「うわっ、無理!」年下男子にスルーされてしまうLINEのNGワード3つ

今や多くの世代で重要なコミュニケーションツールとなっている「LINE」ですが、気軽にメッセージが送れる分、相手にとってはNGな言葉を使ってしまうこともあります。

特に年下男子は年上のアラフォー女性との会話には気を使うもの、言葉の使い方を間違えると返信する気をそいでしまい、やり取りがそれっきりになることも。

どんな言葉がNGなのか、もう一度おさらしてみましょう。

実際にアラサー男子に聞いた例をご紹介します。

 

「私ももうトシだから~」

自分から「私、オバサンなんです!」と公言しているようなこの言葉。

もし、相手より年上であることを気にして使っているなら、すぐ止めてください。

年下のアラサー男子がLINEのやり取りで求めているのは、そんな気遣いではありません。

例えば、話題の居酒屋に誘いたいなと思って「ここどうですか?」と尋ねてみても、「もうトシだから私にはそんな場所似合わないよ」と返されると、アラサー男子は返事に詰まってしまいます。

一緒に行きたいという気持ちに水を差されてしまうのですね。

誘いたいお店から年齢の話に話題がズレてしまうと、男性はやり取りを面倒くさく感じます。毎回こんな調子で返信が来るのかと思えば、「次のお誘い」から遠ざかることは確実です。

「こんな私でも大丈夫?」という思いは、年下男子にとっては負担になることもあります。

自分も行きたいと思ったときは、「ありがとう。良さそうなお店だね!」と素直に気持ちを伝え、会話を盛り上げましょう。年下男子に「誘って良かったな」と思わせるのがアラフォー女性の流儀です。

たまに、謙虚さをアピールするためにこんな言葉を使うアラフォー女性もいますが、年齢が関係ない話題でわざわざ「オバサン宣言」をするのは痛いだけです。

「そんなことないですよ」と言わされるアラサー男子は、内心ではうんざりしていることも・・・。

 

「それ、ヤバくない?」

「それってガチ?」「マジで草生える」など、若い世代がSNSで使う言葉をLINEで持ち出すのも、年下男子にとっては既読スルーしたくなる原因の一つ。

例えば仕事の話をしているときに「それってヤバくない?」など気軽に使われてしまうと、「俺って軽い存在なのかな」と感じたアラサー男子は会話をする気持ちが萎えてしまいます

「ノリ」で会話を楽しむ姿勢はもちろんアリですが、話している内容によっては言葉を選ぶことも大切です。

気軽な話題なら相手の調子に合わせる、真面目な話なら丁寧に返すなど、メリハリのある会話でLINEを楽しみましょう。

「きちんと聞いてくれている」という安心感があると、年下男子はもっと話したい!と思います。

相手が若いからといって、無理に流行りの言葉を使うのは「若作り」を感じさせることもあります。使い方が行き過ぎると「品の悪さ」が出てしまい、引かれることもあるので注意が必要です。

「この間、降りる駅を寝過ごしちゃって大変でした」「え、何それウケる」など、何気ない会話でも茶化すつもりで使った言葉が相手にとっては不快になる可能性もあります。

「そうだったんだ。疲れてたの?」など、気遣いのある返信ができるアラフォー女性は、年下男子に信頼される存在であるともいえますね。

 

「男の子でしょ!」

 

例えば、「仕事でこんなミスしちゃって・・・」とアラサー男子がLINEを送ってきたとき。

「しっかりして、男の子でしょ!」

と返すと、男性はがっかりしてしまいます。

「男の子でしょ!」という言葉は、落ちこんでいるときに言われると「男らしくない」自分を余計に痛感させられるもの

こちらは励ますつもりで送ったとしても、相手にとっては逆効果になります。

また、アラフォー女性から返されたら「子ども扱いされている」とも感じてしまい、胸の内を明かすことが嫌になる、ということも。

元気を出して欲しいときは、「男の子でしょ!」より「大変だったんだね」とまずは相手のつらさを受け止める言葉が有効です。

落ちこんでいるときに年下男子が欲しいのは、励ましより「癒やし」。

つらかった気持ちを理解してもらうことが、年下男子にとって何よりの薬になります。

発破をかけるつもりで使うアラフォー女性もいますが、それは男性が仕事でプレゼンをする前など、勇気を奮い立たせたい場面では効果的なときもあります。

「頑張って!」という気持ちを伝えるときに使いたいのが「男の子でしょ!」なのですね。

 

 

LINEは、メールや電話より気軽に使える分、送る言葉も簡単に選んでしまいがちです。

友人同士ならOKなことでも、年下のアラサー男子にとってはNGになることもあり、「年相応の気遣い」は気持ちよくコミュニケーションをとるために欠かせない要素です。

送信ボタンをタップする前に、相手がどんな気持ちで受け取るかを考える余裕を、アラフォー女性は持ちたいですね。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

初デートで40代独女がびっくり!ありえへん男性のふるまいとは?

気になる男性との、最初のデート。相手がどんな様子で来るのか、どんな時間になるのか、ドキドキしますよね。でも、いざ行ってみたら男性の態度がちょっと受け入れられなくて、がっかりするなんてこともあります。「…

【40代男女の本音】「付き合わなければよかった女性&男性」の特徴

長く友人として接してきたけど、お互いに恋愛感情を持ったので恋人関係にステップアップ、というカップルもいると思います。ですが、いざ恋人としてお付き合いしてみると、思わぬ一面を見たり合わないところが多かっ…

それ、バレてるよ。男性が敬遠する「自分を”盛って”でも好かれたい」40代独女の特徴

男性にモテたい、意中の人に振り向いてもらいたいからと、自分をより魅力的に見せようとする40代独女、いませんか?プロフィールなどを”盛る”のは、一時的に男性の気を引くことはできてもそれを継続できないのが問題…

【大人の失恋】別れてよかった!40代独女が「付き合ってはいけない男」とは

誰かを好きになっても、いつも幸せな恋愛ができるとは限りません。相手に恋人がいたり好意を利用されたり、自分が望む未来とはかけ離れていても、「好きだから仕方ない」と関係を続けてきた40代独女たち。しかし、そ…

「近寄りたくない!」バーで男性が顔をしかめる40代独女の特徴

雰囲気のいい静かなバー。ゆっくりお酒を楽しみたい40代独女の中には、お気に入りのお店があるという人もいるでしょう。明るい照明に人の喧騒が当たり前の居酒屋と違い、落ち着いた空間でそれぞれの時間を楽しむバー…

【男の本音】男性が嬉しくなかった40代独女からのプレゼントとは?

女性が自分のためにプレゼントを用意してくれたら、どんなものであってもうれしい、とテンションが上がるのが男性です。モノより気持ちを尊重したいし、笑顔で受け取りたいと思ったけれど、問題はその「渡し方」。違…

本気になって大後悔!40代独女が懲りた「思わせぶりな男性の態度」3つ

気になる男性と親しくなり、なんだかいい手応えと思っていたのに……告白したら「ごめんなさい」。男性の思わせぶりな態度を真に受けて玉砕するなんて、悲しいですよね。見抜けなかったのは私がいけないのか相手のほう…

こじらせすぎ!40代独女が一回で嫌になった「バツイチ男性とのデート」

40代になると、バツイチ男性との出会いも増えるのではないでしょうか。離婚を経験している男性は、傷ついたぶん女性に優しい場合もありますが、逆に痛みを引きずったまま変に心をこじらせていることもあります。そん…

「そんな女性だったとは!」男性ががっかりした40代独女の「告白後の態度」

好きな人に思いを告げる瞬間は、いつだって一世一代の覚悟と思って真剣にのぞみますよね。その結果フラれてしまっても、精一杯頑張った恋なら後悔もありません。ですが、告白したあとで40代独女の態度が変わり、「こ…

どうしてそうなった!?40代独女が頭を抱えた「男性からの”ありえない”プレゼント」

男性からのプレゼントは、感謝もするし何を選んでくれたのかドキドキしますよね。が、中には「これ!?」とびっくりするものを贈られた40代独女もいます。男性の気持ちはうれしいけれど、正直にいうと持て余すし今後…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事