「いつもの髪型」が似合わなくなってきた人へ。ヘアスタイルの最適解おしえます!(後編)

<<前ページ

芸能人を参考にカットしても上手くいかないワケ

篠原さん「有名人の方たちは元々目の位置が低い場合が多く、年齢を重ねても目の位置が低いのです」

星「60代の有名人の目の位置は、20代の一般人の目の位置と同じ…。恐れ入りました。さすが厳しい業界で活躍されているだけのことはあります」

篠原さん「そう、伊達じゃないんです。大体の人は、20代からだんだん目の位置が高くなっていきます。これが大きな差になります」

星「だから、同い年の有名人と同じ髪型をやっても似合わない(目の位置が違うから)、ということが起こるんですね。では、どうすればいいのでしょう?」

篠原さん「大丈夫、ちゃんとお教えしますよ!」

 

髪型で「目の下の距離を短くする」テクニック

篠原さん「なんと! 髪型だけで目の位置を補正する事が出来るんです。しかも今日は、簡単で、誰でも出来て、特別な道具がなくても大丈夫な技を伝授します!」

星「ボールペン握りつぶす勢いでメモとります!」

 

目の下短くするレッスン1:耳にかける

篠原さん「まずは、『耳にかける』です。写真を見比べてください。左は、髪のせいで、目から下が長く見えています。右は、片方の耳に髪をかけたことにより髪の影響がなくなり、目の下の距離が短く若々しい印象になっています」

 

目の下短くするレッスン2:トップにボリューム

篠原さん「2番めは、『トップにボリュームを出す』です。ボリュームの多い側から少ない側に一筋の髪束を移しただけですが、左に比べて右は目から上が長くなり、それによって目の位置が低く見えていますね」

 

目の下短くするレッスン3:おでこにスキマ

篠原さん「3つめは、『おでこにスキマ』です。おでこにスキマがないと、目から下が強調されてしまいます。おでこにスキマがあるほうが、目から上が長い印象になり、目の位置が下に見えます」

 

髪型を味方につけて自信を持とう

篠原さん「こんな単純なことですが、たった1センチの差で顔が5才若くなります。逆に、5歳年上に見えてしまうこともあります」

星「髪型を味方につけるか、敵にまわすかで、大きく違ってくるんですね」

篠原さん「これを見たみなさんは大丈夫です!!髪型を味方につけて、自信を持って街を歩いてくださいね」

星「ありがとうございました!」

 


日本髪型研究所では、この他にもたくさんのメソッドをご紹介。

「自分に似合う髪型を探すことで、自分をもっと好きになってほしい」
そんな思いがこもったインスタアカウント、ぜひチェックして!
日本髪型研究所(@nihon_kamigata_kenkyujyo)
       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク