【ヘアオイル】の付け方、9割の人が間違ってるって本当!? ヘアオイルの本当の役割とは(前編)

「似合う髪型がわからない」「切りたいんだけど、どのくらい切ればいいかがわからない」「いつもひとつ結びになっちゃう」…

インスタで4万フォロワー以上のアカウント、日本髪型研究所・似合う髪型コンサルタントの篠原龍さん(@nihon_kamigata_kenkyujyo)。「似合う髪型のつくりかた」がいま話題です。

 

このシリーズの記事一覧

 

ヘアオイルについて、みんな根本的に間違ってる

篠原さん「髪のツヤシリーズ第3弾、今回はヘアオイルについて語っていきたいと思います。」

篠原さん「星さん、ヘアオイルはいつ、どのような目的で使っていらっしゃいますか?」

星「お風呂上がりに濡れた髪に塗ってます。目的は保湿のため、あとはドライヤーの熱から髪を守るために…」

篠原さん「それ、間違いなんですよ」

星「ええ!?」

篠原さん「前回、保湿はヘアケアの最大の敵、とお教えしましたね」

星「はい、空気中に水分があるとキューティクルが開いて、むしろ髪が乾いて見えるんでしたっけ」

篠原さん「そうです。それなのに、オイルで水分を閉じ込めるって、矛盾してると思いませんか?」

星「たしかに…。そこらへん詳しく教えてください!」

次ページ>>これこそがヘアオイルの正しい使い方、永久保存版!! 知れば髪がツヤツヤに

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク