「それは確実にオバサンだわ」周囲がこっそり萎えてるLINEはコレ

最近は、ちょっとした業務連絡なら、LINEで済ませる人も増えています。

そんな背景もあって、自分の部下や後輩とLINEアカウントを交換する40代・50代の女性も一般的に。

ところが、LINEの“ちょっとした文章”には、意外なところに年齢が浮き出てしまうケースも多く、私たちがなにげなく送信した文章のせいで、若者たちから「うわー。オバサンっぽい!」なんて思われていることもあるから、気を抜けません。

今回は、「オバサンっぽい!」と感じさせやすいLINEの特徴とともに、目下へのLINEでオバ臭を醸し出さないための極意をお話します。

 

1:「連続顔文字」使用は避けるべし

少し前に、オジサンっぽいLINEを送り合う「オジサンLINEごっこ」なる遊びが流行りましたが、その中に『イミフな絵文字が、やたら多い』という特徴がありました。

まさにLINEでは、同じ絵文字を複数並べて送信すると、一気に「世代」が出てしまう傾向は否めず、ゴチャっとした印象から独特の妙なテンションを醸し出してしまいます。

これは、絵文字が文中にあろうが文末にあろうが同様で、例えば“嬉しい気持ち”を示したいとしても、笑顔を3つ並べるより軽やかに1つにとどめておくほうが、スマートなメッセージに。また、別の絵柄の絵文字を複数組み合わせて送るのも、オジサンやオバサンが送りがちな“うるさいLINE”に見えやすいです。

この手のメッセージはネタとして数回送るならアリですが、毎度のように絵文字を盛り過ぎると「この絵文字の数は、なにを言いたいんだろう……?」などの疑問を感じさせる機会も多くなります。

 

2:顔文字と絵文字を組み合わせて感情を示すべからず

絵文字のみならず顔文字までも駆使して、感情や心境を示そうとしているLINEも、“オジサンLINE”の名残もあって、かなりオバサンっぽい印象のメッセージになりやすい点は否めません。

スマホに内蔵されている顔文字でも、わざわざ顔文字サイトやアプリからコピーして入手した顔文字でも、絵文字と組み合わせて“気持ち”を示している時点で、若い世代はややウンザリ……。それに加えて、誤字や脱字があるとさらにオバ臭を醸し出してしまう引き金にもなりえます。

テキストのみだと「堅苦しいかな」と感じると、つい顔文字や絵文字を多用したくもなりますが、その心理こそが“オバサンならではの気遣い”になってしまうこともあるようです。

こちらも、メッセージを和ませたいときには顔文字なら顔文字だけを使って(しかしあまりに凝りまくって、ネット世界のコアな住人だと誤解されないレベルで)さらりと送ったほうが無難です。

 

3:不自然な改行も避けるべし

メール世代だとLINEでも、メール同様に、やたら改行してしまう習慣が出やすいと言われています。

そんな背景から、連絡事項を打っているときに「ここで文を繋げちゃうと、読みにくいわ」と、相手が読みやすいように配慮したつもりでも、受信した側からすると「うわっ。いかにもオバLINEって感じ」などのネガティブな感想を抱かれることも少なくないです。

読み間違いを防ぎたいときなどには、思わず改行したくもなりますが、改行することにより画面を占拠する割合が増えるので「うざっ。長文を送りつけてきた」という印象も抱かれやすい傾向に。読み間違い防止で送りたいときにも、単なる改行よりも、思い切って段落を変えるくらいの潔さがあったほうが、無用なオバサン疑惑は避けやすいかもしれません。

さらに敢えて申し添えますと、これが短文メールの改行となると「ここで改行している意味がわかんないし~!」などの苦笑をも招きかねません。

たかが改行、されど改行というわけです。

 

深い意味はなく送ったLINEのせいで「やっぱりこの人、オバサンだわ」などと実年齢の印象とあいまって、無用なオバイメージを植え付けるのは、人間関係においてもあまり得策ではありません。

LINEはテンポとリズムが重要視されるコミュニケーションツールでもあるだけに、相手が男性でも女性でも、目下世代がギョッとするリスキーなメッセージは極力控えるに越したことはないのかな、と感じている次第です。よろしければ、参考にしていただければ幸いです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

独女注意!40代が「思わずオバサンに見えた」3つの男目線

気をつけていても、ちょっとした気の緩みから出てしまう老けた仕草。何気ない瞬間でも、目ざとくチェックしている男性は多いものです。特に気をつけたいのはひとりのとき。…

うわぁオバサン…40代・50代独女のカラダはココを重点注意して

40代・50代は肉体的な変化が訪れるとき。トレーニングなど頑張っている女性も多いと思います。気をつけているつもりでも、男性の視線はシビアに女性の「老化」を見つけてし…

はいアウト!これが年下男子の避けたがる40代・50代独女の「オバサンな生活」

40代・50代になってくると、年下の男性といっても同じミドル世代が多くなりますね。ビジネスでも肩を並べる機会の多い彼らですが、年上の女性はそれでも意識する存在。ちょ…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探し…

「うわぁ、オバサン…」と思われる?40代独女のイタい告白シチュ3つ

恋は受け身になってばかりでは始まりません。思い切って告白しようと思うアラフォーの女性は多いでしょう。男性の気持ちをしっかり射止めるために、告白のシチュエーション…

男性が誘いたくないと思う40代独女の「残念な身だしなみ」

梅雨が明ければ日差しの強い夏が来ます。暑さの厳しい時期は、薄着のファッションを好んで着たり、メイクも涼し気なカラーを選んだりと、装いにも変化がありますね。外出も…

いいな!の後に…男性から「やっぱり違うな」と思われる40代・50代女性のLINEってこんな感じ

「ちょっといいかなって思ったんですけど、やっぱり違うなって思って」。こんな発言、異性とのアレやコレが話題になったときに、男性の口からもよく出るフレーズです。せっ…

男性に「この女、オコチャマ?」認定される40代女性のLINE3選

「プライベートの連絡は、専らLINEです」な40代女性も、珍しくない昨今。メールアドレスを交換するよりも手軽ですし、スタンプや絵文字などで“感情”を届けやすいので、恋愛…

即アウト! 男性が「失礼な女」とレッテルを貼るLINE、40代女性の3大NG

「失礼な女性」というイメージは、婚活においては、さらには人間関係においても、マイナスな印象しか呼びません。しかし本人は失礼な女性になっているつもりがなくとも、送…

婚活に失敗する原因はコレ…!「この女、必死だな」と男が感じる40代女性の痛いLINE3パターン

いい出会いがあっても「この女性は、必死なんだな……」と男性に感じさせてしまえば、その後は「がっついている女性」のイメージがついて回りがちです。それだけに、恋愛初期…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増えてきているので、冒険をしたい色みやそん…

40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くもの…

40代はぼんやりしたほうがいい…?「マイナス5歳見え」するナチュラルメイク3鉄則

ここ数年は、隙のないパーフェクトメイクよりも、ナチュラルに仕上げた自然体のメイクがトレンド。飾りすぎず自分の魅力を引き立ててくれるメイク手法を身につけることができれば、年齢を感じさせない“みずみずしく…

5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオイのリスクが上がると言われるだけに「臭い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事