常にセフレがいた、日替わりでできるほど。結婚にメリットなんてないと思っていたあの頃【オトナ婚/第9話(ノゾミ編)】

2021.10.08 LOVE

40代以降で結婚した人=オトナ婚の経験者にインタビューするシリーズ第9回目は、43歳で結婚したノゾミさんです。

 

どこで彼と出会ったの?

彼はどんな人?

どうしたら結婚できたの?

 

などなど、気になるオトナ婚の実態に、ライターのミナト薫(47歳)が迫ります。

4話配信の1話目です。

 

>>「オトナ婚」連載一覧

 

コンパは週2「コンパクイーン」と呼ばれた30代前半

今回オンラインで取材させて頂いたのは、地方在住のノゾミさん、現在46歳。地方公務員という職業からイメージする通り、話し方も丁寧、ファッションもきちっとしたコンサバ系の女性です。

 

そんなノゾミさんですが、若い頃はとにかく遊んでいたそうですね。

「飲むのが好きで、人と会うのが好きで(笑)、30代前半までは、週2日欠かさず合コンに行っていましたね。平日は忙しく働いて、休みの日は合コン。そんな生活をずっと繰り返していました。今思えば、コンパ代に使ったお金は何百万になってると思います」

 

何百万もですか!? ノゾミさんの場合は結婚よりも、遊ぶ方が楽しかったんですね。その頃特定のお相手はいなかったんですか?

 

「はい、いませんでした。今の夫と付き合う前にちゃんと付き合った人って、今ではもう思い出せないくらいです(笑)」

 

出会いはたくさんあるのに…! どうして彼氏を作らなかったんですか? 結婚願望はなかったんですか?

 

安定した仕事、高い理想。結婚が必要とは思えなかった

「結婚願望は少しはありましたが、全然あせってなかったですね。今思えば、婚活に本気になれなかった理由がいくつかあるんです。

 

①理想が高かった

まず、絶対にイケメンで経済力がある人じゃないとイヤでした。それに私、跡取り娘なんです。姉がいるんですが、すでに結婚してしまっていたので、『苗字は私が継ぎたい』と思っていました。なので、結婚相手は婿養子に入ってくれる人、というのも条件でした。でもなかなかいなくて、そんな都合のいい男性は(笑)

 

②一人で生きていける経済力があった

私は地方公務員なので、収入は安定しています。それに地方暮らしなので、家賃などもあまりかかりません。極端な贅沢をしなければ、一生一人でも食べていけるんですよね。

 

③独身の女友達がいた

一緒に合コンに行くような友達や同僚がいました。なので、毎日を退屈と感じることもありませんでした。

 

そんなわけで、婚活にも興味がなかったし、結婚をあせるということもなかったんです」

 

▶後半でノゾミさんの衝撃の過去があかされます!

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
編集者・ライター ミナト薫

スポンサーリンク

スポンサーリンク