「20代の頃よりモテてる」40代女性が「捨ててる」ものとは?共通点3つ(前編)

2022.04.05 LOVE

「モテ」という言葉には、どこかフワフワしたイメージもつきまといますが、恋活や婚活をしている40代女性であれば、やっぱり「モテる」に越したことはないと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、年齢を重ねるほどに本気で欲しくなるのは、「雑魚モテ」と言われることもあるミーハー的なモテよりも、“好きな人に好かれる”という類のモテ。

年齢とともに「若い子に負けてる気がする」「実際、モテなくなった」と、ため息をつく女性も増える一方、若い頃より魅力が増して「むしろ、20代の自分と比べて、40代になってからのほうがモテるようになった」と口にする女性もいます。

今回は、そんな「40代になってからのほうが、モテてきた!」と口にしている女性たちの出会いの場での共通点に迫ります。

 

1:自ら「年齢」の話を出すなんて野暮なことはしない

 

40歳の節目を迎えると「あぁ、いよいよ私も40の大台に乗ってしまった」と、誰彼構わずにボヤいている女性もいますが、私の周りにいる“40代になってからモテている女性”を見ていると、出会いの場で自ら年齢の話題を出すなんて言動は、皆無に等しい傾向に。

女子会で「最近は、やっぱり体力が落ちてきたわぁ~」なんて冗談ぽく話すことはあっても、出会いのシーンでは、若い頃と同じように天真爛漫に明るい性格で通している女性が多いのです。「もう40過ぎてるし」や「私はもういい歳だから」などのネガティブな自嘲は一切ナシ。

男性はやはり、明るい雰囲気をまとっている女性に惹かれる傾向もあるので、“年齢”を感じさせにくい言動を徹底したほうが、確実に“モテ”を得られています。

しかもこのような女性たちって、年齢による“貫禄”とその天真爛漫な様子がいい意味で融合していて、言ってみれば楽しいときには大口を開けて笑うような無邪気な振る舞いが得意だから、同性から見ても「かわいい」と思えるタイプが多く嫌味になっていません。

次ページ:こういう女性がむちゃくちゃモテる! 実例を上げて紹介

続きを読む

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク