【リアル男性心理】婚活アプリで男が40代女性に好意を持つポイントとは(後編)

2021.12.27 LOVE

<<前のページ

(3)最高の笑顔の写真を選んで

男性は結局のところ女性の笑顔に癒されます。笑顔だけで元気をもらえますし、笑顔だけで素敵な人に見えてくる単純なイキモノです。

 

写真を撮ってもらい、自分が一番きれいに見える角度を確認しよう

これらを実践するだけで、他の多くの登録者に比べて格段にプロフィールが充実し、男性の目に留まりやすくなります。もし容姿に自信がないとしても、どうすれば一番自分がキレイに見えるかという練習にもなって良いと思うんです。

デジタル写真が何に使われるかわからないから怖いという方が出そうですが、それはFacebookにアップした写真でも同じこと。

アップロードした写真などのデジタルデータについて、悪用のリスクを100%防ぐことはできません。こうした情報セキュリティリスクを心配するよりも利便性を重視するのが今どきのIT活用法だと思います。

 

情緒あふれる自己紹介文は不要。プロフィールはできるだけ具体的に

「自然体な関係を築きたい」「温かな関係希望」「穏やかな2人でいたい」といった自己紹介文を見ます。

 

・・・そんなの当たり前でしょ。

そんな文章、あっても興味がわくキッカケにはなりません!

 

情緒的な文章よりも、婚活なのか恋活なのか、趣味は何なのか、休みの日は何をしているのかといった具体的なことを書いてもらったほうが、男性目線ではマッチしているのかどうか判別しやすいです。

さらに好きなモノ・コト、苦手なモノ・コトを書いておくとアンマッチな男性からアプローチがかかる可能性が下がります。

例えば自分がインドア派なのに、そのことを書いていなかったがために「趣味はキャンプです」みたいなお相手から熱烈アプローチが来てしまうアンマッチが発生するものです。意識して書いてみてください。

 

・・・ではこれから妻の誤解を解き、アプリ提供社への誤解を解くために、謹んでアプリを削除させていただきます。

 

こうして、、、、

こぅダッッッッッ!!!!

…ふう。ではまた来週お逢いしましょう。

 

 

【今日の結論】

マッチング確度をあげるためによい写真を選ぼう。面倒でも最高の笑顔を「わざわざ」撮ろう

情緒あふれる自己紹介文は不要。プロフィールはできるだけ具体的に

>>次の話(12/28 20:30更新)

<<前のページ

 

このシリーズの一覧

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク