレフラ」の背後で、ミスドやジョナサンがこんなにお得に!

経済産業省や経団連が連携して始まった、月末金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」。15時に仕事を終わらせて、その後の時間を買い物や余暇に充てる消費喚起のキャンペーンですが、今年の2月に導入して…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事